Home > 03 Report | > Singapore

Singapore Archive

シンガポール・チャンギ国際空港遠征(6)

 過去数回の記事で、シンガポール・チャンギ国際空港遠征のレポートをご紹介しましたが、最後に遠征実施にあたって注意したことや、現地で感じたことを少しお話したいと思います。

sin-20120908-T3-6.jpg
sin-20120908-25.jpg

 今回のチャンギ国際空港遠征ですが、100%趣味で撮影に行ったというわけではなく、とあるところからの依頼を受けて行ったという意味合いの強いものでした。従って、一定の成果を必ず持ち帰らなければならず、楽しめばいいだけの遠征ではありませんでした。こうした場合、日本国内であれば天候が最大の心配事になりますが、海外遠征の場合はそれだけでは済みません。懸念事項は多岐にわたるため、事前のリサーチにはかなり時間をかけました。

 シンガポールに限らず、海外の空港での撮影事情を調べれば調べるほど、海外遠征は(予想通り)少なからぬリスクを伴うものであることが分かりました。空港のターミナル内での記念撮影であっても、国によっては撮影を禁じているところがあります。日本であれば、空港外周のフェンスの外から空港内を撮影しても、よほどのことがない限り咎められることはありませんが、海外の場合は、展望台のような場所以外では原則禁止だと思った方が無難です。航空無線を聞くためのレシーバーも、国によっては違法となります。また、空港外周の治安も要注意で、高価な撮影機材を使って撮影すること自体が危険につながる可能性があります。セキュリティ面でも治安の面でも、安全に撮影できそうな場所を事前に入念に調べておく必要があります。

 私は、海外の空港で本格的な撮影を行うのは今回が初めてでした。なので今回の遠征では、何よりもリスク回避を最優先にしました。撮影に使った場所も、空港のターミナルビルの中、市民や観光客がたくさん訪れる公園、ホテルの屋上などで、問題が生じる恐れができるだけ少なくなるようにしました。初の海外遠征先をシンガポールに決めたのは、アジアの国の中では治安が良好で、何かあっても少なくとも英語でコミュニケーションができるからです。

 シンガポールの空港内やその周辺は、日本と同レベルで整備されており、清潔で安心感がありました。ですが、日本と同じように撮影できるかと言えば、決してそんなことはありません。空港フェンスには近づけないし、航空無線を聞くこともできません。日本であれば、レンタカーを借りて効率的にロケハンや撮影ポイントの移動を行うのですが、さすがに初めて行く国で車を運転する気にはなりません。タクシーを使うにしても、普通の観光客が行かないような場所に行くのは避けたい。従って徒歩で行ける、あるいは交通の便がよい安全な撮影ポイントを事前に厳選して、その中でいかに効率的かつ効果的に撮影するかを考えました。

 今回は、撮影機材としてデジタル一眼レフを主に使用したのですが、これはセッティングするととても目立ちます。

sin-20120909-12.jpg

 周囲の状況によっては、もっとさりげない機材の方が望ましいことも考えられたので、バックアップとして、小型のビデオカメラや小型の三脚なども持って行きました。結果的には、ほとんどの撮影をデジタル一眼レフで行いましたが。

 それでも最終日、ターミナルビル内の屋内展望スペースで撮影中に、警備員(警官?)の職務質問を受けました。セキュリティ上の理由だということで、そこで撮影した1時間ほどの映像を、その場で削除するよう指示されました。職務質問は穏やかだったものの、パスポートをチェックされ、英語でやりとりをするのはかなりのプレッシャーでした。

 私は海外遠征初心者なので、これから海外遠征にトライしてみたいという方にアドバイスをするには経験値が全く足りませんが、シンガポール初遠征に関しては、以上のような心構えで臨み、また現地の状況はこれまでにレポートしたような様子でした。何かの参考にしていただければと思います。

