フラットベースの三脚にボール運台を付けるためのアダプター

マンフロットの325N(ビデオ雲台アダプターボール)を使用しての撮影

マンフロットの325N(ビデオ雲台アダプターボール)を使用しての撮影

リーベックのRH35R(ビデオ運台)、マンフロットの325N(アダプター)、マンフロットのMDeVe 756B(三脚)の組み合わせ

リーベックのRH35R(ビデオ運台)、マンフロットの325N(アダプター)、マンフロットのMDeVe 756B(三脚)の組み合わせ

マンフロットの325N(ビデオ雲台アダプターボール)という製品を買いました。この製品は、中の取り付け用のねじを交換すると、マンフロット以外のボール運台も取り付け可能になります。このアダプターのおかげで、私が普段愛用しているリーベックのRH35Rというビデオ運台を、マンフロットのMDeVe 756Bという三脚に取り付けることができるようになりました。

Manfrotto 325N
https://www.manfrotto.jp/bowl-adapter
https://www.youtube.com/watch?v=umShHVoz4q0

Libec RH35R
http://www.libec.co.jp/products/discon/RH35R.html

MDeVe 756Bは、エレベーターの上にレベラーが載っているビデオ用の比較的小型の三脚です。エレベーターがあるおかげで上下の微調整が簡単にでき、サイズも大きすぎないため、羽田空港の展望デッキのようなワイヤーフェンス越しでの撮影に最適なのですが、フラットベースのため、これまではボール運台であるリーベックのRH35Rを取り付けることができませんでした。このアダプターのおかげで、長年の懸案事項が解決しました。全体の重心がやや高くなるのが難点ではありますが、抜群の操作性を誇るRH35Rを使えるのは大きなメリットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


* (上の4桁の英数字を入力して下さい)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください