Home > 03 Report | > Itami

Itami Archive

伊丹・関空遠征(5月3日~6日)

 既に以前の記事で、いくつか撮影したカットをご紹介しましたが、5月3日~6日、ゴールデンウィーク後半の4連休を使って伊丹・関空へ遠征しました。しばらく、伊丹・関空での本格的な撮影から遠ざかっていたということもありますが、遠征した理由は他にも二つありました。一つは、所沢航空発祥記念館向けの新作(「ANAグループの翼たち」)用にPeachの映像が欲しかったため、もう一つは海外のとあるところからの依頼で、どうしても伊丹・関空の直近の映像(JALの新鶴丸塗装機やANAの787)が欲しかったためです。いずれについても、一定の水準以上の映像を確実に撮りたかったので、天候や機材変更など自分ではコントロールできない要因での失敗を避けるために、余裕を持った日程で臨みたい。となると4連休のこのタイミングしかありませんでした。私は通常であれば、混雑が予想されるゴールデンウィーク中の遠征は避けるのですが、今回に限っては決行しました。

 遠征前半の5月3日、4日は伊丹空港で撮影。撮影場所は、ターミナルビルの展望デッキ、エアフロントオアシス下河原、ランウェイ14Rエンド、伊丹スカイパーク、スカイランドHARADA、千里川土手など。

itm-201205-s5.jpg
itm-201205-s1.jpg
itm-201205-s2.jpg
itm-201205-s4.jpg
伊丹空港で撮影したカットから

 天候は晴れたり曇ったり雨が降ったりとかなり不安定でしたが、この変化に富んだ状況は、撮影をする上ではむしろ好ましいものでした。連休中とあって、どこも家族連れでとても賑わっており、子供たちの歓声が飛び交っていました。

 遠征後半の5月5日、6日は関西空港で撮影。ターミナルビル内を短時間撮影した以外は、ほとんどの時間を展望ホール「スカイビュー」で過ごしました。関空は人工島に作られた海上空港で、空港島内だと展望ホール以外のよい撮影場所があまりありません。5日は朝から一日中、概ね青空。使用滑走路は早朝が06L/R、それ以外は24L/R。6日は、午前中は曇り一時雨でしたが、午後は青空に。使用滑走路は早朝・日中の一部と夕方以降のみ06L/R、その他は24L/Rでした。

kix-201205-s6.jpg
kix-201205-s5.jpg
kix-201205-s1.jpg
kix-201205-s2.jpg
kix-201205-s3.jpg
kix-201205-s4.jpg
関西空港で撮影したカットから

 24Lエンド付近にある展望ホールでの撮影では、基本的には青空かつ24L/Rというのが望ましいので、この条件の時間帯が長かったのはとてもラッキーでした。また、ここでも一時雨が降ったり06L/Rになったりと適度な変化がつき、撮影においては理想的ともいえる状況でした。展望ホールは、特に朝から天気が良かった5日はすごい人出で、家族連れやカップルだけでなく、写真撮影に来たマニア層もたくさんいました。

 今回は撮影日程が選べない遠征で、天候や風向きは完全に運任せだったので、4日のうち2日ぐらい好条件で撮れればいいと思って行ったのですが、結果的には4日間全て、朝から晩まで、ほとんど休憩も無しに(笑)撮影していました。さすがにハードな遠征でしたが、コストパフォーマンスはかなり高い遠征となりました。
(※写真はいずれもビデオからのキャプチャ。クリックすると拡大表示になります。)

伊丹・関空遠征の成果から(1)

 ゴールデンウィーク後半の5月3日~6日、伊丹空港・関西空港に遠征しました。まだ、撮影したカットの整理が全然できていないのですが、その中から伊丹空港での成果をいくつかご紹介します。

itm-201205-1.jpg
JAL 777-200 “Samantha Thavasa”

itm-201205-2.jpg
JAL 777-300 “Hellosmile JET”

itm-201205-3.jpg
ANA 787-8 (Special Painting)

itm-201205-4.jpg
ANA 787-8

itm-201205-6.jpg
JAL 777-200 “TOKYO SKY TREE”
(※写真はいずれもビデオからのキャプチャ。クリックすると拡大表示になります。)