 シンガポール遠征では、質・量ともに、ある程度満足できる映像を撮影することができました。航空会社や機種のバリエーションを豊富に撮れたので、少なくとも依頼内容は概ねクリアできました。初めての海外遠征、初めての国、初めての空港での撮影としては、成功だったのではないかと思います。これにより、こちらが望めば、アジア各国の空港への遠征がシリーズ化しそうです。ただ、ここで注意しなければならないのは、シンガポールで撮影できたからといって、他の国でもうまくいくかどうかは、全く保証の限りではないということです。撮影依頼の対象が、欧米の空港ではなくアジアの空港だということも、相対的にリスクが高く、要注意です。これらへの海外遠征は、くれぐれも慎重に対応すべきだと考えています。

シンガポール・チャンギ国際空港遠征(5)

 9月11日(火)、シンガポール滞在4日目の最終日。朝の天候は曇り、風向きは南風、使用滑走路は20R/20Cです。昨日、一昨日と Changi Beach Park で、着陸シーンに関しては、かなりの数の良いカットを撮影できていました。最終日は別の撮影ポイントに行ってみたい、また空港以外で、シンガポールを象徴する場所も少し撮影しておきたい。この日は、まずは午前中をシンガポール市内での撮影に充てることにしました。
 8:00にホテルをチェックアウトして、ホテルのシャトルバスで空港へ。スーツケースなどを空港に預けた後、MRT(シンガポールの地下鉄)を使って Marina Bay 周辺に移動しました。ここにはシンガポールのシンボル Merlion、空中庭園が話題の Marina Bay Sans、世界最大級の観覧車 Singapore Flyer などがあり、シンガポールで一、二を争う人気の観光スポットとなっています。

sin-20120911-2.JPG
Marina Bay Sans

sin-20120911-1.jpg
Merlion

 こちらは、Marina Bay Sans の空中庭園(Sans Sky Park)からの眺め。高さは200メートル。

sin-20120911-3.jpg
Sans Sky Park (宿泊者専用のプールが見えます)

sin-20120911-4.JPG
Sans Sky Park からみたシンガポールのビル群

sin-20120911-5.jpg
Singapore Flyer (観覧車)

 Marina Bay 周辺での撮影は午前中で切り上げて、午後は空港方面に移動。MRTで空港から一駅のEXPOで下車。ランウェイ02Lエンドにある Changi Business Park に行ってみました。

ChangiBusinessPark.jpg
Changi Business Park 周辺の地図(※クリックすると、拡大表示になります)

sin-20120911-6.JPG
MRT の EXPO 駅

 午後は天気が良くなりましたが、日差しも強くなり、猛暑の中を撮影機材を担いで歩くのはかなり過酷。駅から20分ほど歩いて撮影ポイント(D地点)に着いた時には、かなり体力を消耗していました。

sin-20120911-7.JPG
Changi Business Park (D地点)の様子

sin-20120911-8.JPG
D地点で見る、ランウェイ02Cからの離陸機

 ここには離陸機を撮るために行ったのですが、離陸機は主にランウェイ02Cを使っていてかなり距離があります。また、左右に建物があるせいで視界が狭く、ビデオ撮影には不向きな場所。猛暑の中でがんばって撮影しても、大した成果が期待できないため、早々に断念して空港に戻ることにしました。(注:北風で02Lへの着陸シーンを狙うのであれば、状況は違ったかもしれません)

 MRTの駅(EXPO)に着いた時には汗びっしょりで、着替えなしではいられない状態。空港に戻り、すぐに着替えをして、冷房の効いた空港内でしばらく休憩。一息ついた後、初日には撮れなかった、青空をバックにした管制塔やターミナルビルなどを撮影。

sin-20120911-9.jpg
Terminal 2 から撮った Terminal 3

sin-20120911-10.jpg
Terminal 1 と管制塔

sin-20120911-11.jpg
管制塔のアップ

 その後、Terminal 1 の Viewing Mall で、のんびりと最後の撮影をしようとしたのですが、少し撮影したところで、今回は警備員(警官?)の職務質問を受けてしまいました。その結果、そこで撮影したものを削除するように命じられたため、Viewing Mall での撮影を断念。夕食をとって、帰りの準備を始めました。

sin-20120911-12.jpg
sin-20120911-13.jpg
チェックイン前に最後に撮った、夜の管制塔

 帰りは、ANAのシンガポール発21:45、羽田行きNH152便(機材は767-300ER)です。到着は翌日の6:00。着陸前に夜が明けるだろうと思って、右側の窓際の席を予約しておいたのですが、期待通り、きれいな夜明けを見ることができました。

sin-20120911-14.jpg
羽田空港着陸間際の空

 9月12日(水)6:00、定刻通りに羽田空港に到着。9月7日(金)夜からの6日間にわたるシンガポール遠征は、幕を閉じました。

シンガポール・チャンギ国際空港遠征(4)

