Home > アーカイブ > 2008-01

2008-01

新千歳(2008)撮影記 (6)

 1月26日(土)、千歳空港滞在6日目、今日は最終日です。天気予報では午前中が雪だったので期待したのですが、見事にはずれました。実際には昨日に引き続き天気は快晴、風向きは北風です。連日、生コンポイントではつまらないので、午前中はランウェイ19Lエンドで着陸機を正面から狙うことにしました。

 7:00過ぎに19Lエンドに到着。東の空はきれいな朝焼けです。滑走路では、除雪車が除雪作業に奮闘中。




 一昨日に引き続き、除雪車のダイナミックな活動風景をビデオに収めることができました。

 除雪作業が終わり、着陸機が降りてきます。今日最初のB747のリバース(逆噴射)による雪煙を撮りたかったのですが、



 撮影ポジションのミスで機体の前にポールが・・(泣)。

 気を取り直して撮影を続けましたが、


 B747の二機目はこんな感じでした。

 また、着陸機以外にも、




離陸機の撮影も行いました。
 
 快晴だと逆光では厳しいので、午後の撮影ポイントの選択が難しくなりました。通常ならA-10に行くのですが、昨日は積雪にじゃまされて断念。とはいえ、もう最終日なので、今日はだめもとでトライすることに決めました。11:00頃、早々に19Lエンドを後にして、A-10に向かいます。
 昨日、A-10への入り口のある道道130号線は、その入り口部分も含めて路肩に除雪された雪が小山になっていて、その入り口に入ることも路肩に駐車することもできませんでした。とにかく車を停めるスペースさえあれば・・と考えていたら、今日はラッキーなことに、A-10への入り口から少し離れた路肩に、測量中の人たちが乗ってきた車が、路肩の雪に乗り上げた形で止まっています。しばらく待つと、仕事を終えて走り去った車の後になんとか駐車できそうなスペースが。ただ、車高の低い小型車で突っ込むには段差がきつすぎます。それならばということで、スコップを使ってそのスペースの雪かきをしました(笑))。


 こうしてやっと駐車スペースを確保。あとは機材を担いで、徒歩でA-10に向かいました。


 雪かきをした後で、いつもよりも長い距離(900メートルぐらい?)を、30~40センチほどの雪が積もった中、全部で13~14キロの機材をかついで歩くことに。初日は雪がほとんど無かったので、それほど苦労しなかったのですが、少しでも雪が積もると疲労度が格段に違いますね。今回、三脚と足場の作業台は背負子で背負ったのですが、「そり」のようなものを現地調達すべきだったかとかなり後悔・・(ホテルの近くのホームセンターに、プラスチック製の子供用のそりがあったのですが、荷物の固定が難しそうだったので、あきらめたんですよね・・)。道は途中、アップダウンがあるので、さすがに上りでは息も絶え絶え、気温は氷点下だというのに汗びっしょり、リタイア寸前でした(笑)。唯一の救いは、


既に先に行った人がいて、その人の通った跡があり、多少は歩きやすかったこと。

 30~40分かかったと思いますが、12:30頃、何とかA-10にたどり着きました。


 三脚に足場、カメラをセッティングし、撮影開始。





 撮影を開始して1時間ほどすると、なんと4WDのオフロード車があっさりここまで入ってきました(!)。そういう車と雪道の十分な運転経験があれば、苦労なしに来れるんですね・・。それはさておき、14:30頃には、




ANAのポケモンジェットをゲット。白い雪景色に、カラフルな機体がとても映えていました。

 帰りの飛行機の時間の都合上、15:00には撮影を終了。今日の成果は60分テープ3本強でした。ホテルで着替えやら、荷造りやらを行い、三脚や作業台を宅急便で発送。その後、レンタカーを返却し、新千歳空港へ。19:25発のANA便で、東京への帰途に着きました。

新千歳(2008)撮影記 (5)

 1月25日(金)、千歳空港滞在5日目。天気は快晴、風向きは北風です。午前中は昨日に引き続き、生コンポイントに向かいました。



 夜、いくらか雪が降ったので、着陸機のリバース狙いで早朝から陣取ったのですが、昨日の恨みを晴らすかのような完璧な除雪で、雪煙がちっとも立ちません(泣)。






 ただ、快晴かつ順光なので、飛行機自体はとても美しく撮れました。

 生コンポイントは午後は逆光になるので、昼食後、初日のようにA-10に向かいました。ところが、A-10は積もった雪のせいでいつも車を停める場所へ入ることができず、手前から徒歩で行くにも、道道130号線沿いには車を停める場所もないため、断念せざるを得ませんでした。しかたがないので、近くで他に撮れそうな場所はないかと、車でロケハンをしたところ、道道130号線沿いで着陸コースのほぼ真下にあたる場所を見つけました。


