Home > 03 Report | > Kansai

Kansai Archive

伊丹・関空遠征(5月3日~6日)

 既に以前の記事で、いくつか撮影したカットをご紹介しましたが、5月3日~6日、ゴールデンウィーク後半の4連休を使って伊丹・関空へ遠征しました。しばらく、伊丹・関空での本格的な撮影から遠ざかっていたということもありますが、遠征した理由は他にも二つありました。一つは、所沢航空発祥記念館向けの新作(「ANAグループの翼たち」)用にPeachの映像が欲しかったため、もう一つは海外のとあるところからの依頼で、どうしても伊丹・関空の直近の映像(JALの新鶴丸塗装機やANAの787)が欲しかったためです。いずれについても、一定の水準以上の映像を確実に撮りたかったので、天候や機材変更など自分ではコントロールできない要因での失敗を避けるために、余裕を持った日程で臨みたい。となると4連休のこのタイミングしかありませんでした。私は通常であれば、混雑が予想されるゴールデンウィーク中の遠征は避けるのですが、今回に限っては決行しました。

 遠征前半の5月3日、4日は伊丹空港で撮影。撮影場所は、ターミナルビルの展望デッキ、エアフロントオアシス下河原、ランウェイ14Rエンド、伊丹スカイパーク、スカイランドHARADA、千里川土手など。

itm-201205-s5.jpg
itm-201205-s1.jpg
itm-201205-s2.jpg
itm-201205-s4.jpg
伊丹空港で撮影したカットから

 天候は晴れたり曇ったり雨が降ったりとかなり不安定でしたが、この変化に富んだ状況は、撮影をする上ではむしろ好ましいものでした。連休中とあって、どこも家族連れでとても賑わっており、子供たちの歓声が飛び交っていました。

 遠征後半の5月5日、6日は関西空港で撮影。ターミナルビル内を短時間撮影した以外は、ほとんどの時間を展望ホール「スカイビュー」で過ごしました。関空は人工島に作られた海上空港で、空港島内だと展望ホール以外のよい撮影場所があまりありません。5日は朝から一日中、概ね青空。使用滑走路は早朝が06L/R、それ以外は24L/R。6日は、午前中は曇り一時雨でしたが、午後は青空に。使用滑走路は早朝・日中の一部と夕方以降のみ06L/R、その他は24L/Rでした。

kix-201205-s6.jpg
kix-201205-s5.jpg
kix-201205-s1.jpg
kix-201205-s2.jpg
kix-201205-s3.jpg
kix-201205-s4.jpg
関西空港で撮影したカットから

 24Lエンド付近にある展望ホールでの撮影では、基本的には青空かつ24L/Rというのが望ましいので、この条件の時間帯が長かったのはとてもラッキーでした。また、ここでも一時雨が降ったり06L/Rになったりと適度な変化がつき、撮影においては理想的ともいえる状況でした。展望ホールは、特に朝から天気が良かった5日はすごい人出で、家族連れやカップルだけでなく、写真撮影に来たマニア層もたくさんいました。

 今回は撮影日程が選べない遠征で、天候や風向きは完全に運任せだったので、4日のうち2日ぐらい好条件で撮れればいいと思って行ったのですが、結果的には4日間全て、朝から晩まで、ほとんど休憩も無しに(笑)撮影していました。さすがにハードな遠征でしたが、コストパフォーマンスはかなり高い遠征となりました。
(※写真はいずれもビデオからのキャプチャ。クリックすると拡大表示になります。)

伊丹・関空遠征の成果から(3)

 ゴールデンウィーク後半の5月3日~6日、伊丹空港・関西空港に遠征しました。前回の記事に引き続き、関西空港での成果を、小型機の中からいくつかご紹介します。

kix-201205-7.jpg
Starflyer A320

kix-201205-8.jpg
Shandong Airlines 737-800

kix-201205-9.jpg
China Eastern 737-700

kix-201205-10.jpg
Shenzhen Airlines 737-800

kix-201205-11.jpg
Shanghai Airlines 737-800

kix-201205-12.jpg
Air Busan 737-400

kix-201205-13.jpg
Eastar Jet 737-700

kix-201205-14.jpg
Jetstar A320

kix-201205-15.jpg
Air Macau A321

kix-201205-16.jpg
Jeju Air 737-800

kix-201205-18.jpg
Peach A320

 今回の遠征で、初めてPeachを撮影することができました。
(※写真はいずれもビデオからのキャプチャ。クリックすると拡大表示になります。)