 9月10日(月)、シンガポール滞在3日目。朝の天候は晴れ、風向きは昨日と同じ南風、使用滑走路は20R/20Cです。朝日が見えそうなので、ホテルの屋上から、着陸機を撮ることにしました。

 私が泊まったホテル、Changi Village Hotel を選んだのには二つの理由があります。一つは、よい撮影ポイントである Changi Beach Park から近いこと。もう一つは、ホテルの屋上のプールから着陸機が見えると聞いていたからです。まだ夜明け前の6:00、撮影機材を持ってホテルの屋上へ。屋上から空港方面を見渡せることを期待したのですが、残念ながら海側しか見えませんでした。

sin-20120910-1.jpg
Changi Village Hotel 屋上のプール

sin-20120910-3.jpg
sin-20120910-4.jpg
屋上から見た20Rへの着陸機

 空が明るくなるにつれて、雲が増えてきてしまいましたが、雲の隙間から朝日が見えたので、良しとしましょう。ここでは、7:30頃まで撮影。その後、手早く朝食を済ませて、ホテルを出発。昨日と同じく、Changi Beach Park に向かい。9:00頃に撮影を開始。

sin-20120910-5.jpg
sin-20120910-7.jpg
sin-20120910-8.jpg
Changi Beach Park での撮影例(1)

 10:00頃になると雲行きが怪しくなり、またしてもスコールで撮影中断。

sin-20120910-13.jpg
このあたりの撮影の直後にスコール

 今回は1時間ほどで雨が上がり、11:00頃には撮影を再開。午後は天気も良くなり、日没まで撮影を続けることができました。

sin-20120910-9.jpg
sin-20120910-10.jpg
sin-20120910-11.jpg
sin-20120910-12.jpg
Changi Beach Park での撮影例(2)

 この日は、19:30頃に撮影を終了。

シンガポール・チャンギ国際空港遠征(3)

 9月9日(日)、シンガポール滞在2日目。朝の天候は曇り、風向きは南風、使用滑走路は20R/20Cです。

sin-20120909-0.jpg
早朝の Changi Village Hotel

 昨日はもっぱら空港内での撮影だったので、この日は空港外周の撮影ポイントにトライしました。チャンギ国際空港で、南風の時の着陸機の撮影に最も適した場所は、Changi Beach Park(地図上のB地点)です。私が泊まったホテル(Changi Village Hotel)からは、徒歩で15分ほど。撮影機材を担いでいても、何とかたどり着ける距離です。

changiBeachPark-2.jpg
Changi Beach Park 周辺の地図(※クリックすると拡大表示になります)

 10:00頃にホテルを出発。昨日の長時間の撮影で疲れが残っていたのと、相変わらず天気がぱっとしないことから、やや遅めの出発になりました。今回は、デジタル一眼レフで撮影したいと思ったことから、カメラ、レンズ、フィールド・モニターなど、撮影機材が大幅に増えました。三脚も、重たい望遠レンズに耐えられるしっかりしたものを準備したために重くなり、持ち運びが大変です。前日は、冷房の効いた空港内にいたので、あまり感じなかったのですが、そもそもシンガポールは亜熱帯気候。曇り空でも蒸し暑く、撮影機材を担いで歩くと、すぐに汗びっしょりになってしまいます。

 午前中ということで、Changi Beach Park をロケハンしながら、順光で撮影できるランウエイ20Rエンドの東側まで歩き、撮影機材をセッティング。11:00過ぎに撮影を開始。

sin-20120909-6.jpg
Changi Beach Park (20Rエンドの東側)

sin-20120909-1.jpg
sin-20120909-2.jpg
sin-20120909-3.jpg
ランウェイ20Rへの着陸機

 ここでは、着陸機は海の上をアプローチしてきて、南国の木々の上を通り過ぎ、空港内に降りて行きます。とても絵になる光景なんですが、いくつか注意事項を。シンガポールでは、空港フェンスに近づいて、空港の中を撮影することは禁じられています。従って、海岸線で飛行機を撮影している限りにおいては問題はありませんが、タッチダウンを撮ろうと空港フェンスに近づいてはいけません。また、航空無線を聞くのも違法です。レシーバーのような機器を持っていったりしてはいけません。

