Home > 03 Report | > Hiroshima

Hiroshima Archive

広島空港・岡山空港遠征(12月25日)

 12月25日(日)は遠征3日目、最終日です。昨日、広島空港遠征の目的の一つである、日中の787の離着陸シーンの撮影に成功したので、この日の最初は岡山空港に行くことにしました。岡山空港で、787の着陸シーンを撮影するためです。岡山空港には11月下旬、日帰り遠征を行ったのですが、東京から岡山への一番機は787で、それに乗って岡山に行かざるを得ませんでした。必然的に、787の着陸シーンは撮影できず、撮影できたのは離陸シーンのみ。なので、できれば今回の遠征期間中に、岡山空港での787の着陸シーンも撮影したいと考えていました。

 広島空港から岡山空港までは、高速道路(山陽道)を使って約2時間。往復は十分可能な距離です。岡山空港の一番機は7:15発のJALの東京行きなので、それに間に合うように、4:30に広島を出発。空には星が見えており、天気は良さそうです。下は岡山空港の地図です(※クリックすると、拡大表示になります)。赤い丸印は撮影ポイントです。

okayama-map-2.jpg
岡山空港の地図

 6:30に岡山空港に到着。ターミナルビルの第4駐車場(A地点)へ。空は期待通りの快晴。じきに夜が明けましたが、朝日がとてもきれいです。
okj-20111225-A-1.jpg
夜明け前の岡山空港

okj-20111225-A-2.jpg
okj-20111225-A-3.jpg
一番機、7:15発 JALの羽田行き

okj-20111225-A-4.jpg
二番機、7:35発 ANAの東京行き

 その朝日をバックに、一番機、二番機の離陸シーンを撮影。次は、本命の787の着陸シーンです。使用滑走路は25。撮影場所には、ランウェイ25エンド(B地点)を選びました。ここは脚立なしでも撮影は可能なんですが、前回来た時、フェンス際の草木が若干邪魔に感じられたため、大型の三脚と脚立を使って、カメラ位置をさらに上げて撮影。

okj-20111225-B-1.jpg
ランウェイ25エンドから見た岡山空港

okj-20111225-B-2.jpg
okj-20111225-B-3.jpg
羽田発の787が到着

 8:45、787が到着。かなり緊張しましたが(笑)、何とか撮影に成功。手早く撤収して広島空港に戻りました。
 この日、広島空港での最初の撮影ポイントは、中央森林公園の中のピクニック広場(E地点)。着いたのは10:40。無事、10:55の787の出発に間に合いました。

hij-20111225-E-1.jpg
中央森林公園のピクニック広場からの眺め

hij-20111225-E-2.jpg
hij-20111225-E-3.jpg
hij-20111225-E-4.jpg
hij-20111225-E-5.jpg
10:55発、ANAの787、羽田行き

hij-20111225-E-6.jpg
hij-20111225-E-7.jpg
hij-20111225-E-8.jpg
ピクニック広場で撮影した離着陸機

 使用滑走路は、昨日と同じランウェイ28。この場合、28エンドに進む離陸機は、目の前の誘導路を至近距離で通りすぎます。13:15、2番目の撮影ポイント、昨日も行った展望広場(東)に移動。昨日は日中、大型機(777)の着陸シーンを撮れなかったので、それが目当てです。

hij-20111225-C-1.jpg
展望広場(東)から見たターミナルビル方面

hij-20111225-C-2.jpg
デルタ航空のチャーター便、エアバスA330

hij-20111225-C-3.jpg
羽田発、ANAの777

 すると、予期せぬデルタ航空のエアバスA330が降りてきました。後で調べたところ、ハワイからのチャーター便。広島空港では普段見れないので、ラッキーでした。天気はこの頃から、晴れている時間が多いものの、一時的に曇ったり吹雪いたりするようになりました。ここでは14:00前まで撮影。

