Home > 03 Report > Airport

Airport Archive

2016年1月 新千歳空港遠征(2)

新千歳空港の撮影ポイントを紹介する地図です。地元以外から遠征してみたい人向けに作成しました。右上のマークをクリックして、拡大地図を表示してください。各撮影ポイントのマーカーをクリックすると、各撮影ポイントの説明と現地で撮影した写真が表示されます。

2016年1月 新千歳空港遠征(1)

2016年1月18日(月)から1月23日(土)にかけて、冬の新千歳空港に遠征しました。本業が忙しくて撮影した動画の整理もままならなかったのですが、ようやく終わったので、今後は編集・公開をスピードアップしていきたいと思います。ついては、この遠征の様子について、少しご紹介したいと思います。

私は以前も冬の新千歳空港に遠征したことがありますが、昨年あたりから4Kカメラでの撮影を本格化したので、今回は「初めて4Kで冬の新千歳空港を撮る」というのが遠征の主目的でした。

冬の新千歳空港は、

 ・とても寒い(気温は氷点下)。
 ・空港の展望デッキは、雪のため冬は閉鎖されてしまう。
 ・空港の外周の撮影ポイントには、車がないと行きずらい。
 ・空港の外周には、2メートルほどの高いフェンスがある。

ということで、遠征して動画を撮るにはハードルの高い空港ですが、

 ・新千歳空港の雪景色はとても美しい。
 ・晴れても吹雪いても、いい絵が撮れる。
 ・雪レフ効果で、機体がきれいに撮れる。
 ・ジェットエンジンで巻き上がる雪煙がダイナミック。
 ・トラフィックがとても多い。
 ・大型機も頻繁にやってくる。
 ・国際線もそれなりにある。

と多くの魅力があり、挑戦のしがいのある撮影地です。

今回使用した機材ですが、カメラはSONY FDR-AX1とPanasonic DMC-FZ1000です。日中はAX1で、夜はFZ1000で撮りました。

三脚は、2メートルのフェンスをクリアしなければならないため、Gizzoのシステマティックカーボン三脚 GT5562GTSを新たに調達しました。この三脚は伸長が277cmに達し、市販製品では最大クラスの三脚です。カーボン製なので大きさの割には3.6kgと軽いこと、アダプターを交換すればどのようなビデオヘッドでも載せられることから選びました。寒冷地では金属部分がとても冷たくなるため、三脚の脚にはグリップテープを巻きました。写真は、私が愛用しているLibecのビデオヘッド RH35Rを取り付けたところです。

IMG_2216-M

IMG_2215 (1)

2016/1 新千歳空港遠征-3

2016/1 新千歳空港遠征-4

冬の新千歳空港での撮影では、ビデオヘッドの耐寒性能が重要です。Libec RH35Rの使用可能温度は -40℃~+60℃なので、冬の新千歳空港でも普段と変わらず、とても滑らかに動いてくれました。

ビデオ撮影の場合、写真撮影の場合よりも広い足場が必要なため、脚立にはホームセンターなどで洗車台として売っているものを持っていきました。カメラ、大型の三脚、足場の広い脚立などを撮影ポイントに運ぶには車が必須なので、現地ではレンタカーを借りました。

羽田空港のジャンボ

haneda-sp-026-2

haneda-sp-026-3

haneda-sp-026-4

haneda-sp-026

写真は、タイ国際航空 Boeing 747-4D7 [HS-TGP]。羽田で見ることができるジャンボジェット、ボーイング747のうちの一つです。

この前の週末(5月24日)、天気が良かったので朝から夕方まで羽田空港で撮影をしました。私は東京在住で、近くにあり過ぎるためかついついありがたみを忘れがちになるのですが、羽田空港はトラフィックがとても多く、国際線もどんどん充実傾向にあるため、もっとしっかりと撮影に取り組むべきだと考えている、今日この頃です。

雪の羽田空港

先週末の2月9日(日)、16年ぶり?の大雪の翌日が晴れということで、雪が残る羽田空港を撮りたいと思い行ってきました。車で行く勇気は無く、電車で行ったため、カメラや三脚を運ぶのが大変でした。

空港に着いたのは10時半頃。電車のダイヤがまだ乱れており、思ったよりも時間がかかってしまいました。午前中ということで、最初に第1ターミナルの展望デッキへ。雪で閉鎖されてはいないかと心配していたのですが、幸いデッキの下の階には入ることができました。

2014-01-22_105342(6)

2014-01-22_105342

2014-01-22_110356(3)

2014-01-22_120325(3)

2014-01-22_112008(35)

2014-01-22_112008(36)

2014-01-22_112008(26)

2014-01-22_120039(2)

2014-01-22_112008(44)