神戸空港・伊丹空港遠征(10月23日)

 前回の記事でご紹介した動画ですが、実は、神戸空港で撮影したものでした。10月23日(日)、神戸空港と伊丹空港に遠征を行ったので、その時の様子をご紹介します。

 この前の週末、10月22日(土)、23日(日)は、事前の予報では日本全国どこも概ね雨や曇りだったので、自宅で今まで撮影したカットの整理をしようと思っていたのですが、10月22日(土)の夕方に翌日(23日(日))の予報を確認すると、関西方面が晴れマークになっていました。

 関空に787を撮りに行こうか。一瞬、そう思ったのですが、予報では風向きが微妙で使用滑走路が24Lになるかどうかは自信が持てず。どうせ関空に行くなら、24Lの確度の高い時にしたいということで、今回はパス(もっとも、実際には24Lになったようですが・・)。

 私の遠征候補先で関西方面というと、伊丹や関空のリトライに加えて、神戸空港がリストアップされていました。神戸空港は、神戸市の中心部三宮の南8km、ポートアイランド沖南側の人工島に建設された空港です。開港は2006年2月で、愛称は「マリンエア」。神戸空港にはまだ行ったことがなかったのですが、それには理由がありました。神戸空港は海上空港で、滑走路は東西の向き(09/27)に設置されています。撮影ポイントとしてはターミナルビルの展望デッキぐらいしかない、展望デッキには高いフェンスがあって小さなカメラ穴からしか撮影できない、しかもターミナルビルは滑走路の北側にあるので、終日逆光。事前情報ではあまり良い成果が期待できそうになかったため、遠征の優先順位が低くなっていたからです。

 ただ、直近の神戸空港の状況を改めて調べてみると、ANAの他にスカイマークが就航していてそれなりにトラフィックがあり、また、空港の西の端に興味深い施設ができたとのこと。一度行ってみるのもおもしろそうだ、行ってみて今一つなら伊丹に移動しようと考えて、神戸に入り伊丹から帰るという遠征プランにしました。22日の夜に、翌日の飛行機とレンタカーを予約。東京から神戸や大阪に行く場合、飛行機は新幹線と競合するので、前日に予約しても運賃は新幹線とさほど変わらないのがありがたいところ。

 10月24日(日)、ANAで朝6:25に羽田を出発。神戸には7:40頃に到着しました。羽田を離陸後、いつまでたっても雲で地上が見えない状態。これはまずいのでは、といやな感じがしていたところ、神戸空港への着陸間際になって急に雲が消えて一面に青い海が見えてきました(!)。下は空港周辺の地図で、クリックすると拡大表示になります。赤字でA、Bとあるのは、実際に撮影を行ったポイントです。

kobe-map.jpg
神戸空港の地図

 空の様子は刻々と変化するので、飛行機を降りた後、レンタカーを借りるのは後回しにして、まずはターミナルビル屋上にある展望デッキ(A地点)へ。

ukb-20111023-00-1.jpg
神戸空港の展望デッキ(一段高いところにある、展望レストランの入り口からの眺め)

ukb-20111023-00-2.jpg
神戸空港の展望デッキのフェンスの様子

 朝早いこともあって、人はほとんどいません。空には見事な青空が広がっていますが、エプロンや滑走路は濡れていて、雨上がりであることを示しています。展望デッキのフェンスの撮りにくさは事前情報通り。ただ、滑走路に向かって右の方に、一段高い所があります。階段を上っていくと、展望レストラン(お寿司屋さん)の入り口。ここからだと、フェンスの上から神戸空港を一望することができます。展望レストランの開店は午前11時なので、朝早い時間であれば撮影していても特に邪魔にはなりません。

ukb-20111023-01.jpg
ANA 767のプッシュバック

ukb-20111023-02.jpg
ランウェイ27に向かうANAの767

ukb-20111023-03.jpg
ANA A320のプッシュバック

ukb-20111023-04.jpg
ランウェイ27で離陸するANAのA320

 風向きは弱い西風で、離陸機はランウェイ27を使用。確かに逆光なんですが、逆光には逆光なりの良さもあったりするので、これはこれで楽しめます。
ukb-20111023-05.jpg
ukb-20111023-06.jpg
ukb-20111023-07.jpg
ランウェイ09に着陸したSKYMARKの737