伊丹・関空遠征の成果から(2)

 ゴールデンウィーク後半の5月3日~6日、伊丹空港・関西空港に遠征しました。前回の記事に引き続き、関西空港での成果を、大型機の中からいくつかご紹介します。

kix-201205-1.jpg
United Parcel Service 747-400F

kix-201205-2.jpg
Lufthansa 747-400

kix-201205-3.jpg
Air India 777-300ER

kix-201205-4.jpg
Qatar 777-300ER

kix-201205-5.jpg
Emirates 777-300ER

kix-201205-6.jpg
Cathay Pacific 747-400
(※写真はいずれもビデオからのキャプチャ。クリックすると拡大表示になります。)

関空遠征の成果(旅客機以外)

 関西空港の展望ホール「スカイビュー」のすぐ近くには、海上保安庁の格納庫やぺリポートがあります。そのため、普段はなかなかお目にかかれないものを間近に見ることができました。

kix-jcg-01.jpg
kix-jcg-02.jpg
kix-jcg-03.jpg

 写真の1枚目、2枚目は海上保安庁、3枚目は大阪府警の所属機です。

関西空港遠征(2009)-まとめ

 下は、今回の関空遠征で撮影したポイントの地図です。(クリックすると拡大表示になります)

kix-map.jpg
 撮影は、スカイビュー(A地点)、ターミナルビル4階の外の歩道の左右両端(B地点・C地点)、国内線待合室(D地点)の4ヶ所で行いました。対岸を除けば、これらが関空の主要な撮影ポイントのようです。関空は海上空港なので、撮影ポイントに関してはかなり限られてしまいます。

 撮影場所として最も有名かつ適しているのは、展望ホール「スカイビュー」です。

kix-2009-summary-1.jpg
 ここは空港のターミナルビルからバスで10分ほど(料金100円)のところにあります。入館自体は無料で、開館時間は8:00から22:00までとなっています。4階・5階部分に展望フロアがあり、さえぎるものがない状態で関西空港を見渡すことができます。

kix-2009-summary-2.jpg
kix-2009-summary-3.jpg
 スカイビューから見る関西空港は、海に囲まれていて、対岸や特徴的なターミナルビルも含め景色として美しく、とても絵になる空港です。

kix-2009-summary-4.jpg
kix-2009-summary-5.jpg
kix-2009-summary-6.jpg
 また、夕暮れから夜にかけては、空港の照明がとてもきれいで、一度は見てみる価値があると思います。

 A~D地点は、いずれもA滑走路またはその周辺のための撮影ポイントです。B滑走路の撮影に適した撮影ポイントは、残念ながら見つかりませんでした。

kix-2009-summary-18.jpg
kix-2009-summary-19.jpg
 上の写真は、空港の駐車場の屋上からB滑走路を撮影したものですが、かなり距離があります。

 次に、4日間の天気、風向きと撮影場所です。
  ・8月25日(火)
     午後 晴れ 北風→南風 スカイビュー    
  ・8月26日(水)
     午前 曇り 北風 スカイビュー 
     午後 曇り 北風 ターミナルビル内→スカイビュー
  ・8月27日(木)
     午前 曇りときどき晴れ 北風 スカイビュー 
     午後 晴れ 南風 スカイビュー
  ・8月28日(金)
     午前 晴れ 南風 ターミナルビル4階歩道左右両端→スカイビュー
     午後 晴れ 南風 国内線待合室

 遠征中、天気予報では曇りの日が多かったにもかかわらず、実際には思ったよりも天候に恵まれて、かなり満足のいく撮影ができました。風向きに関しても、北風・南風でのシーンがバランスよく撮れて、とてもラッキーでした。

