Home > アーカイブ > 2011-07

2011-07

【DVD】日本の空港 映像図鑑、制作状況(2)

 7月31日(日)、シンフォレストさんと制作中の【DVD】日本の空港 映像図鑑のナレーションの収録に立ち会いましたので、その様子をご紹介します。

 ナレーションの収録は、東京・広尾にあるスタジオで行われました。

studio-20110731-1
スタジオのある建物の外観(今回使用したスタジオは、この地下にありました)

 収録作業は、シンフォレストの制作部門の方2名、プロのナレーター、スタジオ所属のサウンド・エンジニア、私の計5名で行われました。

studio-20110731-2
ナレーター用のブースの中で、台本を読むナレーター

studio-20110731-3
スタジオ所属のサウンド・エンジニアと、録音・編集用機材

 ナレーターは、防音が施された専用のブースに入ります。その他の人たちは、サウンド・エンジニアのいる部屋で、ナレーターへの指示や収録した音声のチェックを行います。

 今回は、とてもさわやかで若々しい声の女性のナレーターに担当していただくことができました。ナレーションの収録は映像を見ながら行うのですが、声が映像の中の青空にとてもマッチしていて、映像の美しさが何割か増して見えました(笑)。ナレーションの台本は、A4版で34ページとかなりのボリューム。収録には午後一杯かかりました。こうした場に立ち会うのは初めてだったのですが、プロのナレーターは、長時間の収録作業でも、最初から最後までテンションや声の調子を一定に保つことができます。これは、やはり凄いスキルだと思いました。

 収録作業は、概ね台本1ページ単位に行われました。サウンド・エンジニアは、ナレーションを入れる場面の映像を探してスタートさせ、スタンバイします。それぞれのナレーションの開始の合図は、シンフォレストの制作部門の方が出しました。台本の分量が多いので、リテイクもそれなりに発生しましたが、サウンド・エンジニアの手際もとても素晴らしく、収録作業は効率的に進みました。映像に、プロの手によるナレーションが入ると、作品のクオリティも一段と増して、完成が待ち遠しくなりました。

 発売までにはまだ、音楽・現場音・ナレーション音声のミキシング作業、パッケージやメニュー画面のデザイン、DVDのオーサリングなどの作業が残っています。

新ポケモンジェット「ピース★ジェット」

hnd-20110718-1.jpg
hnd-20110718-2.jpg
hnd-20110718-3.jpg
2011/07/18 ANA Boeing 777-300 ピース★ジェット

 少し前に羽田空港で撮影した新ポケモンジェット「ピース★ジェット」です。撮影日は7月18日(月・祝)で、ピース★ジェットが初めて羽田~新千歳線に就航した際の映像です。出発時刻は13:00でした。12:00頃までは日が差していたのですが、出発時には日が陰ったため、ごらんの通り今一つの映像になってしまいました。

 今週末、【DVD】日本の空港 映像図鑑のスタジオ録音の立会いがなければ、新嵐ジェットと合わせて再撮影に行きたいところなのですが、しばしのお預けです。

【DVD】日本の空港 映像図鑑、制作状況(1)

studio-image

 シンフォレストさんと制作中の【DVD】日本の空港 映像図鑑ですが、編集作業はほぼ終了し、最終チェックの段階に入りました。今週末は、東京の広尾にあるスタジオで、ナレーション録りに立ち会う予定です。録音スタジオに行ったり、プロのナレーターのお仕事ぶりを拝見したりするのは初めてなので、とても楽しみです。

先週末の羽田空港(その2)

 前回の記事に引き続き、先週末の土日(7月23日、24日)に羽田空港で撮影したカットの中から、いくつかご紹介したいと思います。(※写真はビデオからのキャプチャです。クリックすると拡大表示になります)

hnd-20110724-1.jpg
プッシュバック直前の風景

hnd-20110724-2.jpg
プッシュバック中の飛行機と、グランドスタッフ

hnd-20110724-3.jpg
Skymark 737のアップを地上から

先週末の羽田空港

 羽田空港の新しい撮影ポイントの開拓や、これまで撮れなかった映像の撮影にすっかりはまってしまったので(笑)、先週末の土日(7月23日、24日)は、天気のよい時間帯を狙ってまたも羽田空港に行ってしまいました。

 撮影したカットの中からいくつかご紹介します。(※写真はビデオからのキャプチャです。クリックすると拡大表示になります)

hnd-20110724-4.jpg
新国際線ターミナルをバックに、離陸機を地上からワイドで撮影

hnd-20110724-6.jpg
滑走路に向かうスターフライヤーA320

hnd-20110724-5.jpg
旧管制塔をバックに、空港内を行きかう車両群を撮影

 スターフライヤーが見えると、あの黒い機体が美しくて、ついついレンズを向けてしまいます(笑)。

Starflyer A320 push back (HND/RJTT)


Starflyer A320 push back (HND/RJTT)

Live Sound Version (3:44)
Windows Media 720×480 (4Mbps)

 羽田空港の沖スポットで、プッシュバックするスターフライヤーのA320、関西空港行きです。スターフライヤーは私のお気に入りで、大阪に行く用事があるときには、たいていスターフライヤーを使っています。

