Home > 02 Video Movie

02 Video Movie Archive

羽田空港で夜景をタイムラプス撮影(微速度撮影)

他の方の動画にインスパイアされて、タイムラプス撮影(微速度撮影)をしたくなり、この前の土曜日(2月21日)の夕方から深夜にかけて、羽田空港で行いました。第2ターミナル、第1ターミナル、国際線ターミナルをはしごして、約8時間かけて撮影。冬空の下に長時間いることになるのは分かっていたので、完全防寒装備(笑)で臨みました。

タイムラプス動画をまともに撮るのは初めてでしたが、出来上がったものを見るのは、なかなか楽しいですね。今回公開したのは、第2ターミナル、第1ターミナルで撮影したもので、近日中に国際線ターミナルで撮影したものも公開予定です。

※追記: 深夜の羽田空港・国際線ターミナルで撮影した動画を公開しました。国際線ターミナルは、深夜になると賑やかさを増します。

関西空港でテレコンレンズのテスト

こちらのブログへの投稿間隔がかなり空いてしまいましたが、久しぶりに動画&機材の紹介を。2014年9月19日、関西空港の展望ホール「スカイビュー」から撮影したUnitedの787-8の離陸シーンです。この動画は、下の写真の機材で撮影しました。GH3 + 100-300mm + DMW-LT55 で、35mm換算約1,000mm相当の超望遠になります。テレコンレンズは、色収差や画像の周辺部の解像度低下が問題になりがちですが、この組み合わせの結果はなかなか良好でした。

GH3-telecon-1

GH3-telecon-2

カタール航空の787が羽田空港に就航

2014年6月18日、カタール航空の羽田~ドーハ線が開設され、23:12に(定刻は23:25)ドーハ発の初便が羽田空港に到着しました。羽田からの出発便も翌19日の1:00に定刻通り出発。その様子を国際線ターミナルから撮影したので、ご紹介します。

成田・航空科学博物館でビデオ上映会(6月15日)

DSC09398_edited-1
航空科学博物館

DSC09397_edited-1
館外にある747のノーズ部分の展示

昨日の日曜日(6月15日)は、東京はとてもよい天気でした。成田・航空科学博物館でビデオ上映会をさせていただいたのですが、ご家族連れでとても賑わいました。ご来場いただいた皆様に感謝!

DSC09403_edited-1
DSC09401_edited-1
館内の掲示

DSC09408_edited-2
上映会の様子

スカイマークの新型機、エアバスA330-300が羽田~福岡線に初就航


<6月14日に羽田~福岡線に初就航した、スカイマークのエアバスA330-300型機>

 
日本で初めて、エアバスA330-300型機を導入したスカイマーク。2014年6月14日、このA330-300型機が羽田~福岡線に初就航しました。初便の羽田発・福岡行き、SKY003便は定刻7時40分発のところ18分遅れの7時58分に出発。使用機材の機体番号は「JA330B」でした。

 
airbus-greensheet
<スカイマーク エアバスA330-300型機のグリーンシート(写真提供:Airbus)>

 
スカイマークのA330-300型機は、全席、足元が広くゆったりとした「グリーンシート」を採用しています。グリーンシートのシートピッチ(前後間隔)は38インチ(96.5センチメートル)で、JALのクラスJと同等レベル。座席数も通常のA330-300型機が400席前後のところを、271席に抑えており、とてもゆったりとした機内空間を実現。さらに半年間の期間限定で、ミニスカートを着用した客室乗務員(CA)が機内サービスを行うということで、大きな話題となっています。

JALやANAと競合する羽田~福岡線という基幹路線に、新機材と新シートの投入で新たな戦い挑むスカイマークですが、シートが広くなっても料金は従来通りなので、利用者にとっては嬉しいところ。

スカイマークは6月14日から8月8日まで、羽田~福岡線で最大1日5往復をA330で運航、8月9日からは便数を拡大し、1日10往復のうち8往復をA330で運航する予定です。

従来、スカイマークの使用機材はボーイング737-800型機(座席数177)に統一されていました。現在、スカイマークはエアバスA330-300型機を2機導入済みで、2015年までに10機の導入を予定しています。また、超大型機エアバスA380の導入も決定しており、現在エアバス社で製造中です。
 

airtown-ad

伊丹空港・関西空港

最近は成田・羽田の動画ばかり公開していたので、少し他の空港で撮影したストックも発掘しようと思っています。まずは、伊丹・関西あたりから。

ANAが下地島空港でのパイロット訓練を終了する模様

報道によれば、ANAは2014年度は下地島空港での訓練は行わない意向とのこと。空港施設の維持管理費の半額は2014年度に限って負担するそうですが、訓練終了は既定路線のようです。

JALに引き続き、ANAも下地島空港の訓練終了となった場合、下地島空港の利用者としてはJTAやRACの名前が挙がっているようです。

昔、JALとANAが盛んに訓練飛行をしていた頃を偲んで、YouTubeに当時の様子を撮影した動画をアップしました。2007年6月、梅雨明け直後の下地島空港で撮影したものです。沖縄らしい青空と透き通る海をバックに飛ぶ旅客機が美しいので、お時間が許せば、ぜひご覧ください。

ANAの下地島空港での訓練終了を告げる新聞記事
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-220826-storytopic-4.html

下地島空港でのパイロット訓練風景

パイロット訓練用空港である下地島空港。下地島は沖縄の宮古島の近くにあり、その周囲は美しい海とサンゴ礁に囲まれています。

以前は日本航空と全日空を中心に、パイロットの訓練飛行が盛んに行われていましたが、日本航空は経営破綻を機に、2009年度を最後に下地島空港での訓練を終了。報道によれば全日空も、2014年度以降は下地島空港での訓練を行わないことになってしまいました。

この動画は、今はもう見ることができなくなった日本航空のボーイング777のパイロット訓練を中心に、下地島空港での訓練飛行の様子をご紹介するものです。

なお、映像のかなりの部分は、特別な許可をいただいて、下地島空港のエプロン内(制限区域)で撮影しました。

成田の桜とJAL 787-8

昨日の土曜日(4月5日)、成田空港近くのさくらの山公園で撮影した、JALの787の離陸・着陸シーンです。桜がきれいに咲いている時期に、好天の下で撮影できたのは、数年ぶりのことでした。

ANA 747 MEMORIAL

  • 2014-04-01 (火)
  • 747

2014年3月31日、ANAのボーイング747(通称ジャンボジェット)は、最後の1機がラストフライトを終えて退役しました。この動画は、ANA ボーイング747の全機退役を記念して、制作したものです。

那覇空港、セントレア、新千歳空港、成田空港、羽田空港で撮影した、ANA 747の在りし日の姿をご覧になりながら、別れを惜しんでいただければと思います。

ホーム > 02 Video Movie

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top