Home > 03 Report | > Narita

Narita Archive

成田空港(4月29日)

 ゴールデンウィーク前半の4月29日(日)、天気予報がそこそこ良さそうだったので、成田空港に出かけました。使用滑走路は16L/R。早朝はBラン16Lエンド、お昼前は航空科学博物館、午後はさくらの山と移動しながら撮影。いくつか、欲しかったカットを撮ることができました。ただ、航空科学博物館やさくらの山は、家族連れでとてもにぎやかだったため、ビデオには話し声が入ってしまい、映像は使えますが音声は使えそうにありません(涙)。

nrt-20120429-1.jpg
FINNAIRのA330

nrt-20120429-2.jpg
QANTASの747

nrt-20120429-3.jpg
JALの787(このアングルだと、あまりカッコよくない・・?)

nrt-20120429-4.jpg
AIR CHINAの777、特別塗装機

nrt-20120429-5.jpg
EVA AIRのA330、ハローキティ

nrt-20120429-6.jpg
KOREAN AIR CARGOの747-8F
(※写真はいずれもビデオからのキャプチャ。クリックすると拡大表示になります。)

JAL 787 東京(成田)~ボストン線に就航

 今日(4月22日(日))、JALの787が定期便として初めて就航しました。路線は、東京(成田)~ボストン線です。日曜日ということもあり、せっかくなので成田に撮影に行ってきました。

JAL-787-20120422-1.jpg
JAL-787-20120422-2.jpg
JAL-787-20120422-3.jpg
JAL-787-20120422-4.jpg

 上の写真は、いずれもビデオからのキャプチャです。使用滑走路は34L/R、撮影場所には34Lエンドを選択。成田は曇り、ときどき小雨がパラつくという生憎の天候でしたが、離陸シーンの撮影には無事成功しました。

成田の「桜と旅客機」

 4月15日(日)、「桜と旅客機」を撮りに成田空港に行きました。成田の桜は、満開の時期と天候と出撃可能な休日とがなかなかマッチしないため、意外に難易度が高い被写体です。毎年トライはしているのですが、昨年、一昨年は事実上、撮影ができませんでした。今年こそはと思っていたところ、事前の情報収集では、12日(木)頃が満開だったらしい・・(涙)。14日(土)には雨が降ったので、かなり散っていることを覚悟の上で行きました。
 高速を飛ばして、早朝の成田空港に到着。早速、定番の「さくらの山」と「三里塚さくらの丘」の状況をチェックしたところ、「三里塚さくらの丘」の桜はかなり散ってしまっていて寂しい状態でしたが、「さくらの山」の桜は、まだかなり花びらが残っていました。このため、撮影は「さくらの山」だけで行いました。

nrt-20120415-1.jpg
4月15日(日)の「さくらの山」の様子

nrt-20120415-2.jpg
まだ、きれいに花びらが残っている枝もありました

 お昼前後は青空が広がり、訪れる家族連れも多く、とても賑やかになりました。地面にはところどころ、散っていく桜の花びらでピンクの絨毯ができました。

nrt-20120415-3.jpg
nrt-20120415-4.jpg
nrt-20120415-5.jpg
nrt-20120415-6.jpg
「さくらの山」で撮影した離陸機(ビデオからのキャプチャ)

 この日は北寄りのややクロスウインド、使用滑走路は34L/R。「さくらの山」からだと離陸機を迎え撃つ形になります。私は、桜の時期に34L/Rというのはほとんど経験がなく、撮影ポジションを試行錯誤しながらの撮影となりましたが、トラフィックの多さに助けられて、いくつか満足のいくカットを撮ることができました。

JAL 787 at NRT

 4月7日(土)、JALの787を撮りに早朝の成田空港へ。北風なので、ランウェイ34Lエンドでスタンバイ。6時20分過ぎに離陸しました。今回初めて、JALの787の実物を見ることができました。

JAL-787-20120407-1.jpg
JAL-20120407-2.jpg
JAL-20120407-3.jpg
JAL-20120407-4.jpg

成田空港B滑走路の東側誘導路を撮影

 7月30日に供用開始となった成田空港B滑走路の東側誘導路を移動する飛行機を撮ってみました。まず、東側誘導路の周辺ですが、

nrt-20090808-1.jpg
nrt-20090808-2.jpg
上の写真のように、公道から通過する飛行機の一部が見える場所はありましたが、誘導路の近くで飛行機全体が見えるような撮影場所は無さそうです。

 かなり距離がありますが、第二ターミナルの北側の展望デッキからだと、東側誘導路を移動する飛行機は下の写真のように見えます。(※35mm換算約1,000mmの望遠で撮影)

nrt-20090815-2.jpg
nrt-20090815-1.jpg
 動画の撮影サンプルはこちらにあります(オートで撮ったサンプルなので、機体の白飛びはご容赦を)。
 Windows Media 720×480 (2.2Mbps)

 なお、通称「Bランの丘」と呼ばれていた撮影ポイントは、現在は完全に立ち入り禁止になってしまいました。

成田空港B滑走路への東側誘導路が供用開始

 7月30日、成田空港B滑走路への東側誘導路が供用開始されました。 新しい東側誘導路は離陸機専用、以前からある西側誘導路は着陸機専用となります。こちらに写真があります。

 それにしても、B滑走路周辺の非合理的なレイアウトは、成田空港の生い立ちにまつわる問題がいまだ解決されていないことを如実にあらわしていますね。

夏の成田

 先週末の7月25日(土)、7月26日(日)は、当初くもり/雨の予報だったのですが、実際には7月25日(土)の午後から晴れ間が広がりました。ということで、急遽すべての予定をキャンセルし、成田空港に撮影に行きました。