 3番目の撮影ポイントは、ランウェイ28エンド。ここは、2009年11月にも来たのですが、離陸機は何機か撮れたものの着陸機はほとんど撮れなかったので、今回は着陸機の撮影を主目的で選択。フェンスよりも一段高くなっているため、とても撮影しやすい場所です。

hij-20111225-F-1.jpg
hij-20111225-F-2.jpg
ランウェイ28エンドからの眺め

hij-20111225-F-3.jpg
hij-20111225-F-4.jpg
hij-20111225-F-5.jpg
hij-20111225-F-6.jpg
hij-20111225-F-7.jpg
ランウェイ28からの離陸機

hij-20111225-F-8.jpg
hij-20111225-F-9.jpg
ランウェイ28への着陸機

hij-20111225-F-10.jpg
夕暮れのランウェイ28エンド

hij-20111225-F-11.jpg
hij-20111225-F-12.jpg
ANAの777、羽田からの到着機

 一時、雪が降りましたが、日没の頃にはかなり晴れ間が広がりました。ここでは16:45、公園の閉門時間間際まで撮影。中央森林公園閉門後は、昨日と同じく、滑走路南側のターミナルビル正面へ。

hij-20111225-B-1.jpg
hij-20111225-B-2.jpg
hij-20111225-B-3.jpg
羽田発の787が到着

 17:45、今度は787が降りてきてくれました。ここで、撮影は終了。20:45のANA羽田行き最終便で、帰途に就きました。
 今回の広島空港・岡山空港遠征は、時折小雪舞う厳しい寒さでしたが、青空の見えた時間帯も多く、撮影にはかなりの好条件でした。特に、以前広島に来た時には撮れなかった撮影ポイントや機材(787)での良いカットが撮れたのは、大きな収穫でした。

PS
 広島空港に遠征しようと思う方は、飛行機光画館の撮影ガイドが素晴らしい内容なので、一読されることを強くお勧めします。

広島空港遠征(12月24日)

 12月24日(土)、朝はどんより曇り空で、また小雪が舞っています。広島空港の撮影場所としては、空港の周囲に整備された「中央森林公園」の中がお薦めなんですが、開門時間は9:00~17:00のため、それまでは入れません。そこで、最初の撮影ポイントには、滑走路の南側、ちょうどターミナルビルの正面あたりの場所(B地点)を選びました。

 一番機が出発する7:35の少し前に到着。ターミナルビル前のエプロンには、海外のエアラインの機材も並んでいて、出発準備中。

hij-20111224-B-1.jpg
朝の広島空港

hij-20111224-B-2.jpg
この日の一番機(JALの羽田行き)

 しばらくすると、雲が晴れて青空が広がってきました。しかし、寒さが厳しい。手袋なしの右手(撮影時には、なるべく手袋は使いたくない)の感覚がすぐに無くなってしまいます。風は西風、使用滑走路は着陸が28。離陸は多くは28でしたが、一部は10を使用。

hij-20111224-B-3.jpg
しばらくすると空は青空に

hij-20111224-B-4.jpg
hij-20111224-B-5.jpg
hij-20111224-B-6.jpg
B地点で撮影した離陸機

hij-20111224-B-7.jpg
hij-20111224-B-8.jpg
9:25、羽田から787が到着

hij-20111224-B-9.jpg
hij-20111224-B-10.jpg
11:00、787は羽田に向かって出発

 787の離着陸シーンは、ばっちり撮影できました。その時間、晴れて日が差してくれたのも幸運でした。その他にも、国際線を含め数機の離着陸を撮影しました。ここでは、11:00過ぎまで撮影。次はターミナルビル(A地点)に戻り、30分ほど時間をとって、その内外を手早く撮影。

hij-20111224-A-1.jpg
ターミナルビル

hij-20111224-A-2.jpg
管制塔

hij-20111224-A-3.jpg
ターミナルビル2F 出発ロビー

 さらにランウェイ10エンド(X地点)に行って、ロケハン。ここにはものすごい高さの進入灯が設置されています。

hij-20111224-X-1.jpg
hij-20111224-X-2.jpg
ランウェイ10エンドの進入灯

 残念ながら風向きの関係で、今日の着陸機はこちらには来ません。チャンスがあればぜひ着陸機とからめて撮影したい場所なんですが。

 時間は既に13:00。中央森林公園も開いたので、2番目の撮影ポイントは、その中の展望広場(東)(C地点)にしました。私は、広島空港には2009年11月に一度来ていますが、日帰りだったので前回撮影できたポイントは限られています。今回は、前回行けなかったポイントを中心に撮影を行うつもりで、ここはそのうちの一つです。