 関空滞在中は、遠征の元を取ろうと朝早くから夜遅くまで、昼食・夕食の時間も惜しんで撮影に没頭したため、かなりハードでした。私が現在使っているSONYのXR520Vというビデオカメラは暗さに強く、夜でもそれなりに撮影が出来てしまいます。

kix-2009-summary-7.jpg
kix-2009-summary-8.jpg
 そのため撮影時間がついつい長時間になりやすく、体力的にハードな撮影が増えました。手持ちのバッテリーは、6時間撮影可能な大容量タイプ2本と90分撮影可能な小型のタイプ1本なのですが、早朝から撮り始めると夜にはバッテリーが足りなくなるという事態も起きるようになりました。

kix-2009-summary-9.jpg
kix-2009-summary-10.jpg
kix-2009-summary-11.jpg
kix-2009-summary-12.jpg
 関空では、成田では私は見たことがなかった航空会社の機体、エミレーツ航空、カタール航空、セブパシフィック航空、山東航空などを撮影でき、とても新鮮でした(上の写真参照)。

kix-2009-summary-13-2.jpg
kix-2009-summary-14.jpg
kix-2009-summary-15.jpg
 また、アジア系の航空会社、上海航空、チェジュ航空、深セン航空の赤やオレンジのカラフルな機体が、目を楽しませてくれました(上の写真参照)。

kix-2009-summary-16.jpg
kix-2009-summary-17.jpg
 JALやANAではB767やB737の中・小型機がほとんどで、B747やB777といった大型機が目立つ羽田や成田との違いを感じました。

関西空港遠征(2009)-4

 遠征4日目の8月28日(金)、天気予報では曇りのち雨というかなり最悪な状況でしたが、天は我に味方をしてくれました。

 初日から3日目まで、スカイビューでの撮影を行ったので、最終日はその他の撮影ポイントにもトライ。午前中は、ターミナルビルの4階の左右の端から、スポットイン・プッシュバックする機体を狙うことにします。スカイビューからだと、そこはターミナルビルの裏側になって見えません。撮影できるスポットが限られるため、ホテル出発前、関空の公式サイトで出発機・到着機の時間とスポットを調べて、左右の移動時間を含めた撮影プランを作り、撮影に臨みました。

 7:00頃にターミナルビル4階に到着。

kix-20090828-1.jpg
 予報に反して、どんどん青空が広がっていき、とても好ましい状況に。

kix-20090828-2.jpg
kix-20090828-3.jpg
kix-20090828-4.jpg
kix-20090828-5.jpg
 ここでは10:30頃まで撮影を行いましたが、到着時間がずれ込んだ一部の便を撮り逃したものの、概ね予定通りに撮影は完了。

 次は離陸機のラッシュに合わせてスカイビューに移動。11:00頃に到着したときには、空は完全な青空になっていました。

kix-20090828-6.jpg
 風向きは南風です。これは午前中としては今回の遠征で初めてです。

kix-20090828-16.jpg
 運行スケジュールの関係で2日目、3日目には撮れなかった機体を撮るのが本来の目的だったのですが、

kix-20090828-7.jpg
kix-20090828-8.jpg
南風のパターンで午前中の離陸機を撮ることまでできて、ますますラッキーでした。ここでは、13:00頃で撮影を終了。

 最後の撮影ポイントは、飛行機に乗るときにしか入ることのできない国内線の待合室です。関空は海上空港なので、撮影ポイントが限られてしまいます。撮影のバリエーションを増やす意味では、ここも重要な撮影ポイントです。今日の帰りの便は夜、19:30発のスターフライヤーですが、大幅に早くチェックインを済ませて、搭乗口付近のガラス越しに撮影を行うことにします。

