Home > 03 Report | > Nagasaki

Nagasaki Archive

九州遠征 2日目(9月2日)

 遠征2日目の9月2日(金)。この日は、朝のうちに長崎から福岡に移動するつもりだったのですが、福岡は台風の影響で終日小雨+強風の予報。一方、長崎はやや雲は多いものの晴れています。福岡に行っても今日は満足のいく撮影はできないだろうと考えて、午前中は長崎に留まることにしました。

nagasaki-airport-map.jpg
長崎空港とその周辺の地図(※地図をクリックすると拡大表示になります)

 まずは、長崎空港と対岸とを結ぶ箕島大橋のすぐそばにある森園公園(D地点)へ。 ここからは、かなり距離はありますが、ランウェイ32への着陸機を撮影できます。

20110902-1.jpg
森園公園から見た長崎空港と箕島大橋

20110902-2.jpg
20110902-3.jpg
森園公園から見た着陸機

 次は、海上自衛隊大村航空基地(旧大村空港)のランウェイ36エンド(E地点)へ。 ここでは、プレジャーボートの停泊する港越しに長崎空港を望めるほか、自衛隊ヘリコプターの離着陸を撮影できます。

20110902-4.jpg
E地点から見た長崎空港

20110902-5.jpg
E地点から見た大村航空基地

20110902-6.jpg
大村航空基地に着陸するヘリコプター

20110902-7.jpg
大村航空基地から離陸するヘリコプター

 順光で撮影できる午前中が過ぎたところで、長崎での撮影を終了。12:00過ぎに福岡に向けて出発。高速道路を使って約2時間で福岡に到着しました。

fukuoka-map.jpg
福岡空港の地図(※地図をクリックすると拡大表示になります)

 福岡空港は九州最大の利用者数を誇る空港です。福岡の中心地天神から4㎞、博多駅から2㎞と近く、利便性に優れています。滑走路は長さが2,800m、方向は16/34です。

 福岡に到着した14:00頃は、空に低い雲が一面に広がり、たまに小雨がぱらつくというほぼ予報通りの状況。風向きは強い北風、使用滑走路は34です。最初の撮影ポイントにはランウェイ34エンド(A地点)を選択しました。

20110902-11.jpg
ランウェイ34エンドにある公園からみた滑走路方向

20110902-12.jpg
20110902-13.jpg
ランウェイ34への着陸機

 ランウェイ34エンドでは、近くの公園や道路の歩道での撮影が可能です。ただし、フェンス際の歩道は幅が狭く、三脚や脚立を立てると歩行者の邪魔になってしまうので自粛しました。従って、離陸機はフェンスが邪魔になって撮影不可、着陸機もタッチダウンの瞬間は撮影不可。もっぱら、アプローチしてくる着陸機の撮影となりました。福岡空港はトラフィックが多く、数分おきに着陸機が降りてくるので、退屈する時間はありません。

 34エンドで1時間ほど撮影した後、今度は空港外周東側、E12誘導路付近(B地点)に移動。ここは、ランウェイ34エンドに向かう離陸機を真正面から、あるいはランウェイ34への着陸機を撮影できる場所です。ここは、フェンスがかなり低くなっているところもあるのですが、離着陸機をフォローするには脚立が必要です。

20110902-14.jpg
E12誘導路付近(B地点)から見た、ランウェイ34エンドに向かう離陸機

20110902-15.jpg
E12誘導路付近(B地点)から見た離陸機

20110902-16.jpg
E12誘導路付近(B地点)から見た着陸機

 30分ほど撮影したところで、風雨が強くなってきました。仕方がないので、離着陸機の撮影は一旦中断。ターミナルビルの内外の撮影に切り替えました。

 福岡空港には、国内線第1、第2、第3、国際線の4つの旅客ターミナルビルがあります。国内線第1、第2、第3ターミナルは滑走路の東側(C地点)、国際線ターミナルは滑走路の西側(D地点)です。

20110902-21.jpg
国内線第1ターミナル

20110902-24.jpg
国内線第1ターミナルの送迎デッキ

20110902-25.jpg
国内線第1ターミナルの送迎デッキの上にある展望室

20110902-22.jpg
国内線第2ターミナル

20110902-26.jpg
国内線第2ターミナルの送迎デッキ

20110902-27.jpg
国内線第2ターミナルの送迎デッキの上にある展望室

20110902-23.jpg
国内線第3ターミナル

20110902-28.jpg
国際線ターミナル

20110902-29.jpg
国際線ターミナルの送迎デッキ

20110902-29-2.jpg
国際線ターミナルの3F

20110902-29-3.jpg
国際線ターミナルのそばに立っている気象レーダー

 送迎デッキは、そのうちの第1、第2、国際線に設けられています。ですが、第1ターミナルは完全な鳥かご状態、国際線ターミナルは汚れが目立つ全面ガラスで、いずれも撮影には適しませんでした。第2ターミナルは、ガラス越しに見る形ではありましたが、ガラスが比較的きれいで、それなりの撮影はできそうでした。なお、国内線第1、第2の送迎デッキの上には、屋内の展望室もあります。

 20:00頃に一時的に雨が上がったので、ランウェイ16エンドにある丘のような場所(E地点)に移動。ここでは、かなり背の高い三脚を使えば、脚立を使わなくても何とかフェンスの上から撮影が可能です。