hij-20111224-C-1.jpg
hij-20111224-C-2.jpg
展望広場(東)(C地点)からの眺め

hij-20111224-C-3.jpg
hij-20111224-C-4.jpg
hij-20111224-C-5.jpg
ランウェイ28への着陸機

hij-20111224-C-6.jpg
しばらくすると雪に

 ここはランウェイ28エンドに近い小高い丘の上にあり、滑走路に着陸する飛行機を見降ろす感じになります。飛んでいる飛行機を上から見下ろせる場所はめったにないので、とても新鮮。天気は晴れたり曇ったり、小雪が舞ったりを繰り返しています。ここでは、14:45頃まで撮影。

 3番目の撮影ポイントは、展望広場(西)(D地点)。ターミナルビルの西側の丘の上にあります。ここからみた、ターミナルビルの全景。天気は、雲が厚くなり、雪がかなり本格的に降り出しました。

hij-20111224-D-1.jpg
展望広場(西)(D地点)から見たターミナルビル全景

hij-20111224-D-2.jpg
hij-20111224-D-3.jpg
ランウェイ28からの離陸機

 ここは、本来はランウェイ10使用時の着陸機を撮るのに適した場所なんですが、今日はランウェイ28からの離陸機を中心に数機を撮影。16:20、日没(17:00頃)も近づいてきたので、再度、展望広場(東)(C地点)に移動。天気は、雲が減って雪が止み、まずまずの夕暮れになりました。

hij-20111224-C-7.jpg
hij-20111224-C-8.jpg
夕暮れの展望広場(東)(C地点)から見た、ランウェイ28への着陸機

 中央森林公園の閉門時間(17:00)まで、着陸機を中心に数機を撮影。中央森林公園が閉まった後は、再び、滑走路の南側(B地点)に移動し、夜の空港を狙いました。

hij-20111224-B-11.jpg
hij-20111224-B-12.jpg
hij-20111224-B-13.jpg
滑走路の南側(B地点)から見た、日没後の広島空港

hij-20111224-B-14.jpg
17:45、羽田からの到着機は、機材変更で787から777に

 17:45の787の到着機の撮影が主たる目的だったのですが、何と機材変更で777に・・・(泣)。これには、さすがにがっくりきました。この日の撮影は、ここで終了。昨日と同じく、東広島駅近くのビジネスホテルに宿泊。

広島空港遠征(12月23日)

 昨年(2011年)の12月23日から25日、広島空港と岡山空港に遠征を行いました。その時の様子をレポートしたいと思います。

 12月10日から、広島・岡山でのANA 787の運航が、従来の1日1往復から1日2往復に増えました。特に広島は、それまで日没後の発着のみで、撮影には適さないタイムテーブルだったのですが、12月10日以降は午前中の発着便が設定されました。そこで、広島遠征のチャンスを狙っていたのですが、週末のスケジュールと天候とが合わず、なかなか実行できませんでした。そうこうしているうちに年も越えそうになってしまったので、天気予報には多少不安があったのですが、最後の三連休である12月23日(金)~12月25日(日)、決行することにしました。