 14:30頃には、待合室に到着。

kix-20090828-14.jpg
 待合室の正面にはA滑走路やその先の海、対岸の景色が広がっています。天気が良いおかげでとても素晴らしい眺めです。

 まずは分解しておいた、小型の三脚の組み立てです。最近、飛行機に乗る際には、通常使う大型の三脚(これは飛行機に乗る際には手荷物として預けるしかない)とは別に、機内持ち込み可能な小型の三脚を一緒に持っていくことにしています。これがあれば、待合室でも三脚を使ったビデオ撮影ができるからです。もちろんガラス越しなので音は録れませんが、普段は見れないアングル、近づけない距離の飛行機を撮影できるチャンスです。

 次に三脚のセッティング場所を決めますが、これにはかなり苦労しました。

kix-20090828-15.jpg
 関空の待合室のガラスは比較的きれいなんですが、上に向かってカーブしているため場所によっては内部の照明などが映り込んでしまいます。また、ガラスの手前には手すりがあって、ガラスから少し離れた場所に三脚を立てるしかありません。ガラスが垂直で、ビデオカメラのレンズをガラスのそばに近づけることができれば映り込みを避けることができるのですが、ここではそれもできません。しかたがないので、少しでも映り込みしにくい場所を探して、カメラをセッティングしました。

 15:00過ぎに、スターフライヤーがスポットイン。これは私が乗る予定の便の1便前です。

kix-20090828-9.jpg
 青空や海、滑走路の緑の芝生をバックにした黒い機体の美しさは最高でした。実は、早めにチェックインした最大の理由は、これが撮りたかったからだといっても過言ではありません。関空はボーディングブリッジが短く、待合室から機体までの距離が近いところも魅力です。

 こちらにアップした動画は、このようにして撮影したものです。ガラス越しなので、音はアフレコで入れる必要がありますが、このようなカットが撮れるチャンスは貴重です。

 もちろん、その他にもさまざまな機種のタキシングシーンを撮影することができました。

kix-20090828-10.jpg
kix-20090828-11.jpg
kix-20090828-12.jpg
 地上からとまではいきませんが、待合室は2階にあるので、比較的低い位置からの撮影となるのがうれしい。

 19:00過ぎ、私が乗る便のスターフライヤーのスポットインを撮影。

kix-20090828-13.jpg
 これをもって、関空遠征での撮影は全て終了となりました。なお、夜はガラスの映り込みが激しくなるため、待合室からのガラス越しの撮影は事実上不可能であるのは残念なところです。

関西空港遠征(2009)-3

 遠征3日目の8月27日(木)、天気予報では午前中は晴れ、午後は曇りですが、昨日が一日中曇り空だっただけに、今日は青空の時間が少しでも長いことを期待したいところ。

 朝の8:00過ぎにスカイビューに到着。天気は最初のうちはうす曇りでしたが、しだいに青空も見えるようになりました。風向きは北風です。関空は午前中、10:00から12:00頃が離陸機のラッシュです。

kix-20090827-1.jpg
kix-20090827-2.jpg
kix-20090827-3.jpg
 昨日(遠征2日目)に比べれば、日も差すことも多く、撮影環境は良くなりました。

 午後は初日と同じく南風に変わり、ランウェイチェンジ。

kix-20090827-4.jpg
kix-20090827-5.jpg
 関空は午前中が北風、午後が南風というパターンが多いのでしょうか?

 夕暮れに近づくにつれて、天気はしだいに良くなってきました。

kix-20090827-6.jpg
kix-20090827-7.jpg
kix-20090827-8.jpg
kix-20090827-9.jpg
 この日の夕暮れは、初日や2日目とはまた違った美しさを見せてくれました。

 撮影も3日目で、連日の長時間撮影の疲れで気力を保つのもなかなか厳しくなってきました。初日、2日目と夜景の撮影にはかなり時間を割いていたこともあって、本日は19:30で撮影を終了。少し早めにホテルに戻り、チェックアウトの準備をすることにしました。明日は遠征最終日です。