 この日は北風で、背後を行きかう飛行機が賑やかです。最後のカットには、ソラシドエアも写っています。音があまりきれいに録れていない点はご容赦を・・。

今までは撮れなかった映像を撮る(5)

 j-sky管理人の星澤です。いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。私は東京在住で、羽田・成田がホームグラウンドです。最近は、787が来たおかげで羽田通いが続きましたが、羽田空港は、4本の滑走路、3つの旅客ターミナルビル、日本最大の旅客数と極めて多くのトラフィックを誇り、本来はとても魅力に富んだ被写体のはずです。ところが、撮影者にとっての人気はそれほど高くありません。その理由は、撮影するには非常に厳しい環境だからです。

haneda-fence-2011-2.jpg
羽田空港内のフェンス(高いだけでなく、金網が二重になっている)

 ・セキュリティが厳しく、空港内はどこも高いフェンスがある。その金網は網目が細かく、かつ二重になっている。(脚立でフェンスの上から撮ることは不可能)
 ・海上空港のため、空港外周からは滑走路に近付けない。
 ・展望デッキにも高いフェンスがある。

 とはいいつつも、展望デッキは第1ターミナル、第2ターミナルともワイヤーフェンス化(ビデオ用の三脚も使用可能)が進行中で、やや撮影環境は改善されました。

haneda-fence-201107-3.jpg
羽田空港の展望デッキのワイヤーフェンス(第2ターミナル南側)

 空港の周囲には、海をはさんで城南島海浜公園、京浜島つばさ公園、川崎浮島公園などの撮影ポイントがあります。滑走路の運用変更により、ランウェイ22からの着陸が増えて、京浜島での撮影チャンスが増えたのも好材料となっています。ただ、こと空港内に関しては、展望デッキ(や駐車場)くらいしか撮影場所がありません。これらは、いずれも高い場所からの撮影で、みんな俯瞰気味のカットになってしまいます。飛行機に近づいて、広角・ローアングルで迫力のあるカットが撮りたいと思っても、とても無理というのが現実でした。

 そうした中、天候にも恵まれた7月16日(土)、初めて「羽田でこういうカットを撮りたい」と願ってきたものをビデオ撮影することができました。それでは、実際に撮影したカットをご紹介しましょう。羽田でなければ、どうということもないカットかもしれませんが、羽田だと高い二重のフェンスに阻まれて、今までこのようなカットをビデオで撮ることはできませんでした。これにより、おかげさまで、羽田空港に関する映像ストックのバリエーションが一気に広がりました。(※写真は、全てビデオからのキャプチャです。クリックすると、拡大表示になります)

hnd-20110718-01.jpg
hnd-20110716-01.jpg
撮影ポイントA

hnd-20110716-07.jpg
撮影ポイントB

hnd-20110716-04.jpg
hnd-20110716-03.jpg
hnd-20110716-05.jpg
撮影ポイントC

hnd-20110716-21.jpg
hnd-20110716-25.jpg
hnd-20110716-22.jpg
hnd-20110716-23.jpg
撮影ポイントD

hnd-20110716-45.jpg
hnd-20110716-46.jpg
撮影ポイントE

hnd-20110716-48.jpg
hnd-20110716-49.jpg
hnd-20110716-54.jpg
hnd-20110716-55.jpg
撮影ポイントF

 さて、撮影ポイントA~Fとありますが、羽田空港をよくご存知の方であれば、それぞれ羽田空港内のどの辺りで、どのような方法を使って撮影されたものなのか、推理してみるのも面白いのではないでしょうか。

 作例を多数ご紹介したので、謎?はすぐに解明されてしまうと思いますが、それまでの間は、当サイト独自のささやかなノウハウ&セールスポイントとさせていただきたいと思います(笑)。当サイトでは、さらに羽田空港の新たな魅力の発掘と、その映像の公開に努めたいと思います。

今までは撮れなかった映像を撮る(4)

 3回にわたる撮影場所のクイズですが、正解はいずれも「羽田空港」です。

 サンプル1はB滑走路東側の誘導路を進むANA 747、サンプル2は沖スポットでプッシュバックするStarflyer A320、サンプル3は新国際線ターミナル前のエプロンに駐機中のJAL 767です。いずれも被写体自体は特に目新しいものではありません。一方、撮影ポジションですが、いずれも地上からローアングルで、ズームは広角~標準で撮っています。一般の方からすれば「だから何だ」という感じでしょうが、羽田空港の撮影環境をよくご存知の方には、少なからぬ驚きを感じていただけたのではないでしょうか。

 私はずっと、羽田でこういう絵が撮りたいと思ってきたので、やっと念願がかないました。
 (続く)

今までは撮れなかった映像を撮る(3)

 前回、前々回に引き続き、写真(ビデオからのキャプチャ)と動画をご覧下さい。

hnd-20110716-41.jpg
サンプル3
Windows Media 1280×720 (8Mbps)

 さて、今度のこれはどこで撮影したものでしょうか?
 (ヒント:よく見ると、映像の中に空港名が書かれているような・・(笑))
 (続く)

今までは撮れなかった映像を撮る(2)

 前回に引き続き、写真(ビデオからのキャプチャ)と動画をご覧下さい。

hnd-20110716-60.jpg
サンプル2
Windows Media 1280×720 (8Mbps)

 さて、今度のこれはどこで撮影したものでしょうか?
 (ヒント:先のサンプル1と同じ空港です)
(続く)

Home > アーカイブ > 2011-07

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top