 電線があって、あまりビデオ向きの場所ではないのですが、木立の上を飛行機が通り過ぎる形になります。それなりの絵は撮れそうなので、トライして見ることにしました。





 電線のせいで、長いカットは無理ですが、今まで撮ったことが無い構図ではあります。

 ただ、そう長居するほどの場所でもないので、ここは15:30には切り上げ、夕日狙いで、再度生コンポイントに移動しました。





 残念ながら、きれいな夕焼けという感じにはならなかったのですが、日没後、暗くて撮れなくなるまで粘りました。おかげで、いくつかきれいな夜間の離着陸シーンが撮れました。

 帰り際、今度は、ネットですばらしい飛行機写真を公開されている「やぎっくす」さんにお会いしました。やぎっくすさんも遠征組ですが、実は昨年、私が新千歳に来たときにもニアミスしていた方なのでした。今回の遠征は、色々な方とリアルにお目にかかる機会に恵まれています。

 今日の成果は60分テープ3本半でした。快晴というコンディションにもかかわらず、昨日積もった雪のために行動が制約され、成果としては今ひとつの一日でした。明日は遠征最終日です。

新千歳(2008)撮影記 (4)

 1月24日(木)、千歳空港滞在4日目。天気は雪、風向きは北風です。午前中・北風の時の基本通り、生コンポイントに向かいました。

 生コンポイントまでの道も除雪は途中まで。除雪されていない最後の100メートルぐらいは、轍もなかったので、安全のため歩きました。撮影準備が整ったのは10:00頃。しかし、視界が悪くて飛行機の音はすれども姿が見えず状態・・。しばらくすると、現地の人と思われる車が2台ほど来たのですが、すぐに引き返してしまいました。


 10:00頃、到着直後の生コンポイントからの眺めです。


 撮ったというよりは、かろうじて写ったという感じのカット。飛行機が近づくまでは見えない、・・。



 滑走路では、除雪車や、滑走路の状態を確認していると思われる車が通りますが、除雪が追いつかない様子で、飛行機の発着もまばらです。


 少しの間、視界の回復を待ったのですが、逆に雪はますます強くなってきました。レンタカーは一応4WDですが、車高が低い小型車なので、あまり積もると雪で帰れなくなるのではないかと心配になってきました。私は雪道は初心者で、どのくらいの雪が限界かよく分かりません。なので、10:30頃には大事をとって撤収しました。実際、ホテルに帰るまでの道も、積もった雪で非常に運転しずらく、かなりの緊張を強いられました。

 ホテルに帰って、テレビをつけると、強い風と雪で、北海道の交通機関に大きな影響が出ているというのがニュースになっています。新千歳空港でも遅延、欠航が相次いでいるとのこと。雪も「適度に」降ってくれるのでないと、撮影どころか飛行機自体が飛ばなくなってしまう・・。冬の新千歳での撮影の難しさを再認識させられました。

 ところがです。今日はもう撮影はお休みかと思っていましたが、14:00頃になると、なんと雪は止み、空が明るくなって、青空まで見えてきました。ホテル前の道路もいつの間にか除雪されています。急いでもう一度、撮影機材を車に積み込みました。午後、北風だと順光狙いならA-10なんですが、撮影ポイントまで機材を運ぶのに時間がかかるので、すぐに日没になってしまいます。ここは逆光を覚悟で、もう一度、生コンポイントに行くことにしました。


 14:30頃、到着直後の生コンポイントからの眺めです。



 除雪車がひっきりなしに往復しています。除雪作業の関係で、2本ある滑走路のうちの1本を交互に使用していました。昨年は除雪作業はほんの少ししか撮影できなかったので、今日はラッキーでした。



 飛行機と除雪車がからむシーンも、しっかりゲット。



 B747のリバース(逆噴射)で盛大に舞い上がる雪煙(逆光なのが残念!)。



 16:00を過ぎると、もう夕暮れの景色になります。




 通常、手前の滑走路は着陸用なのですが、今日は離陸で使用することもありました。距離が近いので、迫力ある離陸シーンが撮れました。

 日も暮れての帰り際、当サイトをご覧いただいていて、ご自身でも「ブタネコのトラウマ」という秀逸なブログを公開されているブタネコさんに、偶然にも声をかけていただき、ご挨拶をさせていただきました。