関西空港遠征(2009)-2

 遠征2日目の8月26日(水)、天気予報では1日中曇りです。予報がはずれることを祈って、スカイビューの開館時間の8:00に合わせてホテルを出発しました。

 スカイビューに着くと、今日の風向きも、昨日の最初と同じ北風です。着いてしばらくの間は、雲が多いながらも少しは晴れ間ものぞいたりしたので期待したのですが、

kix-20090826-1.jpg
時間がたつにつれてどんよりとした曇り空に。

kix-20090826-2.jpg
 この空では、飛行機の写りもぱっとしません。それでも午前中はスカイビューで撮影を続けたのですが、あまりテンションは上がらず。

 天気がよくない日もあるということは折込み済みなので、午後は方針を変更して、関空のターミナルビルの中を撮影することにしました。今回の遠征では、飛行機のほかに空港の施設もできるだけ撮影するつもりでした。こういうぱっとしない天気の日でないと、飛行機の方が気になって、なかなかターミナルビルの中の撮影はできません。

 まずは、国際線の出発ロビーがある4階に行きました。

kix-20090826-3.jpg
kix-20090826-4.jpg
 国際線出発ロビーは、カーブを描く高い天井が開放的な空間を作り出しています。

kix-20090826-5.jpg
 3階は、レストランや土産物店がならぶフロアです。

kix-20090826-6.jpg
kix-20090826-7.jpg
 2階は、国内線の出発・到着ロビーです。

kix-20090826-9.jpg
 1階は国際線の到着ロビーです。

kix-20090826-10.jpg
 国際線の到着ロビーの上には、高い吹き抜けの空間が広がっています。

kix-20090826-8.jpg
 空港に隣接する関西空港駅にも行ってみました。関西空港駅には、JRと南海電鉄が乗り入れており、鉄道でのアクセスは良好です。
 
 そうこうするうちに夕方になったので、もう一度、スカイビューに戻ることにしました。

kix-20090826-11.jpg
 夜景に関しては曇り空でもあまり関係がないからですが、期待していなかったにもかかわらず、夕暮れ時の空は昨日とはまた違ったよい雰囲気になりました。昨晩は南風でしたが、今晩は北風の時の夜景を撮影することができました。

kix-20090826-12.jpg
 夜の関空は、特にターミナルビル周辺の照明がかなり明るく、私が使っているSONYのXR520Vというビデオカメラだと、LOW LUXモード(高感度モード)にしてもあまりノイズが出ないことを発見しました。おかげで撮影時間は昨日よりもさらに延び、21:00過ぎまで撮影しました。

関西空港遠征(2009)-1

(注:掲載写真は、ビデオからのキャプチャです。クリックすると拡大表示になります)

 8月25日から28日にかけての4日間、夏休みを利用して関西空港に遠征に行って来ました。

 なぜ関空かという理由について。日本の大規模空港の代表格は、新千歳・成田・羽田・セントレア・関西・伊丹といったところでしょうか。そのうち、セントレアは撮影未体験なんですが、ビデオ撮影には厳しい環境(※)。ということで、今回はその他の空港の中から、今まで最も撮影機会が少なかった関空を選んでみました。

(※)セントレアは海上空港で、空港外周では撮影ができない。ターミナルビルには展望デッキがあるが、フェンスにワイヤーがはられている。ビデオの撮影は、カメラを動かすのにワイヤーがじゃまになり難しい。

 関空は以前、他の用事のついでにトライしたことはあったものの、時間的な制約や天候に今ひとつ恵まれなかったこともあり、十分な成果をあげることができませんでした。今回、スケジュールとして4日間確保したのは、4日間あれば1日ないし2日は天気の良い日があるだろう、また北風・南風の両方を期待できるだろうと考えてのことです。

 遠征初日の8月25日(火)、羽田10:05発、関空11:20着のスターフライヤーで関空入りしました。

kix-20090825-1.jpg
 羽田空港の沖スポットからスターフライヤーに搭乗。

kix-20090825-2.jpg
 こちらは、飛行中の窓からの眺めです。

 スターフライヤーは料金がリーズナブルというのもありますが、あの黒い機体とシックな内装、やや広めのシートがとても気に入っているので、私的には関空へ行くのならスターフライヤーしかありません。