 チャンギ国際空港のトラフィックはとても多く、着陸機はひっきりなしに来るので、退屈する時間は全くありません。羽田で撮るのと同じような感じでしょうか。また、ここからランウエイ20Cまではかなり離れているのですが、着陸機の多くは20Rを使ってくれるので、撮影には好都合でした。

sin-20120909-4.jpg
ランウェイ20Cへの着陸機

 12:00を過ぎると青空が見えてきて、とてもよいコンディションになってきました。

sin-20120909-7.jpg
sin-20120909-8.jpg
sin-20120909-9.jpg
Changi Beach Park での撮影例(1)

sin-20120909-5.jpg
撮影に使用した機材(Canonのデジタル一眼レフ)

 逆光になってきたので、公園内を西の方へ移動。日曜日なので、公園内にはカップルや家族連れもたくさん来ていました。

sin-20120909-10.jpg
sin-20120909-15.jpg
sin-20120909-16.jpg
sin-20120909-13.jpg
sin-20120909-11.jpg
Changi Beach Park (20Rエンドの西側)

 映像のバリエーションを増やすために、撮影ポジションを移動しつつ、撮影を継続。天気が良くなったのはいいのですが、暑さも厳しくなりました。水分補給を怠ると、熱中症の恐れがあるので、この点にも注意が必要です。

sin-20120909-18.jpg
sin-20120909-17.jpg
sin-20120909-19.jpg
Changi Beach Park での撮影例(2)

 16:00を過ぎると、急に空が暗くなりました。

sin-20120909-20.jpg
sin-20120909-21.jpg
Changi Beach Park での撮影例(3)

 遠くでは雷の音も聞こえ出し、17:00前には遂に激しい雨が降り出しました。シンガポールでの撮影では、カメラやカメラバッグなどを急な雨から守るための準備(レインカバー、ビニールシートなど)が必要不可欠です。また、雨宿りできそうな場所の近くで撮影するようにした方が安全です。私は、このようなスコールは日常茶飯事だと事前に聞いていたので、幸いにも慌てずに済みました。

 通り雨だろうと1時間ほどその場で雨が止むのを待ったのですが、一向に止む気配がありません。そのうち02L/02Cにランチェンしてしまったので、この日の撮影はここで終了。撤収してホテルに戻りました。

シンガポール・チャンギ国際空港遠征(2)

 シンガポールは都市国家で、面積は東京23区とほぼ同じくらいです。チャンギ国際空港(Singapore Changi International Airport, SIN/WSSS)は、シンガポールの中心部から東に約20kmのところにあります。

singapore-map.jpg
シンガポールの地図(※クリックすると拡大表示になります)

changi-map.jpg
チャンギ国際空港の地図(※赤い丸印(A~D)は今回の遠征での撮影ポイント)

 国土が狭いため、チャンギ国際空港には国内線はなく、国際線のみ。2本の平行滑走路(02L/20R、02C/20C)を持っており、いずれの滑走路も長さ4,000メートル、幅60m。シンガポール自体の航空需要はそれほどないことから、乗り継ぎ客を重視しており、24時間オープンで待ち時間も快適にすごせる空港として有名。世界で最も評価の高い空港の一つであり、仁川国際空港や香港国際空港と共に常にトップレベルの評価を得ています。

 チャンギ国際空港での撮影環境については、こちらに詳しく紹介されているので、行ってみようという方は、ぜひ参考にして下さい。

Singapore Changi Airport – SpottersWiki
http://spotterswiki.com/index.php?title=Singapore_Changi_Airport

 9月8日(土)早朝、ほぼ定刻通り、シンガポール・チャンギ国際空港に到着。ただ、現地の天候は曇り、風向きは北風・・・。天候、風向きともに条件があまり良くないので、まずは空港内での撮影を行うことにしました。

