Home

j-sky

FZ1000で動画をMFで撮る場合のちょっとしたノウハウ

以前、「FZ1000で気軽に始める4K動画撮影(ヒコーキ編)」という動画をYouTubeにアップしました。気が付いたら、再生回数が2万回を超えていました。かなりマニアックな動画にもかかわらず、ご覧いただいた多くの皆様に感謝致します。

「FZ1000で気軽に始める4K動画撮影(ヒコーキ編)」

ところで、4K動画ではフォーカスの精度がとても大事です。この動画の中では、FZ1000の動画撮影時のAF機能を高く評価しているのですが、夕暮れから夜にかけて、あるいは日中でも絶対に失敗できないようなケースでは、MFで撮った方が確実です。

MFで撮る場合は置きピンしますが、FZ1000で撮る場合、私は以下の手順で撮っています。

(1) メニューで「ピーキング」を有効にしておく。(フォーカスの状態の確認のため)
(2) メニューで、[AF/AEロック]ボタンにオートフォーカスを割り当てる。
(3) AFエリアを「1点」にする。
(4) 置きピンしたいところにカメラを向けて、[AF/AEロック]ボタンを押し、オートフォーカスでピントを合わせる。
(5) 動画撮影ボタンを押して、動画撮影する。

(4)は、MF撮影時のいわゆる「ワンプッシュAF」です。日中であれば、この方法で素早く正確に置きピンができます。MFリングを回してフォーカス合わせをするよりも大抵の場合、より正確なフォーカス合わせができると思います。

Core i7-6700Kを載せた4K動画編集用パソコン

4K動画編集用のパソコンのサブ機が欲しくなり、パーツを調達して組み立てました。現在、テストをしています。

i7-6700K-01

i7-6700K-02

i7-6700K-03

構成は
 CPU: Intel Core i7-6700K(4GHz, 4コア 8スレッド)
 CPUクーラー: SCKTT-1000 Kotetsu
 マザーボード: ASUS Z170-A(Intel Z170チップセット)
 メモリー: UMAX DDR-4 2133 16GB(8GB x 2)
 SSD: SanDisk Ultra II 240GB
 電源: CORSAIR RM 750x(750W 80 PLUS GOLD)
 ケース: Fractal Design Define R5

 OS: Windows 10 Pro 64bit
 ビデオ編集ソフト: Edius 8 Pro
です。購入価格は、ハードのみ(OS、ビデオ編集ソフト別)で約128,000円でした。

この構成のポイントは、Core i7-6700K + ASUS Z170-A の組み合わせだと、内蔵グラフィックだけで4K 60pの表示が可能なこと。また、4KビデオのH.264エンコードにQuick Sync Video(QSV)というハードウエアエンコード機能が使えることです。

EDIUS 8 Proの体験版をインストールしてざっとテストしてみた感じでは、4K 30pの動画編集であれば、かなり快適に作業ができます。編集時の4K動画の表示は概ね問題なし。編集後のファイル出力(H.264エンコード)も、QSVによるハードウェアエンコードを使うと、1分の4K動画を1分10秒ほどでエンコードできました。これは、ソフトウェアエンコードの6~7倍のスピードです。

4K 60pの動画編集では、編集時に表示がコマ落ちしますが、レンダリングすればそれなりにスムースに表示できるため、趣味で使う分には使用に耐えるレベルではないかと思います。私がこれまで使ってきたCore i7-5960X(8コア 16スレッド)のPCと比較すると、編集時の快適さは Core i7-5960Xの方が上ですが、出力時のエンコード時間は、Core i7-6700K のQSVによるハードウェアエンコードの方が大幅に短いという結果になりました。

2016年1月 新千歳空港遠征(2)

新千歳空港の撮影ポイントを紹介する地図です。地元以外から遠征してみたい人向けに作成しました。右上のマークをクリックして、拡大地図を表示してください。各撮影ポイントのマーカーをクリックすると、各撮影ポイントの説明と現地で撮影した写真が表示されます。

2016年1月 新千歳空港遠征(1)

2016年1月18日(月)から1月23日(土)にかけて、冬の新千歳空港に遠征しました。本業が忙しくて撮影した動画の整理もままならなかったのですが、ようやく終わったので、今後は編集・公開をスピードアップしていきたいと思います。ついては、この遠征の様子について、少しご紹介したいと思います。

私は以前も冬の新千歳空港に遠征したことがありますが、昨年あたりから4Kカメラでの撮影を本格化したので、今回は「初めて4Kで冬の新千歳空港を撮る」というのが遠征の主目的でした。