20110902-31.jpg
20110902-32.jpg
20110902-33.jpg
E地点からの撮影例

 ここで1時間ほど夜景を撮影し、この日の撮影を終了しました。天候および時間の関係で、本来行きたかった撮影ポイントの多くに行けませんでした。今後の天候の回復に期待するしかありません。2日目は福岡空港の近くのビジネスホテルに宿泊。

九州遠征 1日目(9月1日)

 9月1日から6日にかけて、九州の空港(長崎、佐賀、福岡、熊本、宮崎、鹿児島)に遠征に行ってきましたので、その時の様子をレポートしたいと思います。この期間は、ちょうど紀伊半島を中心に大きな被害をもたらした台風12号が日本に接近・上陸した時期と重なっており、九州地方も場所により風雨が強まりました。そのため、事前に予定していた撮影スケジュールは、かなりの変更を余儀なくされました。

 遠征初日である9月1日(木)。AM6:20のSNA 031便で羽田を出発、8:15に長崎に着きました。この時点では長崎はまだ台風から遠く、天気は晴れで絶好の撮影日和でした。

20110901-1.jpg
長崎空港に到着したSNA 031便

 長崎空港は、大村湾に浮かぶ世界初の海上ジェット化空港です。海上自衛隊と共用していた旧大村空港の拡張が不可能だったため、湾内に浮かぶ箕島に民間機用の空港が新設されました。

nagasaki-airport-map.jpg

 上は、長崎空港周辺の地図です(※クリックすると拡大表示になります)。地図上の赤丸は、以下の説明に出てくる撮影ポイントです。

 長崎到着後、予約しておいたレンタカーを借りて、持参した大型三脚や脚立などを積み込んだ後、まずは定番であるターミナルビルの展望デッキ(A地点)に向かいました。

20110901-5.jpg
長崎空港のターミナルビル

20110901-2.jpg
長崎空港の展望デッキ

 長崎空港の展望デッキは、高いフェンスに所々カメラ用の穴が開いているタイプで、撮影環境としては良くありませんでした。特にフェンス際に三脚が立てづらいため、ビデオ撮影には不向き。プッシュバックやスポットインは何とか撮れますが、離着陸の撮影は困難でした。

20110901-3.jpg
20110901-4.jpg
展望デッキからの撮影例

 次は、長崎空港から出ている連絡船の船着場(B地点)に移動しました。

20110901-6.jpg
連絡船の船着場

20110901-7.jpg
出港する連絡船

20110901-8.jpg
船着場から見たランウェイ32エンド方向

20110901-9.jpg
20110901-10.jpg
20110901-11.jpg
船着場での撮影例

 長崎空港の滑走路(長さ3,000m)の向きは14/32。船着場はランウェイ32エンドに近く、海からのアプローチ機や、滑走を開始する離陸機が撮れます。残念ながら、14エンド方向は空港施設が障害物になってしまい、見えません。この日は幸いなことに北寄りの風で、使用滑走路は32とベストコンディションでした。

 船着き場でしばらく撮影したところで、時刻は正午を回り、逆光になってきました。海上空港とあって、撮影可能な場所はかなり限られてしまい、しかも日中、順光で撮影できるのは午前中のみ。午後、順光で撮影できる場所がありません。そこで、午後は佐賀空港に車で移動することにしました。

 佐賀空港(愛称:有明佐賀空港)は、JR佐賀駅の南約13km、有明海沿岸の干拓地にあります。定期便は、ANAの東京便が1日4往復しかありません。夕方には長崎空港に戻ってきたいので、撮影可能なのは14:20着、14:55発の1機のみ。

 佐賀空港の滑走路は、長さ2,000m、方向は11/29です。ターミナルビルは滑走路の北側にあり、撮影しやすい展望デッキもありますが終日逆光。なので、離着陸機の撮影には滑走路の南側に行くのがベストです。

isaga-airport-map.jpg
 上は、佐賀空港の地図です。

 撮影ポイントに選んだ、滑走路をはさんだターミナルビルの反対側(A地点)は、フェンスが高く、脚立なしでは撮影は不可能。最大高2.5mの大型三脚と脚立を使って、フェンスをクリアしました。

20110901-12.jpg
20110901-13.jpg
20110901-14.jpg
A地点での撮影例

 14:55のANA便の離陸後は、ターミナルビルの内外を手早く撮影(B地点)。

20110901-15.jpg
佐賀空港のターミナルビル

20110901-21.jpg
佐賀空港の展望デッキ

 佐賀空港のターミナルビルはとても立派な建物で、1日4便にしか使われないというのは、何とももったいなく思われました。

 その後は、日没に間に合うように再び長崎空港へ。長崎空港を訪れた最大の目的は、夕日をバックにした海上空港の絵を撮ることだといっても過言ではありません。そのためにはきれいな夕日が見えなければなりませんが、この日、天は我に味方をしてくれました。

20110901-16.jpg
長崎空港のバックに沈む夕日

 撮影ポイントは、空港の対岸をやや南の方に行ったところにある漁港(C地点)です。ここでは日が暮れて暗くなるまで撮影。

20110901-17.jpg
20110901-18.jpg
20110901-19.jpg
20110901-20.jpg
C地点での撮影例

 その後は、長崎空港の近くにあるビジネスホテルに宿泊しました。

ホーム > 03 Report | > Nagasaki

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top