 チャンギ国際空港には、ターミナルビルが4つあります(Terminal Map)。Terminal 1、Terminal 2、Terminal 3、Budget Terminal(LCC用、2012年9月25日に閉鎖予定)です。各ターミナルには、日本の空港によくあるような屋外の展望デッキはありませんが、Terminal 1、2、3には、Viewing Mall や Aviation Gallery と呼ばれる屋内の展望スペースがあるとのことなので、まずはそこをチェックすることにしました。

 ANAのNH151便は、Terminal 2に着いたので、まずは Terminal 2(Level 3)の Aviation Gallery へ。次に Terminal 3(Level 4)の Aviation Gallery へ。残念ながら、いずれも二重のガラス越しになってしまい、撮影にはとても使えません。

sin-20120908-3.jpg
sin-20120908-4.jpg
Terminal 3 の Aviation Gallery の様子

 最後に行ったのが、Terminal 1(Level 3)にある Viewing Mall (A地点)。ここは central apron と呼ばれるエリアの正面にあり、離着陸の撮影には向きませんが、タキシングやプッシュバックの撮影には適した場所です。

sin-20120908-5.jpg
sin-20120908-6.jpg
Terminal 1 の Viewing Mall からの眺め

 ガラスは1枚のみなので、何とか撮影は可能。着いたのは現地時間の8:00頃で、朝も早いため閑散としていました。早速、撮影機材をセットアップ。今回の遠征では、撮影のメインはデジタル一眼レフ。サブにビデオカメラを使用しました。

sin-20120908-7.jpg
Terminal 1 の Viewing Mall の様子

 Viewing Mall には椅子が設置されており、エアコンも効いているので、長時間いても快適。近くにはウォータークーラーやトイレ、レストランもあります。土曜日ということもあり、Viewing Mall はお昼頃になると家族連れでとても賑わうようになりました。大げさなカメラや三脚が目立つので、警備員に何か言われるのではないかと心配していたのですが、この日は幸いにも、特に注意を受けることはありませんでした。

sin-20120908-8.jpg
sin-20120908-11.jpg
sin-20120908-10.jpg
sin-20120908-12.jpg
Viewing Mall での撮影例(1)

 central apron に入ってくるのは、Air Asia と Jetstar がかなりの割合を占めていました。ここでは、13:00過ぎまで撮影。たまに日が差す時間帯もありましたが、概ねぱっとしない曇り空で、風向きも北風で変わらず。空港外周に行くのは、翌日以降にすることにして、午後はターミナルビル内外の撮影を行うことにしました。

 最初は、Viewing Mall のある Terminal 1。チャンギ国際空港で最初に作られたターミナルで、開業は1981年。Terminal 2や3と比べると、こじんまりとした造りです。

sin-20120908-T1-1.jpg
sin-20120908-T1-2.jpg
sin-20120908-T1-3.jpg
Terminal 1 の出発フロア(Level 2)

 次は、Terminal 3 に移動します。ターミナル間の移動には、Skytrainと呼ばれる無料の新交通システムを利用。

sin-20120908-ST-2.jpg
Skytrain の乗り場(Terminal 3)

sin-20120908-ST-1.jpg
sin-20120908-ST-3.jpg
Skytrain

 Terminal 3 は2008年開業と最も新しく、内部もとても美しい。

sin-20120908-T3-1.jpg
sin-20120908-T3-2.jpg
sin-20120908-T3-3.jpg
Terminal 3 の出発フロア(Level 2)

sin-20120908-T3-4.jpg
Terminal 3 から見た管制塔と Terminal 1

sin-20120908-T3-5.jpg
Terminal 3 にあるガーデンの一つ

 チャンギ国際空港の各ターミナルビルには、各所に緑や池を配したガーデンがあり、訪れる人をほっとさせてくれます。

 最後は、ANA便が到着した Terminal 2。

sin-20120908-T2-1.jpg
sin-20120908-T2-2.jpg
sin-20120908-T2-3.jpg
Terminal 2 の出発フロア(Level 2)