 23日(金)、スケジュールの都合上、羽田16:15発の787に乗って現地入り。

hij-20111223-T-1.jpg
羽田空港、ボーディングブリッジから見た、出発前の787

hij-20111223-T-2-1.jpg
hij-20111223-T-2-2.jpg
hij-20111223-T-2-3.jpg
787の機内

hij-20111223-T-4.jpg
窓から見えた富士山

hij-20111223-T-5.jpg
窓から見た日没直後の空

 夕方の便だと、787の機内照明がきれいです。途中、窓からは富士山も見えました。

 現地に着くと、想像以上の寒さで、小雪が舞ってます。下は、広島空港の地図です(※クリックすると拡大表示になります)。赤い丸印は、実際に撮影を行ったポイントです。

hiroshima-map-2.jpg
広島空港の地図

 レンタカーを借りた後、空港に戻り、ターミナルビルの送迎デッキ(A地点)へ。

hij-20111223-A-1-1.jpg
広島空港のターミナルビル

hij-20111223-A-1-2.jpg
夜の送迎デッキ

 夜の送迎デッキは照明がきれいなんですが、目の細かい金網とガラス面で、撮影には厳しい場所です。ガラス越しに、東京に向かう787のプッシュバックを撮影。

hij-20111223-A-2.jpg
出発直前の787

hij-20111223-A-3.jpg
出発前のデアイシング(防氷・防雪)作業

hij-20111223-A-4.jpg
787のプッシュバック

 今シーズン初めてのデアイシング作業を見ました。撮影終了後は、東広島駅まで車で移動し、そこのビジネスホテルに宿泊。

広島空港遠征

 11月15日(日)、広島空港に日帰り遠征に行ってきました。熊本、松山、富山、仙台と続いた2009年秋のローカル空港遠征も、おそらくこれが最後となります。

 ここ3ヶ月ほど、各地の空港に遠征を行いましたが、地方別では中国地方だけが未体験で残っていました。中国地方にもいろいろな空港がありますが、その中で最もトラフィックが多く、撮影ポイントも豊富という事前情報で、広島空港を第一候補にしていました。広島空港は、1993年に開港した比較的新しい空港です。立地的には、山間部にあり、標高が331メートルとかなり高いのが特徴です。滑走路は長さ3,000メートルで、方向は10/28(ほぼ東西の方向)です。遠征に行った後で知ったのですが、標高が高いので霧が発生しやすく、冬場は雪が降ることも多いとのこと。

 例によって、前日に翌日の広島の天気予報が晴れマークであることを確認し、11月15日(日)に決行することにしました。東京から広島だと、新幹線では時間がかかり過ぎるので、飛行機を使います。始発便(JALだと羽田発6:55)は予約できたのですが、最終便は既に満席だったので、最終便の一便前(JALだと広島発17:50)を予約しました。あわせてレンタカーも予約しました。

 初めての空港への遠征では、事前の情報収集が欠かせません。今回は、定番の「全国空港ウォッチングガイド」の他に、「ヒコーキ光画館」というサイトの撮影ガイドがとても参考になりました。広島空港に撮影に行きたい方は、事前にお読みになることを強くお勧めします。その結果、広島空港は脚立不要の撮影ポイントが豊富と判断し、ビデオカメラと三脚だけを持っていくことにしました。

hij-20091115-1.jpg
 出発当日の羽田はほぼ快晴で、朝日がとてもきれいでした。思わず、羽田か成田に行き先を変更しようかと思ったくらいでした。

 羽田発6:55のJAL B767は、ほぼ定刻に出発。今回の席は、窓際が予約できなかったので通路側。なので、機内ではもっぱら現地での撮影プランを再チェックしながら、遠目に外の景色を眺めていました。広島空港が近づくにつれて、だんだんといやな予感がしてきました。窓の外は雲が増えてきて、地上の景色がどんどん見えなくなってきたからです。そのうち、機内アナウンスが入りました。「広島空港の天候は曇り、気温は8℃です」とのこと。曇りって、予報と違うじゃない・・(泣)。しかも8℃って、いくらなんでも寒すぎやしませんか?

hij-20091115-2.jpg

 8:30頃、ほぼ定刻に広島空港に到着。天気は確かに曇りで、いかにも寒々とした空が広がっています。最近の遠征で、ここまで予報と違う天気は初めてです。ただ、曇り空とはいっても雲には量感があり、明るいところも暗いところもある変化に富んだ空です。これはこれで、それなりの絵は撮れそうだと、自らをなぐさめました。次の便の離発着まで少し時間があるので、まずはレンタカーを受け取り、その後、再度ターミナルビルに引き返しました。

