Home > アーカイブ > 2012-07

2012-07

北京首都国際空港(2012年7月)(その1)

 7月28日、北京から東京に戻りました。北京首都国際空港で少し時間が取れたので、空港内や飛行機を撮影しました。北京空港がどんなところか、写真でご紹介してみたいと思います。(※写真は全てビデオからのキャプチャです。クリックすると拡大表示になります。)

pek-20120728-01.jpg
北京空港第3ターミナル(ターミナル3C)4階 国際線出発フロアの入り口。

 北京空港には、ターミナルビルが第1から第3まで、3つあります。私が利用した第3ターミナルは、さらに国内線用のターミナル3C、北京オリンピックのチャーター便専用の3D、国際線用の3Eに分かれています。ターミナル3Eは、主にスターアライアンス、ワンワールド加盟各社が利用しており、JAL、ANAともにここを利用しています。

pek-20120728-02.jpg
ターミナル3C 4階の入り口をはいったところ。

pek-20120728-03.jpg
入り口からは橋を渡るような形になります。

pek-20120728-04.jpg
下にある到着フロア。

pek-20120728-05.jpg
特徴的な天井。とても高い。

pek-20120728-06.jpg
JALのチェックインカウンター。

pek-20120728-07.jpg
空港内に設けられた案内板。

pek-20120728-08.jpg
竜のモニュメント。国際線の出発口の近くにあり、待ち合わせによく使われているようです。

pek-20120728-09.jpg
国際線の出発口。この先は、搭乗券を持っていないと入れません。

pek-20120728-10.jpg
国際線用のターミナル3Eへ行くには、自動運転の列車に乗ります。下に見えるのがその乗り場です。

pek-20120728-11.jpg
ターミナル間を結ぶ列車。

pek-20120728-12.jpg
列車の前方の窓からの眺め。

pek-20120728-13.jpg
ターミナル3Eで、出国審査を待つ人の列。

pek-20120728-14.jpg
ターミナル3Eにある噴水。

pek-20120728-15.jpg
人民元との両替カウンターと免税店。

pek-20120728-16.jpg
搭乗ゲートに向かう通路。

pek-20120728-17.jpg
搭乗ゲート付近。

pek-20120728-18.jpg
搭乗ゲート。

羽田から北京へ

 7月26日から28日にかけて、北京に出張しました。北京へは、羽田空港の国際線ターミナルから出発。初めて、国際線ターミナルの出発口の中に入りました。中がどのようになっているか、写真で紹介してみたいと思います。(※写真は全てビデオからのキャプチャです。クリックすると拡大表示になります。)

hnd-20120726-02.jpg
セキュリティチェックの出口にある吹き抜けのスペース。

 この吹き抜けのスペースの周囲には、有名ブランドの免税店が多数あります。エスカレーターで上にあがると、航空会社のラウンジやレストランがあります。

hnd-20120726-03.jpg
東京みやげのショップ。

hnd-20120726-06.jpg
搭乗ゲートへ向かう通路。

hnd-20120726-04.jpg
搭乗ゲート。

hnd-20120726-01.jpg
搭乗ゲート付近は、ガラス越しでの撮影には向きません。

 この日(7月26日)乗ったのはJALの23便、定刻9:10発の北京行き。本来なら787のはずなのですが、ここしばらくは機材変更で767-300に・・(涙)。しかも北京が悪天候で、出発が1時間ほど遅れました。待ち時間を利用して、普段は撮れないアングルからの空港らしいカットの撮影にトライ。

hnd-20120726-07.jpg
hnd-20120726-08.jpg
hnd-20120726-09.jpg
hnd-20120726-10.jpg
hnd-20120726-11.jpg
hnd-20120726-12.jpg
hnd-20120726-13.jpg
hnd-20120726-14.jpg
hnd-20120726-15.jpg
hnd-20120726-16.jpg