 今日の成果は、60分テープ1本ちょっとでした。千歳滞在も4日間が経過。滞在は1/26(土)までなので、残りはあと2日間なんですが、天候が今ひとつで、昨年撮ったもの以上のカットがあまり撮れていません。状況によっては、旭川空港にもトライしようと思っていたのですが、今回は断念し、残りの期間も新千歳に集中することに決めました。

新千歳(2008)撮影記 (3)

 1月23日(水)、千歳空港滞在三日目。天気は晴れのち薄曇り、風向きは南風でした。



 早朝は、ランウェイ19Rエンドで、飛行機の防氷作業を撮影。





 その後は、ランウェイ19Lエンドに移動し、午前中は離陸機、午後は着陸機を中心に撮影。




 日没時は、ランウェイ19Lエンドの滑走路に一番近いところで、飛行機のほぼ真下から、頭のすぐ上を通る着陸機を撮影。すごい迫力、かつ滑走路の誘導灯の光が美しい・・。

 撮影成果は60分テープ4本半でした。3日間経過したところで、雪が降る日がなく、ちょっと残念。天気予報では、週後半は雪になるようなので、期待しています。

 夜は札幌で、当サイトにいつもコメントをいただいているもっちさんに初めてお会いし、楽しい時間を過ごさせていただきました。

新千歳(2008)撮影記 (2)

 1月22日(火)、千歳空港滞在二日目。天気は曇り、風向きは最初は南風、午後はしばらくして北風に変わりました。





 午前中から午後にかけては、ランウェイ19Lエンドで撮影。


 夕方は、ランウェイ19Rエンドで撮影。

 本日の撮影成果は60分テープ3本半でした。昨日と比べて、寒さはそう感じませんでしたが、曇りだと撮れる絵はいま一つ。晴れるか、いっそのこと雪が降ってほしい・・。

新千歳(2008)撮影記 (1)

 2008年1月21日(月)、昨年に引き続き、真冬の新千歳空港にやってきました。羽田発8:00のANA便で、定刻の9:35に新千歳に到着。到着時の天候は雪、北風。


 「いきなり吹雪の中での撮影か・・」 ところが、レンタカーを借りたり、滞在するビジネスホテルで事前に宅急便で送っておいた三脚や防寒着を受け取っているうちに、雪は止み、日が差してきました。撮影準備が整った12:00頃には、きれいな青空に。午後、北風ということで、撮影ポイントはA-10にしました。


 上の写真は、新千歳空港での撮影ポイント(赤い●印)の地図です。
 (クリックすると拡大表示となります)

 A-10は、ランウェイ01エンドの西側にあり、北風の時は、目の前を飛行機がタキシングしてきて180度ターンした後、離陸していくという迫力の撮影ポイントです。ただ、車で入るのが厳しい場所なので、入り口から機材を担いで800メートルほど雪道を歩かなければなりません。初日からとてもハードな撮影になってしまいました(苦笑)。しかし、A-10に到達した時には、一年ぶりの新千歳空港の美しさに、来たかいはあったと実感しました。


 13:30頃から撮影を開始。上は、今日(1/21)午後のA-10の景色です。




 青空、雪景色、順光ということで、飛行機がとても美しく見えます。

 ただ、寒さは厳しかった・・。感覚的には去年よりもかなり寒く感じました。特に、微妙な操作が必要な右手(手袋は薄手のものにせざるを得ない)が、撮影しているうちに寒さで感覚が麻痺してきて痛いほどになり、途中何回か撮影を中断して、暖めて感覚を回復させざるを得ない状況でした。
 
 夕方は、下のような感じでした。



 17;00頃に撮影を終了。今日の成果は60分テープ2本でした。1年ぶりの新千歳で勘を取り戻すのにちょっと手間取ったのと、途中寒さで撮影を中断した時間があったので、多少少なめでした。

 ホテルに戻って、ネットで新千歳空港の今日の気温を確認したところ、午後は-7~-11℃だったとのこと。去年より5℃ぐらい低い感じですね。今年は去年以上に、寒さとの戦いになりそうです。

2008年の抱負

  • 2008-01-03 (木)
  • 2008

 2008年の年頭にあたり、過去あまりしたことがない「今年の抱負」というものを考えてみました(笑)。2007年末、ちょっと必要に迫られて、これまでに撮影したカットの棚卸しを行いました。ハイビジョンのビデオカメラ「SONY HDR-HC1」を入手したのが2005年の7月。2005年、2006年は羽田・成田を中心に撮影。2007年は1月の新千歳、6月の下地島と二つの遠征を行ったので、羽田や成田での撮影が激減。特に成田での撮影は、新千歳行き前にフェンス越えの撮影の練習を行った12月16日の1回だけでした。