 神戸空港では、着陸には09を使うことが多いようです。

 しばらくすると、雲が増えて、太陽の光が遮られてしまいました。離着陸の切れ目になったので、レンタカーを借りて、今度は空港島の西の端(B地点)に移動。10:00過ぎに到着しました。

ukb-20111023-11.jpg
ukb-20111023-12-2.jpg
空港島の西の端にある人工の入江の周辺

 ここには人工の入江と「ラヴィマーナ神戸」という結構式場があり、海外のリゾート地のような雰囲気。着いた時は雲り空だったのですが、しばらくするとまた青空が広がってくれました。

ukb-20111023-14.jpg
スカイマークの737の離陸シーン(動画はこちら

 ヤシの木や南国風の建物の背後から離陸するスカイマークの737。

ukb-20111023-13.jpg
空港島の西の端にある堤防の上

ukb-20111023-15.jpg
ランウェイ09の進入灯

ukb-20111023-16.jpg
明石海峡大橋

ukb-20111023-17.jpg
ランウェイ09に着陸するスカイマークの737

 堤防の上には高いフェンスがあるので、09へのアプローチ機をまともに撮影するには、3~4段の脚立が必要です。今回は、不覚にも脚立は持ってきていませんでした(残念・・)。

 空は晴れたり曇ったりを繰り返していました。12:00を過ぎると、着陸機もランウェイ27を使うことが多くなりました。ここは晴れた時の風景がとても美しいので、晴れているタイミングで離着陸機を撮ろうとついつい長居をしてしまいました。13:00頃、ここでの撮影を切り上げて車に戻り、再度ターミナルビルへ。

ukb-20111023-21.jpg
神戸空港の管制塔

ukb-20111023-22.jpg
神戸空港のターミナルビルに隣接するポートライナーの駅

ukb-20111023-23.jpg
神戸空港のターミナルビルの入口

ukb-20111023-24.jpg
神戸空港ターミナルビル2F 出発ロビー

ukb-20111023-25.jpg
ukb-20111023-26.jpg
ukb-20111023-27.jpg
神戸空港ターミナルビル3Fからガラス越しに撮ったSKYMARK 737のプッシュバック

 最後に管制塔やターミナルビルの内外、ターミナル3Fからのガラス越しのプッシュバックなどを撮影。14:30頃、神戸空港を後にして伊丹空港に向かいました。

 神戸空港から伊丹空港までは、高速道路を使って約1時間です。途中、空はほとんど雲に覆われ、高速道路を走っている時には、一時小雨がぱらつきました。

 15:30頃、伊丹空港に到着。普通ならスカイパークや千里川土手に行くところなのでしょうが、空もぱっとしないので、まずは手元にカットのストックがないターミナルビルの内外を撮影。

itm-20111023-1.jpg
itm-20111023-2.jpg
itm-20111023-3.jpg
伊丹空港のターミナルビルの内外

 伊丹空港には旅客用のターミナルビルが2つあり、南ターミナルをANAとIBEX、北ターミナルをJALグループと天草エアラインが使用しています。
 そうこうしているうちに、16:30頃になると、西の空が急に明るくなってきました。これは美しい夕暮れの空を期待できるかも知れない。千里川土手に移動するべきか。しかし、移動しているうちに一番よい空を撮り逃してしまう恐れもある。少し迷いましたが、撮影場所は移動せずに済むターミナルビルの展望デッキに決定。