冬の新千歳空港は、

 ・とても寒い(気温は氷点下)。
 ・空港の展望デッキは、雪のため冬は閉鎖されてしまう。
 ・空港の外周の撮影ポイントには、車がないと行きずらい。
 ・空港の外周には、2メートルほどの高いフェンスがある。

ということで、遠征して動画を撮るにはハードルの高い空港ですが、

 ・新千歳空港の雪景色はとても美しい。
 ・晴れても吹雪いても、いい絵が撮れる。
 ・雪レフ効果で、機体がきれいに撮れる。
 ・ジェットエンジンで巻き上がる雪煙がダイナミック。
 ・トラフィックがとても多い。
 ・大型機も頻繁にやってくる。
 ・国際線もそれなりにある。

と多くの魅力があり、挑戦のしがいのある撮影地です。

今回使用した機材ですが、カメラはSONY FDR-AX1とPanasonic DMC-FZ1000です。日中はAX1で、夜はFZ1000で撮りました。

三脚は、2メートルのフェンスをクリアしなければならないため、Gizzoのシステマティックカーボン三脚 GT5562GTSを新たに調達しました。この三脚は伸長が277cmに達し、市販製品では最大クラスの三脚です。カーボン製なので大きさの割には3.6kgと軽いこと、アダプターを交換すればどのようなビデオヘッドでも載せられることから選びました。寒冷地では金属部分がとても冷たくなるため、三脚の脚にはグリップテープを巻きました。写真は、私が愛用しているLibecのビデオヘッド RH35Rを取り付けたところです。

IMG_2216-M

IMG_2215 (1)

2016/1 新千歳空港遠征-3

2016/1 新千歳空港遠征-4

冬の新千歳空港での撮影では、ビデオヘッドの耐寒性能が重要です。Libec RH35Rの使用可能温度は -40℃~+60℃なので、冬の新千歳空港でも普段と変わらず、とても滑らかに動いてくれました。

ビデオ撮影の場合、写真撮影の場合よりも広い足場が必要なため、脚立にはホームセンターなどで洗車台として売っているものを持っていきました。カメラ、大型の三脚、足場の広い脚立などを撮影ポイントに運ぶには車が必須なので、現地ではレンタカーを借りました。

4K動画編集用の機材

IMG_1966

2015年の春に導入した、4K動画編集用の機材をご紹介します。

<4Kモニター>

IMG_1974

PHILIPS-40

フィリップスのBDM4065UC/11。画面の大きさは40インチ。実売価格は80,000円前後で、40インチの4Kモニタとしては、かなり安い製品です。HDだと20インチぐらいのモニタが標準的だと思いますが、4Kの場合、表示される文字の大きさを変えないためには、面積をその4倍にする必要があります。また、4K動画の緻密な表現力を実感するにも、40インチぐらいの画面サイズは欲しいところです。また、4K 60pで表示できることも、このモニタを選んだ理由の一つです。

<編集用パソコン>

IMG_1963

CPUがCore i7 5960X(8コア16スレッド)の自作機です。私が4K動画撮影用に使っているカメラは、SONY FDR-AX1(4K 60p) と Panasonic DMC-FZ1000(4K 30p)ですが、特に4K 60pの動画編集には多大なマシンパワーを必要とします。Core i7 5960Xは、とても高価なCPUですが、どうしてもこれぐらいの機材は必要になってしまいます。

構成

 Mother Board: ASUS X99-A
 CPU:Intel Core i7 5960X 3.0GHz
 Memory: 16GB (4GB DDR4 SDRAM x 4)
 Graphics Board: IO-DATA GA-GTX750TI
 SSD: 256GB (System) + 512GB (Work Disk)
 Hard Disk: 3TB x 2 (Mirror by Windows)
 Optical Disk: Blu-ray Disk Drive
 Removable Disk: RATOC System SA3-RC1-B
 Power Unit: 750W 80PLUS GOLD
 PC Case: Fractal Design DEFINE R5

 OS : Windows 8.1 Pro
 Video Edit: EDIUS Pro 7

IO-DATA-2

グラフィック・ボードには、4K 60pの表示が可能なIO-DATA GA-GTX750TIを使用しています。SSDは1台(256GB)をOS用に、もう1台(512GB)をビデオ編集用に使用しています。

ビデオ編集用のソフトは、EDIUS Pro 7です。EDIUSは、HDのカメラが出始めた頃から10年以上も使用しています。操作方法を体が覚えているため、なかなか他のソフトを使う気になれません。編集する動画ファイルやプロジェクトファイルをSSDに置くと、4K動画の編集時のもたつきも少なく、快適に編集できます。

