Home > アーカイブ > 2009-01

2009-01

AIR DO B767-300


cts-0029: AIR DO B767-300

Live Sound Version (3:13)
Windows Media 720×480 (2.2Mbps)

 新千歳在庫発掘第3弾は、AIR DOのB767です。AIR DOの黄色と水色の塗装は、羽田とかで見るとちょっとインパクトが弱いように感じるのですが、北海道の雪景色の中で見るととても良い感じです。やはり地元にベストマッチのペイントだということなのでしょうか。

ANAユニフォームコレクション2

 ANAユニフォームコレクション2、発売中だそうです。お値段は1箱(1体)450円です。フィギュアはANA客室乗務員にとどまらず、パイロット、整備士、グランドスタッフなど8種類。箱の中のフィギュアは、買って開けてみるまでは何が入っているかは分かりません。

figuatwohp.jpg
ANA FESTA:
http://www.anafesta.com/

のりもの倶楽部の通信販売

 2009年1月30日発売のエアライン3月号の123ページに、のりもの倶楽部というグッズショップの通信販売の広告が載っています。その中の商品の一つに、私が撮影を担当した英国Avion社の”Airport Action – Japan”というDVDもありました。

W064[1].jpg
Airport Action – Japan DVD (105分)

 海外のサイトに注文するのは不安・・という方は、こちらに注文するというのはいかがでしょうか?なお、価格は4,200円、その他に送料が1,000~1,200円かかるとのことでした(送料がやけに高い・・)。

日本航空、全日空の路線廃止・減便

 日本航空と全日空は世界景気低迷による需要減を受け、不採算路線の見直しを加速するとのことです。対象の路線は、以下の通り。特記以外は3月末~4月から実施です。対象が関空にかなり集中していますね。

日本航空
<国内線>
廃止: 関空~女満別、※関空~青森、※関空~帯広(9月~)、※関空~釧路(9月~)、関空~旭川(10月~)
減便: 羽田~関空
<国際線>
廃止: 関空~ロンドン
減便: 成田~ニューヨーク、成田~バンコク、成田~ソウル
<貨物>
廃止: 成田~マニラ、関空~台北
(注:※は現在も季節運行)
全日空
<国内線>
廃止: 神戸~仙台
季節運行化: 新千歳~岡山、新千歳~広島
減便: 羽田~神戸、中部~米子、関空~羽田、関空~高知、関空~松山、関空~鹿児島
<国際線>
廃止: 中部~広州、中部~天津

 今年に入って経済環境は厳しくなる一方です。海外でも、航空会社が倒産したりすることが無いことを祈りたいですね。

素晴らしき飛行機写真の世界

  • 2009-01-25 (日)
  • Book

 航空写真家の青木勝さんが書いた『素晴らしき飛行機写真の世界』(エイ出版社、1,575円)を買いました。

aoki-book.jpg

 内容ですが、
  PART1 飛行機の魅力
  PART2 飛行機を撮ろう
  PART3 空港へ行こう
  PART4 撮影テクニック
  PART5 青木勝の下地撮影行  
という5章だてで、飛行機の魅力、飛行機写真の魅力、飛行機撮影の機材やテクニックを解説しています。写真も新旧とりまぜてかなり掲載されており、歴史が感じられて、興味深いものがありました。著者の飛行機や飛行機の写真に対する想いが感じれらる内容です。撮影テクニックに関しては、基本的に入門者向けかなと思いましたが、山と空港を撮るならここ、海と空港を撮るならここといったガイダンスは、遠征先の検討の参考になりました。

 この本を読んで、以前購入したシンフォレストのCD-ROM「青木勝作品集-旅客機の世界」を久しぶりに取り出してみました。

aoki-cdrom.jpg
 このCD-ROMは、こういうカットをビデオで撮れたら最高だろうなあと思える、素晴らしい写真が満載なんですが、残念ながら既に絶版です。たまにオークションやAmazonの中古販売で見かけることがあるので、まだご覧になったことが無い方は、見つけたら即買いをお勧めします。

AIR NIPPON NETWORK DASH8


cts-0028: AIR NIPPON NETWORK DASH8

Live Sound Version (3:29)
Windows Media 720×480 (2.2Mbps)

 新千歳在庫発掘第2弾は、エアーニッポンのDASH8です。機体は小さいとはいえ、雪景色にとても映えるペインティングで、存在感抜群です。撮影は、2007年の1月に行いました。2008年1月に新千歳に行ったときには、この花柄の機体は路線変更のためか全く見ることができませんでした。会えるのを楽しみにしていたのですが、残念でした。

ズームリモコンの交換

 以前から使っていた、CANONのZR-1000というズームリモコンの動作が不安定になってきました。

zoom-old.jpg
CANON ZR-1000
ズームを止めるためにレバーから手を離しても、すぐに止まらなかったり逆に戻ったりします。修理も考えたのですが、既に5年以上も酷使しているので、この機に買い換えることにしました。新しいリモコンは、SONYのRM-1BPにしました。実売価格は約15,000円でした。

zoom-new.jpg
SONY RM-1BP
 
 レバーの押し加減で可変速ズームができるのですが、使ってみるとフィーリングは良好で、すぐに慣れることができました。また、さらにそのズームスピードを三段階に調節できます。その調節スイッチが操作しやすい場所についているので、今まで使っていたリモコンよりもむしろ操作性が向上し、とても気に入りました。

 私が飛行機の撮影を行う上では、ゆっくりと安定したスピードでのズーム操作を、パン棒を持つ手元で自由にできることが絶対条件です。そのため、この種のズームリモコンは、カメラ本体、三脚と同じくらいに重要です。

 このリモコンは、家庭用ビデオカメラのカタログには載っていません。ビデオカメラとの接続は、LANC端子で行うのですが、LANC端子は今年新発売の各社の家庭用ビデオカメラには搭載されていませんし、業務用を除けばSONYのハイエンドの機種以外には今後搭載されそうもありません。家庭用ビデオカメラの新製品の中には、魅力的な製品もあるにはあるのですが、私にとってはこの種の高機能ズームリモコンが使えないと、なかなか購入に踏み切れません。

注目サイト「空港探索」

  • 2009-01-18 (日)
  • 2009

 遠征先を物色するために、インターネットで情報収集していたら、凄いサイトを見つけてしまったので、ご紹介します。その名も「空港探索」。(当サイトの”Link”ページにも掲載)

 このサイトの管理人「とりさん」は、日本の空港と名の付くところを全部制覇しようという目標を掲げて、実際にその地を訪れ、その様子を記録・公開されています。その数、実に100ヶ所以上(2009年1月現在)。サイトの記事は、空港での飛行機ウォッチングにとても役立ちます。メジャーな空港はほとんど網羅されているほか、特に最近は、滑走路跡地や航空遺物といった、いつ消えてなくなるかわからない場所を優先的に訪れるようにしているとのことです。

Early in the morning at New Chitose


cts-0027: Early in the morning at New Chitose

Live Sound Version (2:41)
Windows Media 720×480 (2.2Mbps)

 一昨年から、1月のこの時期は「新千歳に行きたい病」にかかってしまい、北海道に遠征していたのですが、今年は事情があって家を離れられずにいます。仕方がないので、その代わりに以前新千歳で撮影したストックの中からできのいいカットを発掘してみました。

 2008年1月下旬の早朝、新千歳空港が本格的に活動を始める前の様子です。朝もやにけむる時間帯から、日が昇りターミナルビルや飛行機の機体が光り輝く時間帯までを撮影したものですが、天気が良いと、早朝の新千歳空港はまた格別の美しさです。雪にあまり縁がない地域にお住まいのみなさんには、空港で活躍する除雪車のダイナミックな働きぶりもお楽しみいただけるのではないでしょうか。

空港の風景

 年末から年始にかけて、 成田と羽田に行ってきました。天気は良かったんですが、あえて飛行機ではなく、空港内をロケしてきました。管制塔、気象レーダー、ターミナルビル、出発・到着ロビー、航空会社のチェックインカウンター、電光掲示板、展望デッキそのもの、エプロン内で働くグランドスタッフの様子、カーゴエリア、整備場エリア、リムジンバスや空港内巡回バス、などなど。

narita-doom.jpg
成田空港のドップラーレーダー

 もともと、飛行機の離着陸の合間に、空港とその周辺の風景を撮るのはいつものことなのですが、空港そのものをターゲットにロケするというのは、今まであまりやったことがありませんでした。ですが、空港という場所は独特の雰囲気があるので、いざトライしてみると、これはこれでなかなか楽しいですね。なんでこんなことをしているかというと、「空港(と飛行機)」を題材にしたビデオ作品を作るのもおもしろいのではないかと、最近思いはじめたからで、そのための素材集めです。

 しかし、空港そのものの撮影は、警備の人に職務質問されてしまうので、まいりました。確かに、にぎやかなターミナルビルを離れて、三脚まで構えて、飛行機そっちのけで管制塔とか気象レーダーのドームとかを真剣に撮っていたりすると、怪しい雰囲気はありますよね。あえて、変にこそこそせずに堂々と撮りましたが、何度か職務質問を受けるはめになりました。「趣味で空港の風景を撮ってます」と答えると「止めてください」とまでは言われませんでしたが(苦笑)。

Home > アーカイブ > 2009-01

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top