 下の写真は広島空港の地図です(クリックすると拡大表示になります)。A~Eは、今回の遠征で撮影を行ったポイントです。

hiroshima-map.jpg
 最初の撮影ポイントは、ターミナルビルの展望デッキ(A地点)です。

hij-20091115-3.jpg
 広島空港の展望デッキは、ターミナルビルの3階にあります。入場料は大人100円ですが、この日は無料開放されていました。

hij-20091115-4.jpg
 フェンスは、ところどころ小さなカメラ用の穴が開いているタイプで、撮影環境としてはいまいちです。

hij-20091115-5.jpg
 とはいえ仕方が無いので、そこから2機ほど、出発機のプッシュバックを撮影しました。展望デッキの中央付近には、フェンスではなく、ガラスかプラスチックかの壁が設置されている部分もありましたが、あまりきれいでは無かったので、そこは使いませんでした。ここでは、9:20頃に撮影を終了。
 次の撮影ポイントは、森林公園の中の「ピクニック広場」です(B地点)。広島空港の周囲は広島県立中央森林公園になっていて、市民の憩いの場になっています。

hij-20091115-6.jpg
 ピクニック広場は、滑走路の28エンド寄りの北側にあります。広場の近くの駐車場までは車で行くことができますが、その後は上り坂を少し歩かなければなりません。公園の中は、木々が紅葉していて美しい。曇り空でなければ、さらに美しいのにと思うと残念でした。

 ピクニック広場に着くと、ものすごく違和感のある光景が広がっていました。広場では、何組かの子供連れが楽しそうに遊んでいます。広場の向こうには、滑走路が見えます。でも、空港につきもののフェンスが見えません。まるで、空港の敷地内に広場があって、滑走路まで歩いていけるかのような・・。「そんなことは、あり得ないだろう」と滑走路に近づいていくと、理由がわかりました。

hij-20091115-7.jpg
 広場は高台になっていて、フェンスは広場よりも低いところにあるために、フェンスがないかのように見えたのです。それにしても、誘導路までの距離が近い。

hij-20091115-8.jpg
 今日の風向きは北西でやや強めのため、離着陸は28エンドから行われています。誘導路を28エンドに向かう離陸機は、まさに目の前を通り過ぎるような感じになります。

hij-20091115-8-2.jpg
hij-20091115-8-3.jpg
 滑走路は誘導路の向こう側にあり、離陸機はこのように見えます。逆光とはいうものの、このすばらしい飛行機ウォッチング環境には驚いてしまいました。一方で、天候の方はというと、曇り空で風が冷たく、真冬並みの寒さです。まさかこれほど寒いとは思っていなかったので、軽装で広島に来てしまったことをひどく後悔しました。ここでは、11:10頃まで撮影。

 第三の撮影ポイントは、28エンド北側から東側の公園エリア一帯です(C地点)。ここに行くには、「運動公園」の駐車場から28エンド方向へしばらく歩く必要があります。平地だけでなく丘陵地帯もある変化に富んだ場所で、歩いていくと、だんだんと28エンドが見えてきます。

hij-20091115-9.jpg
 しかし、滑走路や誘導灯が見えてきても、フェンスが見あたりません。

hij-20091115-10.jpg
 ここも先ほどのピクニック広場と同様に、公園部分がフェンスよりも一段高くなっているからで、空港の敷地と公園がまるで区別なく存在しているかのようです。最初、この場所を目にした時は、日本にもこんな場所があるんだと(大袈裟か?)、ちょっと感動してしまいました。

hij-20091115-11.jpg
hij-20091115-12.jpg
 ここでは、28エンドへの着陸機はもちろんですが、

hij-20091115-13.jpg
hij-20091115-14.jpg
28エンドからの離陸機が滑走路に向かうところを、誘導路の正面から撮影することが出来ます。いわばエリア一帯が撮影ポイントなので、ポジションを移動することで、いろいろなアングルから離着陸機を狙えます。近くには小高い山や丘陵地帯があり、それらの上の方に上っていけば、着陸機を俯瞰気味に撮ることもできると思います。伊丹空港の周辺に整備された公園もなかなか凄いと思いましたが、この森林公園もそれに匹敵すると思いました。

hij-20091115-15.jpg
 撮影を始めてしばらくすると、北の空にはだんだんと青空が見え始め、たまに日の光も差し込むようになりました。これは午後の撮影が期待できそうです。ここでは、12:15頃に撮影を終了。