 各ターミナルビルの内外を一通り撮影した後は、再度、Terminal 1 の Viewing Mall に戻り、夜まで撮影。

sin-20120908-22.jpg
sin-20120908-23.jpg
sin-20120908-24.jpg
Vieing Mall での撮影例(2)

 20:00過ぎにこの日の撮影を終了。タクシーで、宿泊先である空港近くのホテル(Changi Village Hotel、C地点)に向かいました。

シンガポール・チャンギ国際空港遠征(1)

 前回の記事でご紹介した写真ですが、シンガポール・チャンギ国際空港で撮影したものです。私は、9月7日(金)から9月12日(水)にかけて、シンガポール遠征を行いました。海外の空港に(出張や旅行のついでではなく)純粋に撮影目的で遠征するのは初めて、シンガポールに行くのも初めてということで、準備から実施まで、楽しいながらもなかなか大変な遠征でした。

sin-20120908-2.jpg

 初の海外遠征先として、シンガポール・チャンギ国際空港を選んだ理由について。私は、国内でもまだ行ったことのない空港がたくさんあるので、海外遠征にはそれほど積極的ではありませんでした。スケジュールの確保、撮影可能ポイントなどの情報収集、現地の治安やセキュリティ、現地で何か問題が起きたときのコミュニケーション、渡航に必要な費用など、懸念事項が多く、国内と違って気軽に実施するにはハードルが高いからです。

 海外遠征を前向きに考えるようになったのは、今年の7月頃でした。所沢航空発祥記念館での上映会やセントレア遠征が一段落して、次のことを考える余裕ができたためです。実は、昨年の終わりに、とあるところからアジアの空港での撮影に関する打診を受けていました。大変そうなのでしばらく保留にしていた、その依頼を受けるべきかどうか・・・。先方から送られてきた撮影候補先リストの優先順位のトップは、シンガポール・チャンギ国際空港。トラフィックが多く、日本では見ることのできない航空会社がたくさん就航している空港で、空港施設も国際的にトップクラス。とても魅力的な遠征先です。事前の情報収集をしたところ、シンガポールであれば遠征にともなうリスクはあまりなさそうだと判断。こうして、初の海外遠征が決定しました。

 まずは、遠征に必要なスケジュールを確保しなければなりません。シンガポールの天候は、4月から9月が乾季で晴れる日が多く、それ以外だと雨が多くなるとのこと。撮影可能ポイントから考えても、夏の南風の方がよいため、行くなら夏がベスト。となると夏休みを使うしかないのですが、今年は仕事の都合上、休むのは3日間が限度。飛行機やホテルの予約のしやすさから実施は9月、それも上旬が望ましい。確実に成果を得るためには、現地での滞在日数は4日間は確保したい。最終的に、9月7日(金)の夜に出発、9月8日(土)朝に現地着、9月11日(火)夜に現地発、9月12日(水)朝に帰国というスケジュールを組みました。

 9月7日(金)、仕事を終えて帰宅後、羽田の国際線ターミナルへ。出発便は、ANAの羽田23:30発、シンガポール行きNH151便(機材は767-300ER)です。本当は成田からシンガポール航空のA380で行きたかったのですが、そちらは成田20:50発。仕事が終わってからでは間に合わないため、断念しました(涙)。

sin-20120908-1.jpg

 シンガポール着は翌05:55(時差-1時間)、飛行時間は7時間25分。機内では、離陸後に軽食とドリンクサービス、着陸前に朝食のサービスがありました。寝ていられる時間が少なかったのですが、初の海外遠征でテンションが上がっていたため、ほとんど苦になりませんでした。

遅めの夏休み

 昨日(9月12日)まで、遅めの夏休みを取って、初めての空港に遠征していました。まだ撮影の成果を全然整理できていないのですが、撮ったビデオの中から、いくつかキャプチャをご紹介します。(※写真はクリックすると拡大表示になります)

201209-1.jpg
201209-2.jpg
201209-3.jpg
201209-4.jpg
201209-5.jpg
201209-6.jpg
201209-7.jpg

 この遠征については、詳しくは改めてレポートしたいと思いますが、さて、遠征先の空港はどこだと思いますか?

Singapore

 シンガポールの空港の撮影記や撮影ガイドを掲載しています。

ホーム > 03 Report | > Singapore

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top