セントレア遠征

 7月16日(月)~7月17日(火)、夏休みを利用して、セントレア遠征を実施しました。当初予定では、日本飛行機ビデオクラブ~Team Flyer’s Film~の他のメンバーと一緒に、7日間程度の長期ロケを行うつもりだったのですが、様々な調整が思いのほか難航したため、今回は私のみ期間を短縮して実施しました。

 16日、17日のセントレアは、両日ともほぼ快晴で風も弱く、まれにみる撮影日和でした。ただ、猛暑のため長時間の屋外撮影はかなり過酷。マジで熱中症を心配しながらの(笑)撮影となりました。下の写真は、スカイデッキと呼ばれる展望デッキで撮影したビデオからのキャプチャです。(※クリックすると拡大表示になります)

ngo-201207-01.jpg
ngo-201207-02.jpg
7月13日~16日に、セントレア~沖縄那覇で運航されていたANAポケモンジェット
(実際には、7月17日の朝も見ることができました)

ngo-201207-03.jpg
北ウイング側(国内線)

ngo-201207-04.jpg
南ウイング側(国際線)

ngo-201207-05.jpg
ngo-201207-06.jpg
ngo-201207-07.jpg
ngo-201207-08.jpg
ngo-201207-09.jpg
スカイデッキ先端部分で撮影した離着陸機

ngo-201207-11.jpg
ngo-201207-12.jpg
ngo-201207-13.jpg
ngo-201207-14.jpg
ngo-201207-15.jpg
ngo-201207-16.jpg
夜のセントレア

 スカイデッキは、ワイヤーフェンスの形状がビデオ撮影には向かず、大型のビデオカメラは使用不能で、さらに撮影にはかなりコツがいるのですが、前回(2009年)の経験があったので、ある程度はスムーズに撮影ができました。ただし、離着陸機の撮影では、滑走路の左右どちらか半分しか撮影できないため、撮影が中途半端なものになってしまう点は否めません。

 今回、セントレアにはドリームリフターが来ていました。ドリームリフターは、ボーイング787の機体部品を運搬するための大型輸送機です。

ngo-201207-17.jpg
404~406番スポットに駐機中のドリームリフター

ngo-201207-18.jpg
機体部品を積み込む際には、機体後部が折れ曲がります

ngo-201207-19.jpg
ngo-201207-20.jpg
ngo-201207-21.jpg
ngo-201207-22.jpg
出発するドリームリフター

 ドリームリフターは、17日の19:00頃に離陸。その時間は夏場でまだ暗くなる前だったので、十分に撮影可能だったのもラッキーでした。

「ANAグループの翼たち」をYouTubeで公開

hij-20111225-E-3.jpg

 7月8日に、所沢航空発祥記念館で上映した、「ANAグループの翼たち」(制作:日本飛行機ビデオクラブ~Team Flyer’s Film~ 五十嵐史彦、星澤 隆、宮代賢二)をYouTubeで公開しました。当日、お越しいただけなかった方は、ぜひご覧下さい。

セントレア撮影準備

  • 2012-07-10 (火)
  • 2012

 7月から8月にかけて、日本飛行機ビデオクラブ~Team Flyer’s Film~は、セントレアでの長期ロケを行います。日数はトータルで7日間程度を予定しています。

 以前、個人的にセントレアを訪れた際には、展望デッキ(スカイデッキ)のワイヤーフェンスをいかに攻略するかに苦心したのですが、今回のロケではそのような状況は発生しません。というのも、今回の案件は中部国際空港の正式な許可に基づくもので、撮影には先方の多大な協力が得られるからです。従来の遠征とは全く異なる撮影条件なだけに、撮影結果のレベルを高めることには最大限の努力をしたい。撮影機材や撮影方法の面で、新たなチャレンジを計画中で、これはこれで今までとは異質なプレッシャーに直面しております(笑)。

 ngo-20090921-16.jpg

 セントレアといえば、この「ドリームリフター」ですが、当然これも被写体リストに入っております。予定では、間近で撮影するチャンスがあるはずなので、とても待ち遠しい。

Home > アーカイブ > 2012-07

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top