思ったよりも雪が溶けるのが速く、お昼過ぎには雪はかなり少なくなってしまいました。午後は第2ターミナルの展望デッキに移動したのですが、残念ながら、そちら側は既に雪景色という感じではありませんでした。写真(ビデオからのキャプチャ)は、全て第1ターミナルで撮ったものです。

また、YouTubeに ANAの747と787の着陸シーンの動画を公開しました。

今日(1月26日)の羽田・浮島町公園の夕暮れ

P1010382(5)

P1010382(2)

今日(1月26日)は、午後から羽田・浮島町公園に撮影に行きました。着いた当初は曇り空だったのですが、そのうち風が強くなり、小雨がぱらつき始めました。撤収しようかとも考えたのですが、西の方は明るかったので、粘ってみることにしました。夕暮れになると、雲が切れて夕日がさし、空が赤く染まりました。久しぶりに見る、感動的な光景でした。

FLIGHT DECK TOKYO(羽田第2ターミナル)

haneda-t2-20130915

羽田空港第2ーミナルの5階の中央部分に、「FLIGHT DECK TOKYO」と呼ばれる屋内の展望エリアができました。ガラス越しにエプロンや滑走路を見る形になるので、撮影にはやや難がありますが、天気が悪い時に飛行機を眺めるには良いかも。

熊本空港遠征(2月3日)

 うちの家族は(私を除くと)みんな熱心な野球ファンで、東京ドームやQVCマリンフィールド(千葉マリンスタジアム)によく出かけます。先週末の土日(2月2日、3日)、下の娘が「宮崎の巨人軍キャンプを見に行きたい」というので、付添いとして一緒に行ってきました。現地は両日とも天気がよく、日中は汗ばむほどの暖かさでした。

 2月2日(土)は、二人で宮崎観光と巨人軍キャンプの見学。2月3日(日)はお互い別行動で、娘は引き続き巨人軍キャンプ、私は空港での撮影日としました。ただし、風向きの関係で宮崎空港はパスし、熊本空港へ。熊本空港を訪れるのは2009年9月、2011年9月に続いて3回目。1回目、2回目は夏だったので、今回は初めて冬の熊本訪問となりました。

 宮崎から熊本までは、高速道路を使って約2時間半。ぎりぎり日帰り可能な距離です。車での宮崎~熊本間の移動は、2011年の遠征で既に経験済みなので、スムーズに行き来することができました。熊本には11時ごろに到着。

kmj-20130203-6
 空港北側からみた熊本空港。雲がほとんどない快晴で、背後の阿蘇山がよく見えました。熊本空港での撮影は、阿蘇山が見えるかどうかがかなり重要なポイントなので、とても嬉しくなりました。(※写真はビデオからのキャプチャです。クリックすると、拡大表示になります)

kmj-20130203-3
 冬の阿蘇山は、地肌が見えて荒涼とした雰囲気です。

kmj-20130203-7
 ターミナルビルの端の方には、運航停止中の787がいました。

kmj-20130203-4
 ラッキーなことに、JALのドラえもんジェットがやってきました。

kmj-20130203-1
 この日は東風で、出発機は阿蘇山をバックに離陸。

kmj-20130203-2
 こちらは、熊本空港のターミナルビルです。2011年9月に訪れた時には、西側半分がまだリニューアル工事中でしたが、今は工事は完了しており、とてもきれいになっていました。実は、このリニューアル後のターミナルビルの撮影も、目的の一つでした。

kmj-20130203-5
 今度のターミナルビルは、熊本県産の木材がふんだんに使われているのが特徴です。

kmj-20130203-8
kmj-20130203-9
 ターミナルビルにある展望デッキからみた、ソラシドエア 737-800の出発シーンです。この撮影の直後、15時過ぎには熊本を出発し、宮崎へ。熊本には4時間ほどしかいられなかったのですが、天候に恵まれて、気持ち良く撮影ができました。

3か月ぶりの羽田空港

 この前の土曜日(11月9日)、主にJALの新鶴丸塗装機を撮るために、羽田空港に行きました。飛行機に乗るためではない、撮影目的としては、実に3か月ぶりの羽田空港です。
 午前中は、JALの787のプッシュバックを撮りに、国際線ターミナルの展望デッキへ。(※写真はすべてビデオからのキャプチャです。クリックすると拡大表示になります。)

hnd-20121110-3.jpg
hnd-20121110-4.jpg
 9:10に羽田を出発するJALの787(北京行き)を撮影。雲ひとつない晴天のおかげで、とてもきれいに撮れました。

hnd-20121110-1.jpg
hnd-20121110-2.jpg
 上の写真は、国際線ターミナルからみた第1ターミナル方面。JALの新鶴丸塗装機がとても増えたことを実感。