 私は東京在住なんですが、今年の夏から秋にかけては、近場では成田空港の撮影に力を入れようと思っています。というのも、昨年作成したAvion社のDVDでは成田空港の比重が高く、良質の素材の多くをそちらに提供してしまったため、手持ちの素材のストックがかなり少なくなってしまったからです。

 7月25日(土)は、15:00頃に成田空港近くのさくらの山公園に到着。22:00頃まで、ここで撮影を行いました。

nrt-20090725-1.jpg
nrt-20090725-2.jpg
nrt-20090725-3.jpg
nrt-20090725-4.jpg
 青空でかつ視程がよく、夕焼けという感じにはならなかったものの、かなりきれいに飛行機や空港を撮ることができました。ただ、風が強くて、望遠での離着陸機のフォローを失敗するケースもままありました。

 7月26日(日)は、午前中から見事な夏空が広がりました。9:00頃から第一ターミナルでプッシュバック、タキシングをいくつか撮影した後、10:00開館の航空科学博物館に移動。13:00頃までそこの展望台から離陸機を撮影しました。

nrt-20090726-1.jpg
nrt-20090726-2.jpg
 青空に浮かぶ白い雲がとてもいい感じなんですが、昨日と同じく風が強い。おかげで失敗カットもそれなりにあって、かなり悔しい思いをしました。 午後は14:30頃から19:00頃まで、34Lエンドで引き続き離陸機を中心に撮影。

nrt-20090726-3.jpg
nrt-20090726-4.jpg
 午後は風はおさまったのですが、炎天下の30度を超える猛暑の中、かなり厳しい撮影になりました。またこの日は、先日のビデオ上映会にも来て下さった飛鳥山さんと偶然お会いしたため、初めて一緒に撮影をしました。あまりの猛暑で、一人だと気力が続かなかったかもしれないので、助かりました。

 7月26日(日)に撮影したうちの1カットをご紹介します(こちら)。ノースウエストのB747の離陸シーンです。撮影時刻は15:55、撮影場所は34Lエンドです。

空港の風景

 年末から年始にかけて、 成田と羽田に行ってきました。天気は良かったんですが、あえて飛行機ではなく、空港内をロケしてきました。管制塔、気象レーダー、ターミナルビル、出発・到着ロビー、航空会社のチェックインカウンター、電光掲示板、展望デッキそのもの、エプロン内で働くグランドスタッフの様子、カーゴエリア、整備場エリア、リムジンバスや空港内巡回バス、などなど。

narita-doom.jpg
成田空港のドップラーレーダー

 もともと、飛行機の離着陸の合間に、空港とその周辺の風景を撮るのはいつものことなのですが、空港そのものをターゲットにロケするというのは、今まであまりやったことがありませんでした。ですが、空港という場所は独特の雰囲気があるので、いざトライしてみると、これはこれでなかなか楽しいですね。なんでこんなことをしているかというと、「空港(と飛行機)」を題材にしたビデオ作品を作るのもおもしろいのではないかと、最近思いはじめたからで、そのための素材集めです。

 しかし、空港そのものの撮影は、警備の人に職務質問されてしまうので、まいりました。確かに、にぎやかなターミナルビルを離れて、三脚まで構えて、飛行機そっちのけで管制塔とか気象レーダーのドームとかを真剣に撮っていたりすると、怪しい雰囲気はありますよね。あえて、変にこそこそせずに堂々と撮りましたが、何度か職務質問を受けるはめになりました。「趣味で空港の風景を撮ってます」と答えると「止めてください」とまでは言われませんでしたが(苦笑)。

NCA B747-8F

 成田の航空科学博物館に行ったら、「空の日」のイベントで、NCA(Nippon Cargo Airlines Co., Ltd.)のブースがありました。(写真はクリックすると、拡大表示になります)


 NCAはB747-8Fを2009年秋から導入開始、最終的には14機も導入するそうです。


 写真の後ろのほうのB747-8Fのカットモデルですが、中にヘリコプターを積んでますね。すごいな。


 屋外では、コンテナやトーイングトラクターの展示も行われていました。

小雨の成田空港(8/23)

 8/23(土)の夕方、下の娘がオーストラリアに修学旅行(?)に行くというので、成田空港まで見送りに行きました。飛行機は、カンタスのメルボルン行き、20:30発。天気がよければついでに成田の夜景でも撮ろうかと思ったのですが、あいにくの小雨模様だったので、ビデオ撮影は断念。デジカメ写真のみ、申し訳程度に撮影しました。


 娘の乗る便は、第二ターミナルの81番スポットです。展望デッキにあがってみると、カンタスは何機かいましたが、81番スポットはターミナルビルの向こう側になってしまうので、娘の乗る飛行機は見えず。




考えてみると、成田には何度も来ているのですが、こんなにカンタスの機体を見るのは初めてです。改めて成田の出発便の時刻表を眺めると、カンタス便は夜に出発するんですね。成田での撮影は、いつも19:00頃には切り上げてしまうので、そのせいであまり見ることが無かったのでした。

 離陸を見届けようと、第一ターミナルに移動しようとしたら、第二ターミナルの到着ロビーになにやら人だかりが。報道陣も集まっています。


 なんだ、なんだと行ってみると、北京オリンピックで金メダルをとったソフトボールチームが帰国する場面に遭遇。金メダルを胸に下げた選手たちの笑顔を見ることができました。その後、第一ターミナルの展望デッキに移動。


 第一ターミナルの展望デッキには、NWAが何機か出発を待っていました。


 娘の乗ったカンタス機は、定刻を大幅に遅れて、21:00過ぎに離陸。その頃には、展望デッキも閉められてしまったので、ガラス越しの見送りになりました。

ホーム > 03 Report | > Narita

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top