 羽田ではフェンスが大幅に強化され、空港外周での撮影は事実上不可能になってしまいました。飛行機を近距離で撮影できるのは、第一・第二ターミナルの展望デッキのみ。その展望デッキもカメラの撮影用の穴はあるとはいえ、ビデオだとパンができす、撮影環境としては好ましくないものとなってしまいました。

 一方、成田ですが、「さくらの山」「さくらの丘」の二つの公園の整備が進み、「さくらの山」ではフェンスの改善(なんと低くなりました!)も行われました。その他にも空港外周で撮影可能なポイントがいくつかあります。空港内部でも第一・第二ターミナルの展望デッキに加え、第一ターミナル南ウイングの出発ロビーでは(ガラス越しではありますが)スポットインやプッシュバックを間近で撮影できるようになりました。


2006年6月にオープンした第一ターミナル南ウイング


第一ターミナル南ウイングの出発ロビーからの眺め

 「もっと成田に気合を入れなければいかん!」ということで、年末年始の12月31日と1月2日、成田空港での撮影を行いました。実は冬場の成田は、今まで少し敬遠していたようなところがありました。空港内の芝が茶色だと、どうにも絵にならないと感じていたからです。ところが、今回の年末年始はこれ以上は望めないのではないかというほどの快晴。遠くに富士山も見え、成田の4,000メートル滑走路でも端から端までクリアに見通せるという理想的な状況。以前から、成田は羽田と比べると空気がきれいだと感じていたのですが、ここまで視程が良いと、成田空港も今までとは全く別のもののように見てくるから不思議です。茶色の芝も、むしろ冬のやわらかい日差しにマッチしているかのように感じられました。





A滑走路から離陸するエールフランスのB777(さくらの山公園から撮影)

 1月2日は今までほとんど行くことの無かったB滑走路での撮影を行いました。My Selection に、B滑走路で撮影したアメリカン航空のB777をアップしましたので、ぜひご覧下さい。


B滑走路に着陸後、ターミナルに向かうアメリカン航空のB777

 2008年、今年は(遠征時は別として)成田空港での撮影に力を入れたいと思います。撮影ポイントの開拓にも取り組みたいと考えています。B滑走路はまだまだ未体験ゾーンに近いし、「ゲジ」「マロウド宿泊プラン」など知ってはいるものの撮影したことがないところもあります。春夏秋冬、美しく印象的な成田空港と様々な国のエアラインをみなさんにご紹介できるようがんばりたいと思います。遠征に関しては、昨年に引き続き、1月に新千歳にリトライ。夏場は関空、セントレア、高松、熊本などを候補に、今まで撮影したことがない空港にチャレンジしたいと思っています。

American B777 in Narita Airport


2008/01/02 American B777 in Narita Airport
Windows Media 720×480 Large (2.2Mbps)

 2008年1月2日、初撮りの成田空港。そのB滑走路、ランウエイ34Rエンドで撮影したアメリカン航空のB777です。A滑走路で見ることが少なくなったと思っていたアメリカン航空ですが、こっちにいたのですね。B777の着陸でB滑走路を使うとは思っていませんでした。今までほとんど来ることのなかったB滑走路ですが、トラフィックも予想外に多く、羽田でもほとんど見ることができない小型機が見れたりして、とても新鮮でした。成田空港に関しては、まだまだ勉強が足りないことを痛感した次第。今年のテーマは「成田を極める」にしよう(笑)。

成田B滑走路

 快晴の今日(1/2)、成田空港のB滑走路の撮影ポイントに行ってきました。場所は第二ターミナルからB滑走路に向かう誘導路のそばです。



 成田では今までA滑走路ばかり狙っていたので、まともにB滑走路で撮影したのは初めてだったりして・・。B滑走路は現在のところ長さ2,180メートル(2,500メートルに延長の予定あり)なので、離陸は中小型機限定なのですが、着陸はB777・A340クラスも結構あってバリエーションに富んでおり、思ったよりも楽しめました。特に、誘導路までの距離が比較的近いため、タキシングする飛行機はかなり迫力がありました。

Singapore

 シンガポールの空港の撮影記や撮影ガイドを掲載しています。

Home > アーカイブ > 2008-01

YouTube
Recent Entries
Recent Coments
Feeds

Return to page top