itm-20111023-4-1.jpg
itm-20111023-4-2.jpg
伊丹空港の展望デッキから見た、この日の夕暮れ

 雲の隙間から夕陽の光が差し込み、とても美しく幻想的な空になりました。

itm-20111023-5.jpg
itm-20111023-6.jpg
ANAの777の離陸シーン

itm-20111023-7.jpg
itm-20111023-8.jpg
滑走路に向かうJALの777

 日没後、18:30過ぎに撮影を終了。レンタカーを返却し、20:20発のANA便で東京への帰途に就きました。

 神戸空港ですが、思っていたよりも楽しい撮影ができました。撮影ポイントは限られるものの、逆光という条件を逆手にとって、朝方や夕方に狙うのが良さそうです。いつになるかは分かりませんが、今度来るときは、脚立&大型三脚持参の完全装備でトライしようと思いました。神戸空港に長居をしてしまったので、伊丹空港での撮影時間は短かったのですが、どうしても欲しかったターミナルビル内外のカットや、思いがけず美しい夕暮れの空に出会えたので、これはこれで有益な遠征となりました。

伊丹空港撮影記

 8/12~8/13、伊丹空港に遠征しました。今回は、個人での撮影旅行ではなく、現地撮影会への参加です。撮影記を書こうと思ったのですが、以下の記事が秀逸なので、ご紹介することで代替させていただきます。

ムービー@旅客機より:
1日目のようす:http://www.airliners.jp/index.php?categ=1&year=2008&month=8&id=1218468314
2日目のようす:http://www.airliners.jp/index.php?categ=1&year=2008&month=8&id=1218622426

伊丹遠征、無事終了

 8/12~8/13、伊丹空港に遠征。今日(8/14)は、その成果確認のため、まずは撮影済みのテープ(2日間の撮影で60分テープ7本強)のPCへの取り込みを行いました。撮影環境の良さに加えて、2日間とも好天に恵まれ、迫力ある美しいカット多数。とても有意義な遠征であったことを改めて実感・・。


伊丹遠征中

 8/12(火)AM、伊丹入りしました。天気は晴れで、それ自体はよかったのですが、とにかく暑い・・・。とても過酷な(笑)撮影になりました。今回は、一人で行動したのではなく、現地に精通したメンバーに同行し、色々と知らなかった撮影ポイントを教えていただので、とても効率的な撮影ができました。詳しくは、遠征終了後に改めてアップしたいと思います。

 取り急ぎ、夕暮れの千里川土手で撮影したビデオからのキャプチャーをご紹介。


 引き続き、明日(8/13)まで伊丹で撮影の予定です。

来週は伊丹遠征!


 8/12~13で、伊丹遠征の予定です。天気に恵まれるとよいのですが、現時点では晴/曇の予報ですね。最高気温は34~35℃・・。なかなかハードな撮影になりそうです(笑)。

伊丹空港

 11月下旬、結婚式&出張で2回、大阪の伊丹空港を訪れました。伊丹空港は、1970年の大阪万博の時に1回だけ行ったことがあったのですが、その後はまったく行く機会がありませんでした。以前から、改めて行ってみたい空港だったのですが、今回、図らずもその機会が巡ってきました。到着直後と出発間際のわずかな時間でしたが、待ち時間を使っての撮影にチャレンジしたので、追ってその成果もアップする予定です。


上の写真は、伊丹空港の展望デッキからみた、JAL発着スポットです。(写真をクリックすると拡大表示になります)


 こちらは展望デッキの様子です。ウッドデッキになっていて、草木もあり、ちょっとした公園のような雰囲気です。フェンスも低く、邪魔な金網もないので、飛行機を見たり撮影したりするにはとてもよい環境です。

 伊丹空港は、高いフェンスと金網だらけの羽田や成田と違って、飛行機の撮影がとてもしやすい空港です。展望デッキの他にも、滑走路に近い見晴らしのよい絶好の場所に公営の公園が整備されています。ランウェイ32Lエンド付近(通称千里川の土手ポイント)では、着陸機が頭のすぐ上を通り過ぎるところを見ることができます。

ホーム > 03 Report | > Itami

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top