 午後は、主に34Rからの離陸機を撮りに、第2ターミナルの展望デッキへ。

hnd-20121110-5.jpg
 上の写真は、第2ターミナル展望デッキからの眺め。この日は視程がよく、スカイツリーがはっきり見えました。

hnd-20121110-6.jpg
 幸運にも、新鶴丸塗装のMD-90の離陸シーンに出会えました。

hnd-20121110-7.jpg
 JALの777-200。羽田でも、視程のよい日はとても美しい離陸シーンが撮れます。

 夜は、第1ターミナルの展望デッキに移動。

hnd-20121110-8.jpg
hnd-20121110-9.jpg
 ここでは、嵐ジェットの着陸~到着シーンが撮れました。

 最後に、深夜の国際線ターミナルに戻って、再びJALの787の出発シーンを撮影。

hnd-20121110-10.jpg
hnd-20121110-11.jpg

シンガポール・チャンギ国際空港遠征(6)

 過去数回の記事で、シンガポール・チャンギ国際空港遠征のレポートをご紹介しましたが、最後に遠征実施にあたって注意したことや、現地で感じたことを少しお話したいと思います。

sin-20120908-T3-6.jpg
sin-20120908-25.jpg

 今回のチャンギ国際空港遠征ですが、100%趣味で撮影に行ったというわけではなく、とあるところからの依頼を受けて行ったという意味合いの強いものでした。従って、一定の成果を必ず持ち帰らなければならず、楽しめばいいだけの遠征ではありませんでした。こうした場合、日本国内であれば天候が最大の心配事になりますが、海外遠征の場合はそれだけでは済みません。懸念事項は多岐にわたるため、事前のリサーチにはかなり時間をかけました。

 シンガポールに限らず、海外の空港での撮影事情を調べれば調べるほど、海外遠征は(予想通り)少なからぬリスクを伴うものであることが分かりました。空港のターミナル内での記念撮影であっても、国によっては撮影を禁じているところがあります。日本であれば、空港外周のフェンスの外から空港内を撮影しても、よほどのことがない限り咎められることはありませんが、海外の場合は、展望台のような場所以外では原則禁止だと思った方が無難です。航空無線を聞くためのレシーバーも、国によっては違法となります。また、空港外周の治安も要注意で、高価な撮影機材を使って撮影すること自体が危険につながる可能性があります。セキュリティ面でも治安の面でも、安全に撮影できそうな場所を事前に入念に調べておく必要があります。

 私は、海外の空港で本格的な撮影を行うのは今回が初めてでした。なので今回の遠征では、何よりもリスク回避を最優先にしました。撮影に使った場所も、空港のターミナルビルの中、市民や観光客がたくさん訪れる公園、ホテルの屋上などで、問題が生じる恐れができるだけ少なくなるようにしました。初の海外遠征先をシンガポールに決めたのは、アジアの国の中では治安が良好で、何かあっても少なくとも英語でコミュニケーションができるからです。

 シンガポールの空港内やその周辺は、日本と同レベルで整備されており、清潔で安心感がありました。ですが、日本と同じように撮影できるかと言えば、決してそんなことはありません。空港フェンスには近づけないし、航空無線を聞くこともできません。日本であれば、レンタカーを借りて効率的にロケハンや撮影ポイントの移動を行うのですが、さすがに初めて行く国で車を運転する気にはなりません。タクシーを使うにしても、普通の観光客が行かないような場所に行くのは避けたい。従って徒歩で行ける、あるいは交通の便がよい安全な撮影ポイントを事前に厳選して、その中でいかに効率的かつ効果的に撮影するかを考えました。

 今回は、撮影機材としてデジタル一眼レフを主に使用したのですが、これはセッティングするととても目立ちます。

sin-20120909-12.jpg

 周囲の状況によっては、もっとさりげない機材の方が望ましいことも考えられたので、バックアップとして、小型のビデオカメラや小型の三脚なども持って行きました。結果的には、ほとんどの撮影をデジタル一眼レフで行いましたが。

 それでも最終日、ターミナルビル内の屋内展望スペースで撮影中に、警備員(警官?)の職務質問を受けました。セキュリティ上の理由だということで、そこで撮影した1時間ほどの映像を、その場で削除するよう指示されました。職務質問は穏やかだったものの、パスポートをチェックされ、英語でやりとりをするのはかなりのプレッシャーでした。

 私は海外遠征初心者なので、これから海外遠征にトライしてみたいという方にアドバイスをするには経験値が全く足りませんが、シンガポール初遠征に関しては、以上のような心構えで臨み、また現地の状況はこれまでにレポートしたような様子でした。何かの参考にしていただければと思います。