 第四の撮影ポイントは、28エンドの南側の高台です(D地点)。私はここに行くのに、28エンド北側の公園エリア(C地点)から、空港のフェンスに沿って、南側に回り込みました。フェンス際はかなり狭い場所もあるので、このルートで行く際には十分に注意して下さい。私は試していませんが、滑走路南側のサイクリングロードから上っていくルートもあるようです。

hij-20091115-16.JPG
hij-20091115-17.JPG
 ここからの展望も素晴らしく、左手の方向には遠くターミナルビル周辺も見えます。

hij-20091115-18.jpg
hij-20091115-19.jpg
hij-20091115-20.jpg
hij-20091115-21.jpg
 28エンドへの着陸機、28エンドからの離陸機を、終日順光で撮影できます。ここに着くころには、かなり青空が広がり、日の光が差し込む時間も長くなりました。視程は良好なので、日が差し込むと、飛行機や周囲の景色をとても美しく撮影できました。気温もやや上がってきて、寒さが薄らぎ、助かりました。ここでは、13:40頃まで撮影。

 第五の撮影ポイントは、滑走路の南側、ターミナルビルの正面付近です(E地点)。

hij-20091115-23.jpg
hij-20091115-22.JPG
 ここにもちょっとした丘のようなところがあって、脚立を使わずにフェンスの上から撮影が出来ます。

hij-20091115-24.jpg
hij-20091115-25.jpg
hij-20091115-26.jpg
hij-20091115-27.jpg
hij-20091115-28.jpg
 この日の離着陸は全て28エンドからでしたが、10エンド、28エンド、どちらからの離着陸機にも対応でき、かつ終日順光です。滑走路まで近いので、かなり迫力のあるシーンが狙えます。

hij-20091115-29.jpg
 ただ、滑走路が周囲より少し高くなっているようで、ターミナル前に駐機している機体は、滑走路に遮られて下のほうが見えません。B737やCRJのような小型機だと、機体の下半分が隠れてしまいます。ここへの行き方は、初めに紹介したヒコーキ光画館の撮影ガイドに詳しく書かれているので、行ってみたい人はぜひそちらをお読みください。私も、その撮影ガイドのおかげで、初めてでも迷うことなく到達することができました。ここでは、15:50に撮影を終了。撮影できる残り時間も少なくなってきました。

 帰りの飛行機は17:50発なので、17:00前後が撮影のリミットです。夕焼け空をバックした絵を期待して、最後にもう一度、28エンドの北側に行ってみることにしました。実は、森林公園自体も閉園時刻が17:00なので、いずれにしろ、それ以上撮影を続けることはできません。16:30頃、28エンドに到着しましたが、もう辺りには誰もいない状態でした。

hij-20091115-30.jpg
hij-20091115-31.jpg
hij-20091115-32.jpg
 16:35発の羽田行きANA B777の離陸を撮影し終わったのが16:50でした。広島は東京よりも日が長く、この時間でもまだ完全に日没という感じにはなりませんでした。これをもって、広島空港での撮影はすべて終了となりました。

 帰りの便は、17:50発のJAL便、機材はMD-90でした。MD-90に乗ったのは、これが初めてです。年季の入った機体だろうと思って乗ったのですが、内装はとてもきれいでした。MD-90はそう遠くない時期に退役してしまいそうなので、今回乗ることができてとてもラッキーでした。

 広島空港は、トラフィックも多く、国際線もあり、B777のような大型機も就航しています。周囲は公園に囲まれており、その公園自体が素晴らしい撮影ポイントになっています。空港は高台にあるので、周囲の風景という意味ではあまり特徴的なものは無いかもしれませんが、一見するとフェンスが存在しないかのように整備された公園と、そこから空港を眺めたときの見晴らしの良さには、感動的なものがありました。また、私はトライできませんでしたが、滑走路の先には鉄橋のような進入灯が延びているので、これと飛行機を絡めた絵も魅力的です。今回は日帰りだったので、存在する撮影ポイントの一部しか回れませんでしたが、広島空港の魅力の一端は十分に感じることができました。

ホーム > 03 Report | > Hiroshima

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top