ただ、このパソコンでも、4K動画のレンダリングにはかなり時間がかかります。編集の内容によっても変わるのですが、概ね実時間の10倍程度(1分の4K動画を出力するのに10分程度)かかります。

なお、これに相当するスペックの市販のパソコンを買うと、40~50万円ぐらいすると思います(ソフト別で)。

<動画データの保存>

IMG_1959

IMG_1954

RATOC Systemの外付けのRAIDディスクケース、RS-EC32-U3R(USB 3.0接続)の中に、3TBまたは4TBのハードディスクを2個入れて、RAID1(ミラーリング)に設定して使用しています。ハードディスクは数年で壊れるので、撮影した動画データが失われないように、RAID1の設定は必須です。このRAIDディスクケースは、いつのまにか8台に増えてしまいました。

4K 60Pの動画が撮れるビデオカメラ、SONY FDR-AX1

Sony-Handycam-FDR-AX1-Is-the-World’s-First-Ever-4K-Camcorder-1

Panasonicのデジカメ、FZ1000で撮った4K動画をいくつか紹介してきましたが、比較という意味では、以前公開したこちらの動画は、SONYのFDR-AX1というビデオカメラで撮ったものです。

<撮影データ>
カメラ: SONY FDR-AX1
動画フォーマット: 4K 60P 150Mbps XAVCS
ゲイン: 0db
シャッター速度: 1/60秒
アイリス: Auto
フォーカス: マニュアル
手ぶれ補正: ON

FDR-AX1の4K動画は60P、FZ1000は30Pという大きな違いがあるんですが、YouTubeは、4K 60Pの動画をアップしても4Kでは公開できないので(できる場合もあるようなのですが、こちらではうまくいかない)、上記の動画は4K 30Pに変換してアップしたものです。4K 60Pの動画をスムーズに見られる人はまだ少ないでしょうから、致し方ないのでしょう。

日中の撮影に関しては、FDR-AX1はビデオカメラだけあって撮りやすく、安定感があります。FZ1000とは違い、シャッター速度固定(1/60秒)、アイリス Auto(シャッター速度優先AE)で撮っても問題ないし、撮影中のズーム操作、ズームリモコン、手ぶれ補正機能も使えます。NDフィルタも内蔵されています。また将来的には、60Pで撮っておいた方が、ストックした映像の価値が高まるだろうと思っています。

ただ、このカメラは大型で、撮影場所によっては使いずらいことがあります(例えば飛行機の機内とか)。また、夜には強くないので、夜はFZ1000の方が美しく撮れます。オートフォーカスの精度はFZ1000の方がずっとよく、AX1ではオートフォーカスは基本使えません。AX1とFZ1000は、両者の得意なところを生かして、うまく使い分けていきたいと思っています。

DMC-FZ1000の動画サンプル

Panasonicの4K動画が撮影できるデジカメ、DMC-FZ1000の動画サンプルをいくつかご紹介します。

恐るべきコストパフォーマンスの4Kムービーカメラ、Panasonic DMC-FZ1000

FZ1000_004

飛行機に乗る時に、機内から外の風景を4K動画で撮るための機材として、PanasonicのFZ1000を使い始めたのですが、とても活躍してくれています。私はもともと、SONYのFDR-AX1という大型の4Kビデオカメラは持っていたのですが、気軽にどこにでも持っていけるようなカメラではないし、機内で撮るにはあまりに大きい、重いで扱いずらい。もっと小さくて軽いカメラが欲しくなり、どれがいいかと検討をしました。

候補としては、PanasonicのGH4、FZ1000、FZ300、LX100、SONYのRX100、RX10M2、AX100、AX30などがありました。

GH4は、GH5?で60pが撮れるようになるまで見送り。FZ300、AX30はセンサーが小さくて夜に弱い。LX100は4K動画だと最長15分、RX100は最長5分しか撮れない。RX10M2、AX100は、機内撮りでは良いが、飛行機を撮るには望遠が足りない。FZ1000は望遠に強く、機内撮り以外の用途でもとても役立ちそう。しかも価格がとても手頃(6万円台で手に入る)ということで、FZ1000に決めました。

下の動画は、DMC-FZ1000の撮影テストの結果の紹介動画です。

「FZ1000で気軽に始める4K動画撮影(ヒコーキ編)」

動画の内容は、飛行機の撮影を題材にした、Panasonic DMC-FZ1000の実機による4K動画のテスト撮影結果の解説です。元々は機内撮りのために買ったのですが、いざテストしてみると、実に侮りがたい4Kムービーカメラであることが分かりました。

