Home > アーカイブ > 2010-02

2010-02

遠征の成果について(旭川空港)

  • 2010-02-27 (土)
  • 2010

 2/22~2/27の予定で旭川・女満別遠征に出かけたのですが、事情により、旭川で2日間撮影をしたところで中止となりました。今は東京に戻っているのですが、しばらくはこちらの活動に時間を割けないため、成果(動画)の公開はしばらく先になります。すみません。

 以下の写真は、旭川空港で撮影した動画からキャプチャしたものです。(※写真はクリックすると拡大表示になります)

akj-200202-1.jpg
旭川空港ターミナルビルと管制塔

akj-200202-2.jpg
着陸直後のJAL A300

akj-200202-3.jpg
スポットインするJAL A300

akj-200202-4.jpg
機体のデアイシング作業

akj-200202-5.jpg
着陸するANA B737

akj-200202-6.jpg
着陸するCHINA AIRLINES B737

akj-200202-7.jpg
着陸するAIR DO B737

akj-200202-8.jpg
除雪作業

akj-200202-9.jpg
スポットインするSKYMARK B737

akj-200202-10.jpg
スポットインするJAL A300

旭川・女満別遠征(2/22~2/27)

  • 2010-02-21 (日)
  • 2010

 ここ数年、冬場は新千歳空港に遠征していたのですが、遠征先のバリエーションを増やしたいという理由から、今年は旭川空港、女満別空港に遠征することにしました。日程は、2/22~2/27の予定です。遠征中、当サイトの更新ができるかどうかは分かりませんが、だめでも遠征終了後には、現地での様子を公開していきたいと思います。

ANA Mohican Jet


2010/01/23, 2010/02/06 ANA Mohican Jet
Windows Media 720×480 Large (4Mbps)

 羽田空港で撮影したANAのモヒカンジェット(ボーイング767-300)です。撮影場所は、最初の着陸シーンが川崎の浮島公園、中盤のタキシングは第2ターミナル、最後の離陸シーンは城南島海浜公園です。正直なところ、出来は今一つのため(離陸シーンの逆光がきつすぎる)、もっと撮影条件の良い日に、また撮影に行きたいと思っています。

※2010/2/6 追記
 今日、後半の離陸シーンを撮り直しました。今の時期の城南島海浜公園からの離陸シーンの撮影は、午前中でも遅い時間はかなり逆光気味になります。前回は11:20頃の離陸、今回は9:50頃の離陸で、光線の具合はだいぶましになりました。

ライブサウンドの魅力

  • 2010-02-03 (水)
  • 2010

 当サイトの動画は、基本、音楽に合わせて編集して公開しています。先日リリースした新千歳空港のBlu-ray/DVDも、1つのチャプターを除いて、全て音楽付きです。音楽付きの映像であるところがいいというコメントをいただくことも多いのですが、逆に、むしろ音楽は無い方がいい(ジェットサウンドをもっと堪能したい)というコメントをいただくことも、少なからずあります。

 実は、新千歳空港での撮影は、羽田や成田と違って周囲に人も少なく(というか真冬だと全くいないことも多い)、道路からも離れていて自動車の音が入ることも無く、多くのカットではライブサウンドがかなりきれいに録れています。特に、音楽なしのライブサウンドで、きれいに撮れたハイビジョンの映像を大画面テレビに映すと、まるでその場にいるかのような臨場感が得られます。

 ということで、現在、試しに新千歳空港のBlu-ray/DVDのライブサウンド版を作成中です。単に音楽を抜くだけだと、風の音がひどい部分や、カットのつなぎに違和感を感じるところがあるため、そうした部分には手を入れる必要があります。ですが、ざっとやってみた感じでは、これはこれで結構いけるかも・・(笑)。

 ライブサウンド版なら見てみたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。近日中に完成すると思いますので、そういう方はもうしばらくお待ち下さい。

「千歳の雪の中できちんとフライトできれば、・・・

  • 2010-02-01 (月)
  • Book

kuukou-25jikan.jpg

たぶん世界中、雪で恐れるところはどこもないでしょう。」

 最近、講談社で文庫になった「空港 25時間」(鎌田慧著)の中で紹介されている、機長Aさんのコメントです。

 パイロットの立場からすると、国際線よりも国内線の方が技術的には難しいそうです。日本は四季があって、変化があるからだとのこと。特に冬の新千歳空港のような雪は困る。雪が降れば滑走路は滑りやすくなる。着陸時もそうだし、誘導路をタキシングする際も難しい。アイスバーンになっていようものなら、滑りやすく、とても怖いのだそうです。先日完成した、新千歳空港のBlu-ray/DVDの中でも、

pokemon-1.jpg
雪の中を着陸するANAのポケモンジェットが、滑走路にタッチダウンした瞬間

pokemon-2.jpg
離陸のため、誘導路を滑走路に向かうポケモンジェット

pokemon-3.jpg
上の写真の、誘導路のアップのようなシーンがあったことを思い出しました(写真はクリックすると拡大表示になります)。撮影している立場からすると、これぞ新千歳の冬景色だと感じるのですが、運航する立場からすると、このような状況はできれば避けたい。一番下の写真のように誘導路が凍り付いているような時は、やはり細心の注意を払って機体を動かしているのだということが改めて分かりました。

Home > アーカイブ > 2010-02

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top