 初日の関空の天気は、適度に白い雲が浮かぶ青空。さっそく、関空の撮影ポイントの定番である展望ホール「スカイビュー」に向かいました。

kix-20090825-3.jpg
 スカイビューは、関空のA滑走路、24Lエンドにある5階建ての関空見学者用の施設です。4階・5階部分に展望デッキがあり、正面にはA滑走路やターミナルビル全体を一望できます。

kix-20090825-4.jpg
 左手には連絡橋や、対岸のりんくうタウンが見えます。

kix-20090825-5.jpg
 スカイビューに着いたのは13:00過ぎ。風向きは北風でやや強めです。A滑走路からは離陸機がこちらに向かって舞い上がっていきます。素晴らしい夏空で、初日から天候は申し分ないのですが、暑さは厳しい。熱中症にならないように水分補給をしつつ撮影しました。

kix-20090825-6.jpg
 その後、14:30頃には風向きが変わり、ランウェイチェンジ。今度は着陸機が海や連絡橋をバックに舞い降りてきて、とても関空らしいシーンが展開するようになりました。

kix-20090825-10.jpg
 南風だと、離陸機は今度は手前から滑走を開始します。

 18:00頃からは、次第にナイトシーンに変わっていきます。

kix-20090825-7.jpg
kix-20090825-8.jpg
 夕暮れの空の下、滑走路やターミナルビルに照明が灯り、とても魅惑的な光景が広がります。この美しさは一見の価値があります。

kix-20090825-9.jpg
 日が完全に落ちると、このような感じになります。関空の夜景の美しさに魅了されて、ついつい撮影時間が長引いてしまいました。撮影を切り上げてスカイビューを後にしたのは、既に20:30を回っていました。遠征初日の撮影は、ここで終了です。

 今回の宿は、対岸のJR日根野駅そばにある関空日根野ステーションホテルにしました。関空から比較的近く、関空への無料送迎バス(所要時間は20分程度)があり、料金もシングルルーム1泊6,000円とそれほど高くありません。

関西空港遠征(2008/03)

 3/29(土)、以前から訪れたいと思っていた関西空港での撮影にトライしました。(写真をクリックすると拡大表示できます)

 天候は概ね晴れで、春先のため青空の抜けはいま一つでしたが、まあまあのコンディションでした。撮影は基本的に展望ホール「Sky View」で行いましたが、3/29(土)の10:00~11:00だけは「関空2期空港島現場見学ツアー」に参加してみました。


「関空2期空港島現場見学ツアー」ホームページ
http://www.kald.co.jp/tour/japanese/012.html

 関西空港では2007年8月2日から第2滑走路の運用が開始されていますが、2期空港島自体はまだまだ工事が続いています。このツアーは、バスおよび船を使った1時間ほどの無料見学ツアーで、2期空港島の護岸や工事現場、第2滑走路の様子などを間近に見ることができます。見学場所は、通常立ち入ることができない制限区域内です。ツアーは原則、毎月、隔週の火曜、木曜、土曜、日曜で、1日4回(10:00、11:30、13:30、15:00)行われています。参加には、事前予約が必要です。

 私が参加したのは、午前10:00の回です。女性のガイドさんに連れられて、バスに乗り込むところからツアーは始まりました。

 最初の見学場所は、2期空港島の護岸です。グラスボートに乗って、護岸の海中の様子を見るというものです。



 2番目の見学場所は、アンダーパスと呼ばれる通路部分の工事現場および工事車両です。


 最後の見学場所は、第2滑走路わきに設置された展望台です。


 運が良ければ、第2滑走路を離発着する飛行機を間近で撮影することができます。展望台の位置からは、午前中が順光となります。午前10:00の回を選んだ理由はそこにあります。見学時間は10分ほどしかないので、セッティングに時間がかかるビデオは断念し、デジカメだけを持って展望台に上がりました。今回は、幸運にも着陸機を3機、撮影することができました。







 帰りは、関西空港から羽田まで、スターフライヤーを初めて利用しました。下の写真は、羽田到着時に撮影したものです。





ホーム > 03 Report | > Kansai

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top