 シンガポール遠征では、質・量ともに、ある程度満足できる映像を撮影することができました。航空会社や機種のバリエーションを豊富に撮れたので、少なくとも依頼内容は概ねクリアできました。初めての海外遠征、初めての国、初めての空港での撮影としては、成功だったのではないかと思います。これにより、こちらが望めば、アジア各国の空港への遠征がシリーズ化しそうです。ただ、ここで注意しなければならないのは、シンガポールで撮影できたからといって、他の国でもうまくいくかどうかは、全く保証の限りではないということです。撮影依頼の対象が、欧米の空港ではなくアジアの空港だということも、相対的にリスクが高く、要注意です。これらへの海外遠征は、くれぐれも慎重に対応すべきだと考えています。

シンガポール・チャンギ国際空港遠征(5)

 9月11日(火)、シンガポール滞在4日目の最終日。朝の天候は曇り、風向きは南風、使用滑走路は20R/20Cです。昨日、一昨日と Changi Beach Park で、着陸シーンに関しては、かなりの数の良いカットを撮影できていました。最終日は別の撮影ポイントに行ってみたい、また空港以外で、シンガポールを象徴する場所も少し撮影しておきたい。この日は、まずは午前中をシンガポール市内での撮影に充てることにしました。
 8:00にホテルをチェックアウトして、ホテルのシャトルバスで空港へ。スーツケースなどを空港に預けた後、MRT(シンガポールの地下鉄)を使って Marina Bay 周辺に移動しました。ここにはシンガポールのシンボル Merlion、空中庭園が話題の Marina Bay Sans、世界最大級の観覧車 Singapore Flyer などがあり、シンガポールで一、二を争う人気の観光スポットとなっています。

sin-20120911-2.JPG
Marina Bay Sans

sin-20120911-1.jpg
Merlion

 こちらは、Marina Bay Sans の空中庭園(Sans Sky Park)からの眺め。高さは200メートル。

sin-20120911-3.jpg
Sans Sky Park (宿泊者専用のプールが見えます)

sin-20120911-4.JPG
Sans Sky Park からみたシンガポールのビル群

sin-20120911-5.jpg
Singapore Flyer (観覧車)

 Marina Bay 周辺での撮影は午前中で切り上げて、午後は空港方面に移動。MRTで空港から一駅のEXPOで下車。ランウェイ02Lエンドにある Changi Business Park に行ってみました。

ChangiBusinessPark.jpg
Changi Business Park 周辺の地図(※クリックすると、拡大表示になります)

sin-20120911-6.JPG
MRT の EXPO 駅

 午後は天気が良くなりましたが、日差しも強くなり、猛暑の中を撮影機材を担いで歩くのはかなり過酷。駅から20分ほど歩いて撮影ポイント(D地点)に着いた時には、かなり体力を消耗していました。

sin-20120911-7.JPG
Changi Business Park (D地点)の様子

sin-20120911-8.JPG
D地点で見る、ランウェイ02Cからの離陸機

 ここには離陸機を撮るために行ったのですが、離陸機は主にランウェイ02Cを使っていてかなり距離があります。また、左右に建物があるせいで視界が狭く、ビデオ撮影には不向きな場所。猛暑の中でがんばって撮影しても、大した成果が期待できないため、早々に断念して空港に戻ることにしました。(注:北風で02Lへの着陸シーンを狙うのであれば、状況は違ったかもしれません)

 MRTの駅(EXPO)に着いた時には汗びっしょりで、着替えなしではいられない状態。空港に戻り、すぐに着替えをして、冷房の効いた空港内でしばらく休憩。一息ついた後、初日には撮れなかった、青空をバックにした管制塔やターミナルビルなどを撮影。

sin-20120911-9.jpg
Terminal 2 から撮った Terminal 3

sin-20120911-10.jpg
Terminal 1 と管制塔

sin-20120911-11.jpg
管制塔のアップ

 その後、Terminal 1 の Viewing Mall で、のんびりと最後の撮影をしようとしたのですが、少し撮影したところで、今回は警備員(警官?)の職務質問を受けてしまいました。その結果、そこで撮影したものを削除するように命じられたため、Viewing Mall での撮影を断念。夕食をとって、帰りの準備を始めました。

sin-20120911-12.jpg
sin-20120911-13.jpg
チェックイン前に最後に撮った、夜の管制塔

 帰りは、ANAのシンガポール発21:45、羽田行きNH152便(機材は767-300ER)です。到着は翌日の6:00。着陸前に夜が明けるだろうと思って、右側の窓際の席を予約しておいたのですが、期待通り、きれいな夜明けを見ることができました。

sin-20120911-14.jpg
羽田空港着陸間際の空

 9月12日(水)6:00、定刻通りに羽田空港に到着。9月7日(金)夜からの6日間にわたるシンガポール遠征は、幕を閉じました。

ホーム > 03 Report > Airport

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top