Home > 04 Topics > Video

Video Archive

Close Up and Slow Motion


 とても印象的かつダイナミックな動画を見つけたので、ご紹介します。

今までは撮れなかった映像を撮る(5)

 j-sky管理人の星澤です。いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。私は東京在住で、羽田・成田がホームグラウンドです。最近は、787が来たおかげで羽田通いが続きましたが、羽田空港は、4本の滑走路、3つの旅客ターミナルビル、日本最大の旅客数と極めて多くのトラフィックを誇り、本来はとても魅力に富んだ被写体のはずです。ところが、撮影者にとっての人気はそれほど高くありません。その理由は、撮影するには非常に厳しい環境だからです。

haneda-fence-2011-2.jpg
羽田空港内のフェンス(高いだけでなく、金網が二重になっている)

 ・セキュリティが厳しく、空港内はどこも高いフェンスがある。その金網は網目が細かく、かつ二重になっている。(脚立でフェンスの上から撮ることは不可能)
 ・海上空港のため、空港外周からは滑走路に近付けない。
 ・展望デッキにも高いフェンスがある。

 とはいいつつも、展望デッキは第1ターミナル、第2ターミナルともワイヤーフェンス化(ビデオ用の三脚も使用可能)が進行中で、やや撮影環境は改善されました。

haneda-fence-201107-3.jpg
羽田空港の展望デッキのワイヤーフェンス(第2ターミナル南側)

 空港の周囲には、海をはさんで城南島海浜公園、京浜島つばさ公園、川崎浮島公園などの撮影ポイントがあります。滑走路の運用変更により、ランウェイ22からの着陸が増えて、京浜島での撮影チャンスが増えたのも好材料となっています。ただ、こと空港内に関しては、展望デッキ(や駐車場)くらいしか撮影場所がありません。これらは、いずれも高い場所からの撮影で、みんな俯瞰気味のカットになってしまいます。飛行機に近づいて、広角・ローアングルで迫力のあるカットが撮りたいと思っても、とても無理というのが現実でした。

 そうした中、天候にも恵まれた7月16日(土)、初めて「羽田でこういうカットを撮りたい」と願ってきたものをビデオ撮影することができました。それでは、実際に撮影したカットをご紹介しましょう。羽田でなければ、どうということもないカットかもしれませんが、羽田だと高い二重のフェンスに阻まれて、今までこのようなカットをビデオで撮ることはできませんでした。これにより、おかげさまで、羽田空港に関する映像ストックのバリエーションが一気に広がりました。(※写真は、全てビデオからのキャプチャです。クリックすると、拡大表示になります)

hnd-20110718-01.jpg
hnd-20110716-01.jpg
撮影ポイントA

hnd-20110716-07.jpg
撮影ポイントB

hnd-20110716-04.jpg
hnd-20110716-03.jpg
hnd-20110716-05.jpg
撮影ポイントC

hnd-20110716-21.jpg
hnd-20110716-25.jpg
hnd-20110716-22.jpg
hnd-20110716-23.jpg
撮影ポイントD

hnd-20110716-45.jpg
hnd-20110716-46.jpg
撮影ポイントE

hnd-20110716-48.jpg
hnd-20110716-49.jpg
hnd-20110716-54.jpg
hnd-20110716-55.jpg
撮影ポイントF

 さて、撮影ポイントA~Fとありますが、羽田空港をよくご存知の方であれば、それぞれ羽田空港内のどの辺りで、どのような方法を使って撮影されたものなのか、推理してみるのも面白いのではないでしょうか。

 作例を多数ご紹介したので、謎?はすぐに解明されてしまうと思いますが、それまでの間は、当サイト独自のささやかなノウハウ&セールスポイントとさせていただきたいと思います(笑)。当サイトでは、さらに羽田空港の新たな魅力の発掘と、その映像の公開に努めたいと思います。

今までは撮れなかった映像を撮る(4)

 3回にわたる撮影場所のクイズですが、正解はいずれも「羽田空港」です。

 サンプル1はB滑走路東側の誘導路を進むANA 747、サンプル2は沖スポットでプッシュバックするStarflyer A320、サンプル3は新国際線ターミナル前のエプロンに駐機中のJAL 767です。いずれも被写体自体は特に目新しいものではありません。一方、撮影ポジションですが、いずれも地上からローアングルで、ズームは広角~標準で撮っています。一般の方からすれば「だから何だ」という感じでしょうが、羽田空港の撮影環境をよくご存知の方には、少なからぬ驚きを感じていただけたのではないでしょうか。

 私はずっと、羽田でこういう絵が撮りたいと思ってきたので、やっと念願がかないました。
 (続く)

今までは撮れなかった映像を撮る(3)

 前回、前々回に引き続き、写真(ビデオからのキャプチャ)と動画をご覧下さい。

hnd-20110716-41.jpg
サンプル3
Windows Media 1280×720 (8Mbps)

 さて、今度のこれはどこで撮影したものでしょうか?
 (ヒント:よく見ると、映像の中に空港名が書かれているような・・(笑))
 (続く)

今までは撮れなかった映像を撮る(2)

 前回に引き続き、写真(ビデオからのキャプチャ)と動画をご覧下さい。

hnd-20110716-60.jpg
サンプル2
Windows Media 1280×720 (8Mbps)

 さて、今度のこれはどこで撮影したものでしょうか?
 (ヒント:先のサンプル1と同じ空港です)
(続く)

今までは撮れなかった映像を撮る(1)

 まずは、この写真(ビデオからのキャプチャ)と動画をご覧下さい。

hnd-20110716-02.jpg
サンプル1
Windows Media 1280×720 (8Mbps)

 さて、これはどこで撮影したものでしょうか?
 (注:撮影日は、2011年7月16日です)
(続く)

脅威の微速度撮影動画

 いや、飛行機とは直接関係はないんですが、マジでヤバイものを見つけてしまったので、みなさんにもご紹介します。


Nature Time Lapse 2 from mockmoon on Vimeo.

 この動画を撮った(制作した)方のブログ:
 continuous shatter 

 同じように映像を撮る者として、このビジュアルインパクトに匹敵するものが撮れるか? いやあ、改めて志を高く持たないといけませんね。

ホーム > 04 Topics > Video

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top