テスト項目:
・フォトスタイル
・サウンド(内蔵マイク・外部マイク)
・光学ズーム・IAズーム
・オートフォーカス
・マニュアル露出
・シャッター速度優先AE
・プログラムAE
・O.I.S.(手振れ補正機能)
・ISO感度(夜景撮影)

テスト撮影で分かったこととしては、
—————————
・シャッター速度優先AEは、明るさが変わるシーンで滑らかに変化しないので、残念ながら使えない。
・プログラムAEは、実用的に使える。
・マニュアル設定、またはプログラムAEで撮る場合、晴天日中だと、NDフィルター(ND16またはND8+ND4)を付けて、シャッター速度を1/60秒~1/125秒に落として撮るべき。
・オートフォーカスは、日中であれば実用的に使える。離着陸機を追っても、概ね外さない。
・ズームレンズは、写真やHD動画だと 25mm(F2.8)~400mm(F4)だが、4K動画の場合は、37mm(F2.8)~592mm(F4)になる。
・光学ズーム最望遠(592mm)の画質は、かなり良い。このとき、F4が最もシャープに写る。F10~F11あたりで撮ると、明らかに映像が甘くなる(小絞りボケ)。
・iAズームの画質も、かなり良い。
・ズームを動かすと、フォーカスもずれる。ズームを動かしたら、フォーカスを合わせ直さなければならない。
・撮影中の電動ズーム操作、あるいはマニュアルでのズーム操作は、オートフォーカスの場合にのみ使用できる。とはいえ、スムースには動かせないし、フォーカスが外れることも多いので、使えないと思った方がよい。
・夕暮れから夜は、マニュアルフォーカスで撮るべき。
・O.I.S.(手振れ補正機能)は、フィックスの映像を撮る場合のみ使える。カメラを動かす場合には(パンやティルト)不自然な動きをするので使えない。
・O.I.S.が使えないので、望遠での動画撮影では、安定した高性能の三脚を使うべき。
・高感度は、ISO 1600までは許容範囲。ISO 3200はノイズが目立つがシーンによっては使える。ISO 6400は使うには厳しい。
・フォトスタイルの設定は、後で編集する場合はCineLikeD、そのまま見るならStandardかNaturalが良いように感じた。
・屋外で撮る場合、内蔵マイクは使えない。ウインド・ジャマー付きの外部マイクを付けるべき。
・4K動画の連続撮影時間は最長29分59秒。それを超えると撮影は一旦ストップする。
・動画ファイル(MP4)は、4GB(4K動画だと約6分)毎に分割される。分割されたファイルを編集ソフトでつなぐと、映像はきれいにつながるが、音声は一瞬途切れる。音声の連続性が重要な場合、ICレコーダーなどでの別録りが必要。(※編集ソフトによっては、うまくつながるはずとの情報もあるが)
・長時間の連続撮影でも、カメラが高温になって撮影できなくなるようなことは、起きたことがない。
—————————
プログラムAEやオートフォーカスは一般のビデオカメラ並み。動画撮影時にはO.I.S.が使えないので、安定した三脚を使って撮る必要がありますが、破格のお値段(6万円台で買える)なので、4K動画の入門者にはかなりお勧めのカメラだと思います。

羽田空港で夜景をタイムラプス撮影(微速度撮影)

他の方の動画にインスパイアされて、タイムラプス撮影(微速度撮影)をしたくなり、この前の土曜日(2月21日)の夕方から深夜にかけて、羽田空港で行いました。第2ターミナル、第1ターミナル、国際線ターミナルをはしごして、約8時間かけて撮影。冬空の下に長時間いることになるのは分かっていたので、完全防寒装備(笑)で臨みました。

タイムラプス動画をまともに撮るのは初めてでしたが、出来上がったものを見るのは、なかなか楽しいですね。今回公開したのは、第2ターミナル、第1ターミナルで撮影したもので、近日中に国際線ターミナルで撮影したものも公開予定です。

※追記: 深夜の羽田空港・国際線ターミナルで撮影した動画を公開しました。国際線ターミナルは、深夜になると賑やかさを増します。

関西空港でテレコンレンズのテスト

こちらのブログへの投稿間隔がかなり空いてしまいましたが、久しぶりに動画&機材の紹介を。2014年9月19日、関西空港の展望ホール「スカイビュー」から撮影したUnitedの787-8の離陸シーンです。この動画は、下の写真の機材で撮影しました。GH3 + 100-300mm + DMW-LT55 で、35mm換算約1,000mm相当の超望遠になります。テレコンレンズは、色収差や画像の周辺部の解像度低下が問題になりがちですが、この組み合わせの結果はなかなか良好でした。

GH3-telecon-1

GH3-telecon-2

Home

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top